スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

仁右衛門島日記

P1000384.jpg


仁右衛門島というところに行って来ました。8月の話だけどね!
場所は千葉の南!
簡単に言うと、チーバくんのケツの辺りです。

(千葉県民以外用の地図)

大きな地図で見る

目的はシュノーケリングです。
こう、島だから。陸から離れているからにはきっと海も綺麗だろうと。東京湾とは比べ物にならないんだろうと。行く前の俺は思っていたんですねー。




P1000385.jpg

(陸からの写真です)

全然陸から離れてなかった

ちなみに、渡し舟で渡ります。渡し舟とは言え距離が結構あるものかと思いきや、泳いで渡れるレベルとは。
しかも結構人が多いので、渡し舟の待ち時間が20分くらいあるんですよ。もう泳いで渡らせろ。

島自体は大変こじんまりとしたものです。端から端まで歩いて多分10分くらい。

閑話休題。

さて、目的はシュノーケリング。例え島が近かろうが海が良ければそれでいいのだ。

P1000405.jpg

P1000397.jpg

P1000412.jpg

こんな感じ。
水質的には結構良い感じなんじゃないでしょうか。さすがに透明度が激高で綺麗とまではいきませんが、千葉の海の中でなら、良い感じ。

8月の上旬に行ったときはウツボがすごく多くてウツボ祭り状態でした。あっちにもウツボ、こっちにもウツボでウツボしか見るものがないくらいですよ。

9月上旬に行ったときはアオリイカが大量生息してまして。大変興奮させて頂きました。
アオリイカの群れと一緒に泳ぐあの感覚。もう夢のようでしたね。
見つけた時には既に波酔いで疲労困憊だったんですが、見つけた瞬間そんなものは吹き飛びアオリイカを追い回すことに全力です。アオリイカもこっちを視認して一定距離を保ってくれるしね。(逃げてるだけ)

ちなみに動きまわるので写真は無理でした。防水ビデオが欲しくなります。

というより、今回で海での、しかも磯付近での写真は無理だということを思い知りました。
波で揺られている状態で、動いている生物なんかが、写真で取れるか!

動いていないものならギリギリです。ほら、上の写真の生物は動いてない奴らばっかりでしょ?それ、唯一撮れたまともな写真ですから。

それはともかく生物の生息数も、今まで行った千葉の海の中ではかなり多い方。やはり島は違うのか。ただ単に思いっきり太平洋なのが効いているのか。


さて、海で遊ぶのも良いのですが、仁右衛門島はこう見えても観覧料金を取るだけあって歴史がある島みたいです。
石橋山の戦で大敗した源頼朝が逃げて匿われた先だとか何とか。日蓮聖人が何だとか何とか。

島の名前の通り、元々仁右衛門さんの島らしく、代々仁右衛門さんがその名前とともに継いで管理されているそうです。

観光名所としては、まあ、言葉を濁さずに言うとちゃちいという印象ですが、自然豊かな景観とそれと共に築き上げられたような建物は、割りと好みです。

P1000905.jpg
(正一位稲荷大明神。源頼朝の隠れ穴の中にあります。)

P1000901.jpg
(日蓮聖人的な何か。)


というわけで、千葉としては海が綺麗ですし、磯遊びがやりやすい環境なので夏に遊びに行くのも良いのではないでしょうか。バーベキューもできますよ!

ただ、着替える場所とシャワーは一応用意されてるのですがお粗末なものなので、気になる人は注意。あと食堂が閉まっているみたいなので、食料は自分で用意する必要があります。(漁的な意味ではなく、島の外から調達の意)

そこそこ気に入ったので、来年も行こうと思ってます。遠いんですけどね。
スポンサーサイト

2012年09月24日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

中国の深海探査艇

中国の有人潜水艇、初めて水深5000メートルに達する


【7月26日 AFP】中国国家海洋局は26日、有人潜水調査船「蛟竜(Jiaolong)」号が、同国の有人潜水船として初めて水深5000メートルに達したと発表した。

(AFPBBより)




いつの間にか中国も有人潜水調査船作ってたんですね。
今回は5000mまで潜ったよ!やったね!って話なんですが、この蛟竜号は最大7000mまで潜れるんだとか。

皆さん、しんかい6500はご存知だと思いますが、この潜水船の最大深度が名前の通り6500mです。
実はこれ、今のところ世界一深く潜れる潜水船なんですよ。

ということは、きっちり公表どうりに7000mまで潜られれば蛟竜号が世界一深く潜れる潜水船になります。
最近の中国は技術的な進歩が目覚しいですね。

ところで、しんかい6500が作られたのは1989年。もう20年以上が過ぎており、潜水回数も1000回を超えました。
当然日本の技術も進歩しているのですから、もっと深く潜れる潜水船を作れそうなものです。

と言っても、これ以上深く潜れるように作っても用途が限られてきそうです。特に日本で作って6500m以上潜れても日本海溝くらいしか調査することないでしょうし。
でも、いつかマリアナ海溝チャレンジャー海淵に有人で行けるって信じてる。日本がやらなくてもアメリカあたりがやってくれる。できればこの分野で一歩リードしてる日本が、というかJAMSTECがやってくれると良いと思ってます。

あとは、しんかい6500以降が作られないのは無人探査機のほうが便利っていうのもあるのかな。
現に無人探査機は最近でも結構作られてますし。



何はともあれ、中国のこの船には期待したいですね。
何しろ最新鋭。心が踊りませんか。聞くだけでも。
まだ、7000mまでは潜っていないそうなので、これから潜れることを祈ります!

ついでに、中国の他ののニュースも貼っておきますね

乾電池の爆発相次ぐ…ラジオで、時計で、スーパーで=中国
またも大型ガラス壁“爆裂”、破片が飛び散る=上海地下鉄


・・・こ、高速鉄道の件もあったし、爆発だけはしませんように・・・

2011年07月28日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

サンシャイン水族館が再来月にリニューアル

サンシャイン水族館、8月4日(木)グランドオープン!

n0496_2.jpg
(これはイメージらしいですよ)



昨年の9月から改装のため休業していたサンシャイン水族館がようやくリニューアルオープンらしいです。
長かったですが、ようやくですね!


さて知らない人に説明すると、サンシャイン水族館は、都会の池袋にある水族館で、ショッピングのついでに水族館にも行けてしまうという凄い水族館なのだ(だったのだ)。
以上、紹介終わり。


・・・それ以上のことを言おうとすると、文句しか出てこないんですよ。

・天井が低い!休日に行くと人の壁で水槽が見れないレベル。
・狭い!ビルの中だからなんと言う小規模でしょう。
・高い!内容と釣り合ってなさすぎ
・種類が微妙!まあ、なんというか、特色ないというか。

何回行っても「二度と行かない」と言わせるポテンシャルです。(言うけど行ってる)

それがリニューアルされるんですが、上の3つは中々改善されにくそうな気がしますね。
正直場所の問題なんでどうしようもないんですが。

ちなみに、改装には中村 元さんという、水族館プロデューサーの人が携わってるらしいですよ。
水族館プロデューサーて。
しかし、何気に実績のある人だったりするのです。っていうか、一部では結構有名。

鳥羽水族館とか新江ノ島水族館とかをプロデュースしたらしいですよ?
鳥羽水族館は行った事ないのでわかりませんが、新江ノ島水族館はかなり好きなので、ちょっと期待。

いずれにしても、あと2ヶ月ほど先の話なんですがね・・・
しかもオープン直後はどうせ人で溢れ返るだろうから中々行けなそうです。うむ、先は長い。

2011年06月13日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

大恐竜展 ノーマル&ナイトミュージアム!

ある日、前の会社の同期から

「4月30日に、東京タワーでやってる大恐竜展に行かない?」

というお声がかかった。
断る理由も1ミクロン足りともなかったので、快諾。
その際、前売り券が売っているらしいので、いつものようにパシリとして買いに行ったのだが・・・

「おう!前売り券買ってきたぞ!」

「ありがとう!ちゃんと夜の部で買った?

ばっちり昼の部です

説明しよう!東京タワーで行われている大恐竜展は、10時から18時の昼の部と21時から23時の夜の部があるのだ!
で、夜の部と言われていたのに、昼の部を買ってきたという失態を犯してしまった。

夜の部を買い直すとして、昼の部のチケットはどうするか。
そこで私は、前から恐竜展に行きたいと言っていた友人をふと思い出しこれ幸いにと友人共に売り飛ばすことにした。

元同期がチケット余ったって言ってるから、買わない?行きたいって言ってたし」

と自分のミスを隠すような軽い嘘をついたものの、特にバレることなく引き取り手は決まった。
しかし、この軽い嘘が祟って問題が発生する。

友人「で、いつこの恐竜展に行く?」

友人は私が元同期と行くことなんて微塵も知らないため、当然のように私も頭数に入っていることと、

友人「じゃあ、4月29日な」

同期の予定と合わせると、2日連続で恐竜展に行かなくてはならなくなったことである。




kyoryu_1.jpg


という訳で行ってまいりました大恐竜展に二日連続。気軽に嘘はつくもんじゃないね!

せっかく昼の部と夜の部どちらも行っているので、合わせてご紹介いたしましょう!どっちにしようか検討してる人は是非参考にしてもらえれば。



最初に概要だけ紹介しとくと

大恐竜展概要:東京タワーに福井県立恐竜博物館からいくつか標本を持ってきて展示してるらしい。ぶっちゃけ詳しくないので何がテーマとかはよく知らない。

って感じです。さあ、張り切って参りましょう。



・昼の部


昼の部は、一言で言うと普通の展示です。何の変哲もないのです。


kyoryu_2.jpg

入り口では、えーと、何とかサウルス?なんだっけ、まあいいや。
なんとかかんとかがお出迎えです。

また、この入り口では音声ガイドに使うヘッドフォンを借りることができます。有料ですけど。
音声ガイドの人は間島淳司と椎名へきるで、声優好きな人は知ってるんじゃないでしょうか。
俺は全然わかりません。



さて、館内についてですがこの大恐竜展は東京タワーの建物の一部を使って行われております。
フロアは大きく分けて二つ。


kyoryu_3.jpg

こちらと



kyoryu_4.jpg


こちら。

後はお土産コーナー兼その他展示コーナーがあったりはするのですが、
それでもなんとなく大きくはないことは想像していただけると思います。
更に、この日は4月29日。いわゆるゴールデンウィーク初日ってやつなので、人がアホみたいに多いのです。
上の写真は人が少ないときに撮ったものなのですが、それでも多い。

狭い上に人が多いもんだから、ゆっくりも見られません。
大恐竜展というよりは大人間展状態。

実際展示されてるものは、小さいものが多いもののそこまでは悪くなかった・・・ように思えます。

しかし、この規模で1000円は若干ぼってる感が・・・
しかも、また明日その微妙だと思ってるものにまた来ることになってるという事実。
あ、頭痛い・・・

ぶっちゃけると、明日行くことをキャンセルしたいレベルです。
しかし、チケットは既に買ってあるし、チケットを持ってるのは俺なのです。さあ、諦めて二日目に行ってみよう。

続きを読む

2011年05月02日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

サメのミノカサゴハント

ミノカサゴを捕食、サメで外来魚駆除

ホンジュラス、サメで外来魚駆除

sharks-eating-lionfish-mouth-open_34128_big.jpg

(ナショナルジオグラフィックより)




ホンジュラスというところでは外来魚扱いのミノカサゴを、サメで駆除しようという試みを行っているらしいですよ。
これは、どこか別の場所からサメを持ってきて駆除する、いわゆる
「外来種VS外来種~生態系の破壊権をかけたデスマッチ~」
ではなく、元からいたペレスメジロザメを調教してミノカサゴを食べさせるという運動らしいですよ。

サメなんて調教できるのかと思ったあなた、その認識は間違いです。
サメは、他の魚と比べても賢い生き物なのです。その知性は鳥やネズミレベルであると言われています!

・・・おい、誰だ微妙って言った奴は。(誰も言ってません)

ともかく、学習能力は間違いなくあるのです。
そんな知性あるサメを使って、増えすぎたミノカサゴを駆除しようというのは中々に面白いですね。
まず、生態系に外的要因をなるべく入れずに済みますし、ミノカサゴが減ったらミノカサゴ自体がその環境の一部として溶け込める可能性もあるので、考えて見れば合理的かもしれません。サメに取っては、餌の確保が楽になるってのもあるかもしれませんね。


しかし餌の確保が楽になると、サメが一時的にしろ増えた場合は、人が襲われたりする可能性が上がるのではないのか、と思われるかもしれませんが大丈夫です。
そもそも、サメはあまり人を襲いません。何百種とサメがいるうちで、人を襲うのは大体25種程度と言われています。更に、その中でも人から挑発しない状態で襲ってくるケースは非常に稀です。
ましてや、このペレスメジロザメは大人しい種類なので、増えたとしても襲われるようなことはほとんどないでしょう。だから、そのことで人が恐れることはありません。

では、この作戦は手放しで喜べるのかというと、実際はそうでもなさそうです。
まず、現時点ではこのサメたちは継続的にミノカサゴを食べていないらしく、人が教えた後は短期間しか駆除活動を行ってくれないんだとか。うん、かなり致命的ですね!
教えたことも簡単に忘れてしまうとは、やはり所詮は鳥レベルの知能か。
それとも、やっぱりミノカサゴが持っている毒が駄目だったのでしょうか。毒がダメだったら調教したやつは鬼畜も良いところですね。SMプレイの域を超えるレベルです。お客さん、うちはそういう店じゃないんだよ。

しかし、人間がやってしまったことに対する尻拭いといえど、こういうふうにサメと人が手を取って何かをするってのは感動的ですね。
昔はそれこそ恐怖の対象でしかなかったでしょうが、今は研究が進むにつれて私たちのそのイメージはほとんどが誤りであったことがわかってきています。だからこそ、こんな計画を行うことができるようになったのでしょう。


しかし、まだ多くの人が恐怖のイメージを持っていることもあり、何の保護もされずに絶滅危惧種になるサメなどもいます。これから私たちにできるのは彼らをより理解し、その保護を進めることなのです!
というようなことが、買ってきたサメの資料に書いてあった。(台無し)

2011年04月06日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

お久しぶりです

約6ヶ月ぶりです皆様。大変お久しぶりでございます。如何お過ごしでしたでしょうか。

俺はこの6ヶ月間、社会という大海原で、深海生物のように生きているだけで精一杯で、更に深海より深く心を沈めて深海生物の気持ちを知るべく頑張ってました。もちろん深海生物のように緩慢な動きで生きていたのは言うまでもありません。



それで、大した理由もなく6ヶ月も放置してしまったわけですが、これからはまた不定期更新していきたいと思います。不定期にね。大事なことなので二回言いました。



ところで、最近は多少ブームになっているのかどうなのかは知りませんが、結構深海生物の本が出ているので、深海生物好きとしては嬉しい日々が続きますね。

しかし、その反面、色々あってどれ買ったらいいのか迷われる人もいるかもしれません。

そう思い、更新第一弾として深海本のレビューコーナーを設けました!

これから深海生物の本を買うような人がうちのレビューみて、購入の参考にしてもらえると嬉しいですね!買った後「騙されたぞコラァ!」と言いに来てもらえると更に嬉しいです。


ちなみに本当は持ってる本全部載っけてから出そうと思ったんですが、結構時間がかかりそうだったので、途中だけど出します。

これからちまちま追加したり、加筆、修正などをして完成に近づけますのでよろしくお願いします。

特に、深海魚-暗黒街のモンスターたち-は文句書きすぎて長くなっちゃたからね。いや、好きだからあえて文句をいっぱい書いたんだよ。愛情の裏返しだよ。うん。

まあ、買って開いた時の第一声が「これはひでぇ!」だったけどさ・・・内容はよかったよ。よかっただけにね・・・


とにかく、ちょっとずつ追加していくのでお楽しみに。

2010年08月30日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

オーシャンズを見てきた

オーシャンズって面白いの?」

「中々面白かったよ。深海生物もいたし。



翌日朝一で見に行きました。


さて、そのオーシャンズの感想ですが、はっきり言ってイマイチです。

監督さんはこういうドキュメンタリーでは結構実績がある人のようですが、これだったら過去に撮ったのも期待出きないなって思うレベル。

何故かというと、圧倒的に生物の説明が少なく、かつ生態系を見せようとしてないってのが個人的にかなりイマイチ。

いや、多少は生態系を見せるような撮り方はしてるんだけど、基本的にはひたすら生物を綺麗な撮り方して、「ほら綺麗でしょー」って見せてるだけという感じがします。

感覚的には、水族館に行ったら生物の説明文がなくて更にベルトコンベア式だった感じかな!そんな水族館ないけど!

生物チョイスもとりあえず綺麗なのとかばっかりでつまらない。鯨にイルカにペンギンにサメに魚の大群にクラゲの大群。もはや良く飽きないなってレベルで一般的な選択です。そうじゃなくて、見れば生物ってすごいと思えるようなユニークな生物がもっと欲しかったですね。


ただ、映像だけ見るなら綺麗で美しく良いものに仕上がっています。

水中を漂うムラサキダコとか

水中を泳ぐミカドウミウシとか

餌を捕まえるコブシメとか

底に沈んでいくムラサキダコとか

中々良いものはありました。

ただ、俺は知的好奇心を満たしたいのであって、ただ単に綺麗なものにはあまり興味はないのです。





そしてこのオーシャンズは、前半は上に書いたような綺麗な映像が流れ続け、後半は海洋環境問題を取り上げるようなものに変わります。

「今まで見てきたような綺麗な海が失われようとしてるんだぜ!NO MORE 環境汚染とか乱獲とか!」

という感じのメッセージ性が大きいのですが・・・中途半端。

環境汚染とか乱獲とかの被害にあう生物の映像が流れるんですが、ただ、それだけという印象。

何が原因かという部分についてはあまりにも朧げで、その原因について深く考えられるようなものではありません。

2時間かけて最終的に伝えることはそんな程度で良いのかい?と思います。



さっきも書いたけど、この映画は映像としては中々見所のあるところがあります。

「すごい、どうやって撮ったのこれ」という感動もあるんですが、

ただ肝心の中身が非常に薄っぺらい印象でした。

普段あまり海についての関心が低い人に向けて、満遍なく広い範囲を取り上げすぎて、

海について元から興味のある人にとってそれがイマイチに見えるのかもしれません。

是非海への関心が低い人の感想を一度聞いてみたいですね。



ちなみに、深海生物は1秒足りとも出ませんでした。

完全に騙された。

2010年02月28日 | 雑記 | トラックバック:1 | コメント:0

スケーリフットを見に行けませんでした

皆様お久しぶりです。PCが直ったなんたいです。


更新をサボリにサボってサボり抜いて、突き抜けたなら俺の負けなところに、

あんなどうでも良い近況にコメントつけてもらったりしてありがとうございます。

もう少し頑張ります。



さて、そのありがたくもいただいたコメントで、

なんと生きたスケーリーフットを新江ノ島水族館が展示しているという情報を頂きました!

ぜひこれは行かねばと思い、土曜早朝から出発するべく昨日の夜からせっせと支度をし、

友人との約束を光の速度でキャンセルし、あとはもう寝るだけ!って状態まで持っていったところで


「スケーリーフット」展示終了のお知らせ


という情報を仕入れましたよ。

ウボァー


江ノ島水族館の展示内容が、言葉ではなく心で理解できた!

スケーリフットを見ると言ったときは兄貴! すでに展示は終わってるんだね。



グググ・・・しかし現実は現実・・・いくらジョジョネタ使ってもバイツァ・ダストで時は戻らない。

だけど、この熱くたぎってしまった思いはどこに向けて放てばよいのか!




とりあえず熱くたぎった思いは奇声をあげることによって落ち着かせました。

「ヒャッハー!!」

とか自分の部屋で叫んでました。夜1時とかに。



それはともかく、11月30日から12月3日までって、期間短いよ!3日しかない。


以前、ラブカが捕獲された時も同じ目にあった気がします。いえ、あいました。

あの時も「良し!絶対に見に行く!必ずだ!」とか言っておいて、週末を待たずに死なれた記憶がこびりついてます。


やっぱり、深海生物はまだまだ飼育は難しそうですね。

江ノ島水族館は深海生物の飼育などの施設が整っているはずで、さらに飼育対象は単純な構造してそうな貝だったので、

意外と長生きするんじゃないのかと思ってたんですが、そんなことはありませんでしたね。



今回は残念で仕方ないですが、きっとまたこんな機会があるに違いありません。

そのときにリベンジしましょう。


できれば、週末前とかに捕獲してくれるとベストですよ!調査の方々とか漁師の方々!よろしく!

2009年12月06日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。