スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

虹色に光るイカ

イカの虹色の皮膚、色変化の仕組み解明

natio_squ.jpg


イカの皮膚の色を瞬時に変化させるのはその神経細胞の働きであることが、新たな研究で判明した。



(その他 ナショナルジオグラフィックの記事)
虹色素胞、イカの虹色の秘密
色を変化させる実験、イカの虹色の秘密
神経細胞、イカの虹色の秘密
斑点、イカの虹色の秘密



イカはその体の色を瞬時に変えることができます。
その様子はとても美しく鮮やかで見るものを魅了し、5秒も見つめていればイカ相手に土下座して求婚する気にすらなったりならなかったり。

なったことがない人は動画でどんな感じか確認しましょう。





こんな感じ。
どうです?きっとあなたは土下座して「結婚して下さい」って言いたくなっていることでしょう。


なりましたか?なったら病院に行きましょう。頭の病院が良いと思います。


さて、体色を変化させる動物も色々います。カメレオンは代表的なところですし、身近なところではアマガエルだって体色が変化します。

しかし、イカやタコほど素早く体色を変化させることは他の動物にはできません。
その異常なまでに素早い体色変化を実現している仕組みが、色素胞という組織です。

色素胞は簡単に言うと色が付いている細胞で、その細胞を縮めたり広げたりすることによって体色が変化します。
見たほうが早いですね。



こんな風に様々な色の色素胞が広がって重なったり、収縮して無色のようになったりしているのです。

顕微鏡ではわかりづらいという場合はこちら



黒の色素胞が目立ちますが、その他の色も確認できると思います。

どうです?あまりの素晴らしさにイカと添い遂げたくなってきたでしょう?

大変前置きが長くなりましたが、このナショナルジオグラフィックの記事では、虹色素胞伸縮の仕組みの解明が進んだということだそうです。

虹色素胞は、一番上の写真のように体を虹色に輝かせている細胞ですね。
記事を読んだ限りだと、色素胞じゃなくて、虹色素胞の制御だけに特化している神経細胞があることがわかったようです。

この虹色素胞は色はついてないのですが、光を乱反射させることによって虹色に輝きます。記事中でも書いてある通り、それはまるでシャボン玉のようです。
今回見つかった神経細胞は、記事だけ読むと、その虹の輝き方までも制御できるように伺えます。
もし出来たら、普通に持っている色素胞にプラスして調節した虹の輝きを使うことによって、更に多彩な色彩を見せたりするのでしょうか。

しかし、仮にそのような色彩に富んだ体色変化を行うことができるとしても、その多彩な色彩をイカ自身は確認することはできません。
なぜなら、目が良い、目が良いと絶賛されている彼らの視覚は、主に青色の光しか知覚できないと考えられているからです。
色が知覚できないのに、周りの色にあわせて自分の色を変化させられるというのが中々不思議ですね。
この辺りの仕組みはまだわかっていなかったと思うので、これから解明されると思うとワクワクしますね!

スポンサーサイト

2012年08月30日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

擬態の王様ミミックオクトパスの擬態

擬態の擬態? 物まねダコをまねる魚


fish-mimics-octopus.jpg



ゼブラオクトパス(ミミックオクトパス)は、ミノカサゴ、エビ、カニのほか、10種類以上の生物に擬態できる“物まね名人”だ。しかしこのほど、一枚上手が現れた。インドネシアの海に生息するアゴアマダイの仲間が、この物まねダコに擬態する様子が撮影されたのだ。

(ナショナルジオグラフィックより)




上の写真だと見辛くてわかりにくいと思うので、是非リンクを踏んで元記事の拡大画像を御覧ください。



・・・わかりましたか?
俺にはよくわかりません。

どれかは何となくわかったけど、何だかよくわかりません!
画像が荒くて何とも言えません。
多分、動画で見ると納得できるものなんでしょうね。

というわけで、恐らく、ミミックオクトパスの足の一つとして擬態しているであろうアゴアマダイという魚。
普段は岩陰や岩の隙間などに身を隠して生活している魚らしいですが、撮影された動画の中では大海原(の海底)をミミックオクトパスにひっついて泳いでいたそうな。
その様子がまるで足の一つに擬態しているかのように見えている為、こんなニュースになってるわけですね。

また、このミミックオクトパスが擬態が得意なタコとして有名なことであるのもこのニュースを面白くしている要素の一つですね。

タコやイカが自分の体色を変えたりして擬態する能力を持っているのは、きっとここを見に来る皆さんなら知っていることでしょう。
よく知らないなら、この辺りの記事を読むと何となくわかったりよくわからなかったりします。

しかし、ミミックオクトパスの擬態はただ単純に体色を変えたりするだけではなく、「他の生物の形で擬態する」という特徴を持っていることが大きな特徴なんです。
擬態する生物に関しても様々で、ナショジオの記事の中では

・ミノカサゴ、エビ、カニのほか、10種類以上の生物に擬態できる

とありますね。ミノカサゴ、エビ、カニの他にはエイとかイソギンチャクとかカレイとかにも擬態するまさに海のルパンな生物なのです。
どんな感じかは動画見たほうが早いですね。



特にカサゴの擬態が好きですね。
「お前よくこれをカサゴって判断したな」
って見るたびに突っ込めるのが好きです。


さて、話を元に戻しましょう。
そんな擬態が大の得意なミミックオクトパス(の足)に擬態するというユニークな生態にユニークな生態を重ねて一躍有名になったアゴアマダイですが、まだ本当に擬態するような生態を持っているのかというのは判断がついてないみたいです。

当然といえば当然ですけどね。
今回が初めて確認された事例ですし、他の個体がやっているような様子もない。
そもそもこのアゴアマダイの仲間が新種じゃないのかという疑問もあったりするので、真相はまだまだ深い闇の奥。

でも、このアゴアマダイの擬態行動が偶発的なものじゃないとしたら興味深いですよね。
まず、アゴアマダイはミミックオクトパスに捕食されないのかという疑問が出てきます。
今回撮影された動画に関しては、ミミックオクトパスが気づいてる様子がないとのことでしたが気づいていたらどうなっていたのかが非常に気になるところです。
もし気づいても何もしないのであれば、ミミックオクトパス側にも何らかのメリットがあってもおかしくないですよね。わざわざ運んでやってるからには。
メリットがないならないで、なんで大人しく運んでやってるのか。

まだまだ真相が深い闇の奥にあるうちに、色々妄想したり考えたりして遊ぶとしましょう。
ある意味、今しかできないことですからね!

2012年02月14日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

深海イカ♂×深海イカ♂

深海イカのオスはバイセクシャル?

kitayatude.jpg


 どうやらオスの深海イカは繁殖相手をより好みしないようだ。最新の研究によると、ある種のオスイカは、メスだけでなく、ほぼ同じ割合でオスとも交接するという。

(ナショナルジオグラフィックより)




なるほど、キタノヤツデイカは受けも攻めもばっちりな両刀t(やわらかいなにかはお子様も安心してご覧になれるブログを目指しています)


さて、このキタノヤツデイカ、記事の中にあるように、オスは同種を見つけたらオスメス関係なしに交接を試みてるみたいです。
キタノヤツデイカ自体、非常にオスメスが見分けにくい種らしく、更に深海という暗闇の環境下なのでとりあえず見つけたら一か八かやってみっか!って感じなんですかね。

しかし、それだとキタノヤツデイカはフェロモンなどではなく視覚に頼ってオスメスを判断していることになるんでしょうか。
そもそもオスメスが見分けにくいのはイカ全般な気がします。
イカ、タコのオスは腕が一本だけ、交接の時に使うために変形しています。
それがオスメスの見分け方の一つになるのですが・・・まあわかりづらい。
それにプラスして、種によってオスメスの模様が若干違ったりします。
人の目から見ると本当にわかりづらいのです。

イカがどう見えてるかは定かじゃないのが残念ですが、視覚に頼ってるとなると別種でも同じようなことは起きてそうですよね。
特に深海という暗闇の環境下であるならどこでも。そこのところが気になります。
求愛行動するような種だったら、その時点でオスとオスが(やわらかいなにかはお子様も以下略)ということは回避できるんでしょうけど。

または他の種はフェロモンとか使っているんでしょうか。
もしそうだとしたら、何故キタノヤツデイカは使わないのか。他の生物に見つからないようにするため?
それとも、やっぱりキタノヤツデイカだけじゃなくて他の深海性のイカも同じ事をしているのか。
気になりますね。


しかし、この方法はオスとしては残酷な方法ですよねー。
基本的にイカは交接(オス)/産卵(メス)の時点でお亡くなりになる生物なんですよ。
となると、オスに精包カプセル突っ込んでしまったやつは、無駄死にどころの話じゃないわけで。
まあ、もしかしたら突っ込まれたオスが交接するときに、運が良ければ無駄死にしたオスの精子でメスが受精してくれるのかもしれません・・・

というか、オスとオスが出会ったとき、どっちも「一か八か突っ込んでやる!」ってことになったら、お互いに精包カプセル突っ込んでお互い死ぬんでしょうか。

・・・想像してたら涙が出てきたよ。
なんでイカのオスはいつも過酷なんだ・・・
(過去記事:イカの子供が生まれるまで~オスの扱いが酷い編~

2011年09月28日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

小さいイーカみーつけたー

小さなオスの大きな精子、ヤリイカ

spear-squid-.jpg


ヤリイカのオスは、メスより体の大きなものとメスより小さなものの2つのタイプがある。体の小さなオスは、大型のオスよりも精子が大きいことが、最近の研究から明らかになった。小型のオスの精子は、大型のオスの精子とはまったく別に、メスの口の近くで貯えられ、その場所の環境に適した形態になっているという。




以前したイカの交接の話はこちら
イカの子供が生まれるまで~オスの扱いが酷い編~

上の交接の話はコウイカの話で、ヤリイカにピタリと当てはまるかというとそうではないんですが、似通っているところが多いので参考までに見ると良いと思います。

さて、今回のお話はヤリイカの体の大きさ。
記事中では、同じアカイカでも
・体の大きいオス
・体の小さいオス
という二種類に分けられると考えており、この二つは求愛行動も、交接の方法も、精子の大きささえも違うらしいです。

同じ種族なのに、体の大きさだけで生態が変わるというのは中々興味深いですね。
ちなみに、同じツツイカ目のアカイカはメスの大きさによって寿命が変わる、と考えられています。
多くのイカがそうなのですが、基本的にイカの寿命は1年です。しかし、アカイカのメスは産卵時期に体が大きいグループと小さいグループに分かれて、小さい方は次の年に成長して大きなグループに入るため、寿命が2年になる個体が存在するんだとか。

アカイカがそうだからこのヤリイカも同じだと決め付けるのは早計ですが、もしヤリイカのメスも同じように大きさで生態がかわるのであればオスもメスも大きいグループと小さいグループで分かれている、複雑な生態系をもつ大変興味深い生き物なのかもしれません。


さて、オスのヤリイカの話に戻りましょう。

小さいヤリイカは、どうやら求愛行動すらしない、いやできないようです。多くのヤリイカは発光器を持つのですが、小さいヤリイカは持てないようで。
発光生物にも持てなくて、同族のイカにもモテナイなんて不憫な子!!
そんな彼らは正攻法じゃ子孫を残せないので、メスが産卵するときにこそこそ自分の精子をメスの体内に突っ込んで少ない確率ではあるけれどちゃんと子孫を残せるように頑張るのです。なんて不憫な子!!
更に、イカの寿命は先程書いた通り1年。具体的には、交接、産卵などの子孫を残す行為を行った後に力尽きて死んでしまうのです。まさに一世一代の大仕事なのですが、小さいヤリイカは・・・不憫な子ですね・・・

しかし!そんな彼らにもアドバンテージが!なんと精子のサイズが大きいそうです。
これによって、なんと普通のサイズの精子より有利になったりは今のところしないようです。アレ?

そういえば、以前にこんなのも取り上げましたね。
イカの子供が生まれるまで~オスが戦う編~

これは、卵塊をオスが触れることによって凶暴化する、という記事なのですがもしかすると今回の記事につながったりするのかもしれません。
この小さいヤリイカのスニーク行為を排除するためとか、もしくはスニーク行為を行うため、例えば無理やりメスに取り付くために凶暴化するとか。


こうやって考えると、本当にイカの生殖行為は明らかになってないことばかりですね!
こういう、まだわかってないことをアレコレとこねくり回すのは楽しいですね!楽しいですよね?
べ、別に、なんで自分が書くイカの記事はこんなに生殖行為の記事だらけなんだろう、とか虚しくなったりなんかしてないんだからね!してないんだからね・・・・

2011年08月18日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

海の忍者

線のまね、イカの擬態能力


cuttlefish-mimic-shapes-gestures-stripes_36153_big.jpg

> 水槽のしま模様に合わせて腕を伸ばすヨーロッパコウイカ。左のパターンでは真上に、右は斜めにきちんとそろえている。



その他関連記事:
・長時間の持続、イカの擬態能力
・視覚情報に反応、イカの擬態能力

(全部ナショナルジオグラフィックより)




皆さんも知っての通り、イカとタコは擬態が得意です。

自然に紛れて餌が通るのを待ったり、
敵に追い詰められては擬態して隠れたり、
擬態だけじゃなく、コミュニケーションに使ったり

とにかくイカもタコも、その体の色を変えることが見た目としては大きな特徴の一つと言えると思います。
しかし、この色を変えるという行為。実はどうやってるのかいまいち良くわかっていません。

とはいえ、どういう仕組みで色を変えるのか、ということ自体はわかっています。
簡単に説明すると、
色素胞というもの中に黒、赤、橙、黄、青のフィルムがあって、そのフィルムの組み合わせによって一つ一つの細胞の色が変わります。
昔、懐中電灯にカラーセロファン貼りつけて、色を重ねて遊びませんでした?光の三原色の実験と称して。
この色素胞も同じようにフィルムを使ったり使わなかったりで色を調整するわけですね。
そしてそのフィルムの調整は、各フィルムを筋繊維によって広く伸ばして大きくしたり、縮めて目立たなくしたりで実現しています。

まあそんな感じです。かなり乱暴な説明ですが。そもそも図がないとわかりにくいかもしれませんが、絵心がないので本当に申し訳ない。

話を元に戻しましょう。
イカ、タコがカムフラージュするときの色が変わる仕組みはわかった。
しかし、どうやって周りの環境に合わせたりしているのかがいまいちわかっていなかったのです。
とはいえ、恐らく視覚情報に頼っているということは推測されており、それが実験によって確認できた、ってのが上の記事。(前振りが長い)

ちなみに実験から触覚には頼ってないらしいことがわかったみたいです。そうなると、ほとんどが視覚情報に頼りっぱなしだと思うのですが、その情報を一瞬で処理して、その環境に合わせてカモフラージュ出来るのって何気に凄いな。
いや、何気じゃなく凄い。
実は個人的に、「細胞が周りの色を察知して半オートで色変わるんじゃね」とか思ってたんですけど、視覚情報だけってなると、ちゃんとその情報を脳とかで処理して、カモフラージュの行動を取るわけですよね。流石、水生動物の中では知能が高いと言われるだけはある。


ところで、


cuttlefish-mimic-shapes-gestures-artificial-plant_36147_big.jpg

海藻の模型そっくりに、2本の触腕をかざしてカモフラージュするヨーロッパコウイカ(左)。コウイカの擬態能力を調べているアメリカ、マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋生物学研究所の生物学者ロジャー・ハンロン氏によると、緑色の海藻の写真を見せても同じ反応を示したという。



この写真。イカが自分の足を高々と上げていますが、これはイカにもタコにもよく見られる行為です。
これは、ナショジオの記事中にある通り擬態の意味もあるのですが、威嚇の意味もあると言われています。
緑色の海藻の写真見せてもやったって書いてるけど、それ威嚇されただけなんじゃね?って疑問がちょっと湧いた。

「おお!あんなことやこんなことにまで反応して擬態したぞ!すげぇ!」

威嚇されただけでしたー

とかだったら面白すぎて涙で前が見えなくなりそうですね。

2011年06月16日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

仁義なきサメとタコの抗争




サメ対タコな動画です。
ちょっと面白かったのでご紹介。

皆様はサメはタコの天敵って知ってました?
実は、もちろん種にはよりますが、多くのサメはタコを食べます。というより、貝類などの軟体生物を食べます。
で、ご多分には漏れず、タコは基本的にサメの餌です。
ギギギ・・・そう、サメは我々にとっては憎き的なのです・・・滅ぶべし!

と言いたいところですが、実はそれはサイズによっては逆転するらしいですよ。
で、逆転したのが上の動画というわけ。

ちなみに、タコは多分ミズダコですね。
ミズダコは最大全長3mにも及ぶ世界最大のタコ

対するサメは、ツノザメの一種。多分アブラツノザメ?
仮にアブラツノザメだったら、最大全長1.8の中型クラス。

データを見てもわかる卑怯なサイズ差です。動画を見ると、改めて卑怯なサイズ差です。
しかし、このミズダコも更に大型のサメに食べられたりするんですよねー。自然の世界って厳しい。


ちなみに、アブラツノザメはカマボコの材料になったりフィッシュアンドチップスになったりする、食用ではポピュラーな種。ミズダコは言わずもがななので、この対決はポピュラーなサメVSポピュラーなタコ対決だったりします。
まあ、おいしさもタコの方が上なので、これは当然の結果と言えましょう!ハハハ!カマボコごときに我らがタコが敗れるわけがない!(おいしさは個人的な意見です)

その前に本当にアブラツノザメかという話ではあるんですけど。違ったら恥ずかしいにもほどがあります。
動画中、英語で何か言ってるんですが、さっぱりわかりません。



さて、サメとタコについて検索してたらこんなモノが見つかりました。




megaVSgiant.jpg



トレイラー




何ぞこれ。

なんだよこれ!予告編だけで色々おかしいよ!
出てくるサメは橋とか潜水艦とか横からほぼ一口で持っていけるのに、最後飛行機に噛み付くところではホオジロザメクラスに小さくなってるし。
あと、タコが戦闘機落とすところもシュールで笑えます。絶対効果音「ぺちーん」とかそんなんですよ。

うん、今度借りてこよう。

2011年05月29日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

ユウレイイカの仲間ってことはヨウカイイカとか名前にいかg(却下)

新種の“スレンダー”な発光イカを発見

new-glowing-squid-found_28887_big.jpg

インド洋南部の海底にある山の付近で、深紅色の比較的大きな発光イカが生息していた。11月15日に発表された研究によると、このイカは新種と判明したという。




何という嬉しいニュースでしょう!新種のイカが発見されましたよ!

1年半ほど前に。

いつも通り速報性なんて皆無のブログです。ただ単にニュース漁ってたらこんなのが出てきたんです。

さて、写真の漢方薬の材料になりそうな物体が、新種のイカみたいですね。
記事によると、ユウレイイカの仲間だそうです。

そのユウレイイカを簡単にご紹介しましょう。
ユウレイイカは基本的には深海に住むイカです。といっても、生息深度は100m~400mと、割と浅いところにも住んでたりするので、ドマイナーなわけではなくほんのり有名だったりします。ダイビングやるような人は、運がよければ浅いところに上がってきちゃったユウレイイカを見れたりするかもしれませんね。

このイカの特徴としては、
・浮力を得るために、体はゼラチン質なブヨブヨ感
・体が細長くて、一対だけ太い足がある
・2本の触腕はとても長い
・発光器を持っている
というところでしょうか。

特に三つ目の触腕が長いということが大きな特徴でしょうか。また、その長い触腕と発光器は合わせて使われている、と考えられているみたいです。
触腕の先が発光することによって、餌をおびき寄せている、というのが通説っぽいです。もしかしたら、実際はオスとメスのコミュニケーションに使われる・・・というようなこともあるかも!深海という環境上考えにくいけど!(じゃあ言うな)

また、深海にいるのでいつも通り生態とかは良くわかっていません。想像力でカバーしましょう。
良くわかってないので、これぐらいしか説明できません。いやぁ、残念。決して面倒くさいとかそういうことはないのになぁ!

ちなみにユウレイイカは、今説明したとおり深海性のイカなので、みんな覚えよう!損はしないよ!保証はしないけど!
まあ、みんなが覚えていても、明日から使えない無駄知識が増えるだけなんですけどね、気にしないで覚えましょう。


それにしても、

 調査クルーズで観察されたイカはほとんどが既知の種であったが、今回の新種を含め、完全な新種がいくつか含まれているようだ。「ほかにも新種と思われるものがあり、現在分析中だ。この新種が最初の報告対象となったのは、一番大きく、一番“セクシー”だったからだ」。


お前は何を言っているんだ。

セクシーって、辞書引くと

sexy
1 性的魅力のある,セクシーな.
2 性的な,挑発的な

(エキサイト辞書)


イカ相手にこれですよ!性的魅力て!おまわりさん、こいつです!

2011年05月27日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

イカリャフカ

無重力をイカした実験 シャトル搭乗、細菌との共生調査

asahiika.jpg


空を飛ぶのはタコだけではなかった――16日に打ち上げられた米スペースシャトル・エンデバーに赤ちゃんイカ3匹が搭乗している。イカの体内にすむ細菌の活動が無重力で変化したかを調べ、将来の宇宙開発にイカす実験に参加した。

(asahi.comより)



記者は間違いなく、「イカした」とか「イカす」とか使いたかっただけだと推測。
科学系の真面目なニュースなんだから茶化さずに書けよ!

お前が言うなという声が聞こえた気がした。

さて、今スペースシャトルに発光するダンゴイカが乗り込んで宇宙にいるようです。
「発光するならホタルイカじゃなくて?」
と思う人もいるかも知れませんが、実は発光するイカは他にもいっぱいいます。特に深海に多くて、それこそ、名前あげ始めたら切りがないくらいです。
シャトルに乗ってるダンゴイカもその発光するイカの一つみたいですね。

何故彼らが発光機能を持つのかというと、これは特に深海の話なのですが
カウンターイルミネーション
・暗闇で使う目眩まし
・光で餌をおびき寄せる
などを発光することにより行えるので、肉食系で獰猛なやつでも、大人しく水中を漂ってるだけのやつも、発光機能を持っていることが多いのです。


また、発光は基本的にはルシフェリンと呼ばれる化学物質を使って行われるのですが、それを生成する方法は大きく分けて二つあります。

一つは、自分の体内でルシフェリンを生成する方法。
二つ目は、バクテリアを自分の体内に飼って、そいつが生成する方法。

今回のイカは二つ目の生成法で、共生細菌がいる生物としてはOKだし、細菌の働きが「発光する」というシンプルさがうけて、今回シャトルに乗った。のか?
実際なんで、このイカがチョイスされたのかは謎ですね。発光する生物の中では飼育が楽とか、色々あるんでしょうけど。




ちなみに、

発光するイカ、特効薬のカギを握るか

【2月3日 AFP】発光する小型のイカ、ダンゴイカの体内にいるバクテリアに、次世代抗生物質につながる新しい概念を切り開く遺伝子があることを発見したとする論文が、1日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。



過去にはこんな記事もあったり。
簡単にまとめると、イカの共生細菌は他のやつと違って、働く働かないとかの制御をする遺伝子を持ってるよ!これを解明すれば、大腸菌とかの害が出ちゃう菌も抑えられるんじゃね?
って感じ。

いやぁ、イカ(の共生細菌)大人気じゃないですか!宇宙で良し!医療で良し!
あまりにありがたいので、そのうちイカを崇め奉る必要が出てくるかもしれません!そしたら宗教で良し!
イカの生態系から我々の生きかたを学んで、教えを広めましょう、グッズ付きで。そしたら金稼ぎに良しですよ。

そして、散々稼いだら、食べて良し。
夢のイカ生活。

2011年05月25日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。