スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

一応深海生物アカモンミノエビ

先日発見された、青い発光液を吐き出すエビ。

20070521k0000e030044000p_size6.jpg


調べたところ、このエビは「アカモンミノエビ」って種類みたいです。

まあ親戚って線は捨てられませんが、恐らく同じだと思います。


で、このアカモンミノエビ。

日本ではそれほど珍しくないみたいです。

地方では食べられてたりするレベルです。

しかも市場価値が低い。うまいらしいのに。

何と言う不遇。


この記事ではいかにも珍しいものが獲れたように書かれていますね。

文章中には

珍しい生態のエビ

としか書いてないので間違いではないんですけど、紛らわしすぎです。特にタイトル。

新種かと思ったら新種じゃなくて、それでも珍しいものかと思ったらそうでもない。

俺はこの記事に何回落胆すれば良いんでしょうか。


お兄さんこういう「嘘はついてないよ、嘘は」って記事嫌いだな!
スポンサーサイト

2007年05月30日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

オオイノシシが あらわれた!

体重477キロの巨大イノシシ射止める、11歳少年

CNN200705260018.jpg
(上記リンクより拝借)


帰ってきた・・・!黄泉の国から戦士達が・・・・・・・!!

この少年がこの後、祟り神に襲われなかったか安否が気遣われます。

仕留める際はやはり猪の皮を被ったんですかね?

ちなみにこの後ダイダラボッチ的な何かが現れる可能性もあるので、この地域は今後も注意が必要です。



いや、むしろドスファンゴですかね。

彼の武器はライトボウガンでようですので、一人で狩るのは苦労するに違いありません。

しかしまあ、

父親らが高性能ライフル銃を構え、不測の事態に備えていた。

と書いてある通り仲間のハンターもライトボウガン装備で参加していたようなので大丈夫だったのでしょう。

今回手に入れた素材で防具を作成だ!



それにしても、コレ全部食べるんですかね。

・・・売るのが妥当ですよね。多分。

あと、

父親らが高性能ライフル銃を構え、不測の事態に備えていた。

という文を見ると、遊び感覚でやってたとしか思えないんですけどどうなんでしょうか。

それとも狩りを教える為だったんでしょうか。

遊び半分だったら許さんぜよ。

2007年05月28日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

サメが一匹だったはずなのに

サメの単為生殖を確認=オスなしで子供が誕生


元々交尾をしないと子供を産めないシュモクザメが、オスなしで子供を生んだそうで。

単為生殖ってやつらしいですよ。

性転換するクマノミといい、海は本当にエキサイティングです。


ところで、子供に父親のDNAが全くないってことは、母親のDNAのみってことですよね?

ということは、なんちゃってクローン?気になります。


しかし、メスだけの環境にしないと単為生殖しないってことは本当に最後の手段ぽい感じがしますね。

仮に、単為生殖がクローンもどきで、なおかつ普通に行なえるとしたら、同じ遺伝子のものが多くなっちゃいますからね。

もしその遺伝子に脆弱な部分があって、それを狙った病気とかあったら滅じゃったりする可能性もありますから、

やっぱり他のDNAと混ぜてそんな病とかに対応できる種を作る必要がありますよね。

だから単為生殖は最後の手段。


いやぁ、自然って良くできてるなぁ。



さて、サメが単為生殖が確認されたことによって、脊椎動物で単為生殖ができないのは哺乳類だけになりました。

鳥類も爬虫類も両生類も、今回の魚類も出来るのに。哺乳類だけ。

そこらへんのアブラムシだって出来るのに!

遅れを取ってはなりません!(?)

我らも早く単為生殖を出来るようにならなければ!!

え?できない?その上最後の手段云々自分で言ってた?

良いんです!そんなの今は置いておくんです!


ええい、皆出来ないなら俺がやるしかあるまい!

どうせずっと一人の予定だからちょうど良い

あ、その前に女性にならないといけないんですね。流石に男のままでは無理ですから。

なあに。ちょっと中国の怪しい温泉に入れば何とかなります。

お湯をかぶると男に戻ってしまうのはネックですが。

あとはまあ、気合でなんとか。

2007年05月27日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:3

ガッツあるシーラカンス

インドネシア漁師、生きた化石「シーラカンス」を釣る


珍しや。シーラカンスが釣れました。

この近辺で最後に確認されたのは1998年なんですかね?

ということは9年ぶりですか。そう考えるとそうとう少ないんですかね、シーラカンス。

ちなみにシーラカンスの肉はまずいらしいです。食べなくて良かったですね、漁師さん。


さて、今回面白いのは


シーラカンスは、漁師の自宅に水から上がった状態で約1時間さらされ、海水に戻されてから約17時間後に死んだ。

ここです。

記事内に

海水から引き上げなくとも、普通であれば2─3時間で死んでしまう。こんなに長時間、生き延びていたのは非常に興味深い

とある通り普通は捕らえたら普通そんなに長くいきていられないんだそうな。

それなのに、陸上で1時間、そっから戻されて17時間も耐えたシーラカンス君。

凄いガッツです。

いやもうガッツで済まないレベルです。

これはあれでしょうか。


「これはシーラカンスが進化して陸上に対応してきていることを示しているんだよ!」

「な、なんだってー!?」

(中略)

「この急速な進化によって人類を撲滅できるような生物が生まれるかも知れん・・・それこそがノストラダムスの予言にある恐怖の大王なのかもしれない。」

「そ、そんな!何とかならないのか、キバヤシ!」

「・・・俺たちは遅すぎたのかもしれない・・・・・・」


ってことかも!!(ありえない)





ついでに、読売でもこのシーラカンスに関する記事があるのですが・・・


生きた「シーラカンス」つかまえた・・・インドネシア近海

インドネシア・スラウェシ島の近海で、「生きた化石」と呼ばれる魚類シーラカンスが捕獲された。

 体長は約1・3メートル、体重約50キロで、19日に地元の漁師が捕まえた。捕獲後、17時間にわたって生きていたという。インドネシア地域での生息が確認されたのは1998年で、生きたままの捕獲は珍しい。


これで全文とかありえないでしょ。

CNNとの差が凄い。その代わり写真が付いている点は良いんですけど。

2007年05月25日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

エビのエクトプラズム

エビ:襲われると青い煙幕、珍種発見 台湾周辺の深海


台湾周辺の深海で色々新種が捕れたそうですよ。

375回に及ぶ採取作業で、魚類の新種を40種、エビやカニなど甲殻類は五つの新たな属と40の新種を発見した。

とありますから結構新種が見つかったようですね。


見つかったようなのですが・・・



20070521k0000e030044000p_size6.jpg
(上記のリンクから拝借)


何故この写真なのか。

そう、この写真のエビは新種ではありません。

前に別の写真で見たことがあります。残念ながら詳細は覚えておりませんが。

タイトルが「襲われると青い煙幕、珍種発見」だから、決してこの写真自体が間違ってるわけではありませんが、

そういうタイトルを書かれたら、このエビは新種なんだ、と思いません?普通。

そのうえ

台湾周辺の深海で、80種類以上の新種を含む珍しい魚類や甲殻類が発見された。外敵に襲われると青く光る酵素物質を噴き出しながら逃げる、珍しい生態のエビなどが含まれていた。

と書いてあったら新種だと思いますわな。そりゃ。

全く紛らわしい。


・・・・・・まあ騙されたところで影響は特になさそうですが。

しかし、こういう紛らわしい記事は書かないに越したことはないんですよ。何があるかわからんですし。

大体、騙すような文自体が許せません。



まあ、もしかしたら俺が見たエビとの親戚なだけで違うエビって可能性もありますけど。

その場合俺が赤っ恥です。

そのときは光の速さでこの記事を消したあと、閲覧した人たちの記憶を消しに行くのでよろしくお願いします。


あと新種の詳細が全くわからないのは情報が規制されてるから?

それとも書くのが面倒だったから?気になります。

2007年05月24日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

ひものシマイシロウリガイ ~家畜の細菌~

深海の貝、シマイシロウリガイは細菌を「家畜化」

jamstecプレスリリース


消化器官がほとんどなくて、自分で栄養取れないシマイシロウリガイ君。

そんな一人では生きていけないシマイシロウリガイ君に共生している細菌さん。

この細菌さんがわざわざ硫化水素を栄養に変えて、シマイシロウリガイ君に食べさせてあげているから、シマイシロウリガイ君は生きていけるのです。

まあ簡単にいうと、シマイシロウリガイ君は細菌さんのひもです。しかも食事まで作ってもらっているひもです。でも家は提供してます。



しかし、そんな養ってあげてる細菌さんにはとある問題が。

実は細菌さん、自分で細胞分裂ができない体で、シマイシロウリガイ様の協力&許可を取らなければ細胞分裂が出来ないのです。

更に、作った栄養をひものシマイシロウリガイ君に送る機能もないので、恐らく細菌さんごと栄養を吸収されていると思われます。

そんな管理されている細胞さんの様子がさながら家畜、ってわけですね。


ひもにされた上に、細胞分裂まで管理され、更にはそのまま食われる細胞さん。

哀れすぎて涙がでそうです。家畜に神はいません。



しかし、どうやって細胞分裂させているかも謎ですし、栄養の供給の仕方も詳しくわかってないので、希望はありそうです。

頑張れ細菌さん。でもひもなのは変わりないですが、頑張れ。

頑張りようがないけど頑張れ。

むしろそのままでいいんだろうけど頑張れ。

2007年05月23日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

火星でなんだってー

人間は「1日25時間」生活に適応可能=火星探査に応用も―米研究


火星でも結構いけるみたいですよ。

まあそれはそうです。

なんていったって人間の本来の体内時計の周期は24.7時間なんですから!

火星も一日24.7時間!

合わないはずがないのです。だから、

研究チームは、宇宙飛行士が体内時計を火星時間に合わせられないと、現地ではずっと「時差ぼけ」状態が続く恐れがあると指摘。

とかそんなことを心配する必要もないんですよ。




・・・・・根拠?ソース?




いや、MMRでそういってたから・・・・・・

ちなみにノストラダムスによると、将来的に俺たちは火星で生きなくてはならないようです。

2007年05月21日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:0

祝1周年

昨日でこのブログを始めて1年が経ちました。

使い古された言葉ですが、良く続いたなと。面倒くさがりの俺がですよ。

それもこれも閲覧していただいてる皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いしたいです。


さて、ちょうど1周年です。感慨に浸って「そう・・・このブログを作ったきっかけは・・・」みたいな話をしたいのですが、

なんでブログを始めたのか全く覚えておりません。

なんでしょうか。5月に入って不安定にでもなったのでしょうか。五月病?

五月病によって作られたブログ。

ああ、嫌な響きですね。

まあ多分、その頃はネタにしたいことがいっぱいあったんだと思います。

ついでに時間も有り余ってましたから。


でまあ、せっかくですので昔の記事を読み返してみたんですが意外と面白いですね。

もう面白すぎてついつい削除したくなりますよ。本当に。

なんか他人のブログ読んでるみたいで気持ち悪いですな。

「誰が書いたんだこれ!?いや、俺が書いたんだが、誰が書いたんだ!?」

って感じ。良くわからないですが。

まあこの記事も1年経てば消したくなっているのかもしれません。

どうですか?1年後の俺。消したいですか?


いやはや、それにしても1年も本当に良く続いたものです。

これから2年3年と頑張っていきたいと思っているので、こんなブログでよろしければ皆様どうぞお付き合いしてやってください。

2007年05月19日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:4

南極ってゴミが多いらしいですよ。深海に影響とかあるんですかね?

南極海:深海に多数の新種生物 国際チーム発見


南極大陸から南米側に突き出した南極半島の東側、ウェッデル海の深海で500種類以上の甲殻類をはじめとする新種の生物多数を発見したと、ドイツなどの国際研究チームが17日付英科学誌ネイチャーに発表した。


500種類以上ですってよ、奥さん。

まあ500種類といってもワラジムシの仲間のみの話で、

分類の結果、甲殻類の一種ワラジムシの仲間、585種類が新種と判明。ほかにも、貝のような形をした貝虫類約70種、釣りのエサに使われるゴカイに似た多毛類81種、海綿17種類などが新種とみられるという。

というところから見ると全部で750種類ほど見つかったんですかね。

水深774~6348メートル当たりを調査して見つかった新種が基本的に地面の上にいる奴ばかりなのが面白いですね。

何か他の海域とは違った海底なのでしょうか。気になります。



それにしてもこんなに新種が見つかると、登録の手続きとか面倒くさそうですね。

良く知らないですが、まさか紙ペラ1枚じゃすまないでしょうし。




ああ・・・それにしても久々の深海の話題ですね・・・

自分で何のブログやってるのかわからなくなりますよ。



追記:そういえば南極の氷が溶けて調査が可能になったという話を前にやったということを思いだしましたよ。
前のは魚とかも見つかったみたいですが、今回の記事では触れられてないので、違う調査だったのでしょうか。
それとも新種じゃなかったとか。

2007年05月18日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:2

濠の大量旗

皇居お濠の外来魚、3万匹を電気ショックで捕獲・駆除


濠の中でも1年間で3万匹も獲れるもんなんですね。主にブルーギル。

というか、ブラックバス少ないですねー。319匹ですか。意外です。

ブラックバスが主に猛威を振るっていると思っていたんですが、そんなことはないんですかね。

wikipediaでも

日本の気候に適合せず思うように繁殖出来ない弱点もある。

とあるので意外とましな部類なのかもしれません。それでも害があるのには変わりないですけど。

むしろ、5年間で9800匹も獲れてたのに、昨年は319匹しか獲れなかったってことはちゃんと成果が出てるということなのかもしれませんね。


しかし、逆に増えているのがブルーギル。

5年間で4万8629匹なのに対して昨年は3万2746匹。

あきらかに増えてます。

これはやっぱりブラックバスが減ったのが原因なんでしょうか?

でもブラックバスってブルーギル捕食するんですかね?

んー、わかりません。



もうあれです。

皇居パワーでブルーギルが分裂してるんですよ。うん。

神の力ってやつですよ。

2007年05月16日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

センパイウミウシ

以前あることないことを吹聴してくれた人が突然変なことを言い始めました。



「ねえ、ウミウシ先輩。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「ウミウシ先輩?」

「・・・・・・・・・・・・・」

「無視ですか。いじめですか?ウミウシ先輩。」

それはこっちのセリフです。ウミウシ先輩ってなんだ!」


「だってウミウシ好きでしょ?」


ウミウシが好きなだけでウミウシ先輩呼ばわりされるようです。

酷い世の中になったものです。

みなさんも気をつけたほうが良いですよ。

ウミウシ好きは特に。




うちのバイトに来ない限りはまず大丈夫だと思いますが。

2007年05月14日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

さよならまりも

ん?あの部屋の隅にあるものは・・・・・・??なんだ・・・?

ありゃ~~~~?あの「形」

なに・・・・・・転がってるんだよ・・・・・・・・

あの「形」・・・・・・・

ま・・・り・・・も・・・・・・みたいだが・・・・・・・


だ・・・・・誰のだってェーーーー!!!???




marimonozangai_R.jpg
(水が蒸発している状態)




妹にまりもがばれました。

氷付けになったり、

直射日光によって止めをさされたりしたまりも君。

しかもそれを水が蒸発してしまうまで放置され、なおかつ部屋の隅に投げられて忘れていたところ、

たまたま部屋に入ってきた妹に発見されました。

まさに「ま・・・り・・・も・・・みたいだが・・・・」みたいな感じの反応でしたよ。ちょっと面白かった。


まあ仕方ないのです。俺にまかせたアイツが悪いのです。俺はサボテンすら枯らす男!

まりもなんてデリケートなもの育てられるはずないでしょ!!(自慢にならない)

しかしまあ・・・・





marimonozangai_R.jpg


な、なんと不憫な・・・・・・・(自分のせい)

そろそろ地面に埋めてやろうかと思います。おつかれまりも。

そしたらまた生えてくるかもよ!まりも!




これこれ、妹よ、女の子が「てめー」とか言うんじゃありませんよ。

ついでにその握り固めた拳をヤッダーバァァァ

2007年05月13日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

海牛ステラーって何かの怪獣みたいでカッコいいな

ジュゴンの仲間・海牛の全身化石、新種か…東京・多摩川


その「海牛の化石」を素材にして強い武器を作れるかな・・・

とか思う俺はゲームのやりすぎだと思います。主にモンスター的なものをハントするやつ。



さて、海牛の全身化石が見つかったとのことで。

しかし、化石は化石。私たちの前に二度と肉付きで現れることはありません。

それが惜しい。実に惜しい。

今回見つかった化石から進化したかもしれない海牛、ステラー海牛も現代にはもういません。

そう、ステラー海牛はご多分に漏れず狩り過ぎにより絶滅した動物なのです。

せめて絶滅してなかったら、ステラー海牛の姿を見ながらこの化石の元の姿を想像したり出来たでしょうに。

まあその代わりジュゴンという海牛はいるんですけど・・・今回の化石と親戚とかあるのかな?


しかしまあ、化石が全身見つかった状態というのは素直に喜べるところなんでしょうね。

しかも多摩川って。本当に良く見つからなかったものです。


ん?多摩川?

多摩川で海牛?

ま、まさかなんか住民票までもらっちゃったあのアザラシが突然変異ででかく・・・ッ!?

な、なるほど・・・それなら最近まで見つからなかったということもうなずけます・・・

なにせ最近出来た化石なんだから!!!

帰ってきた!!黄泉の国からタマちゃんが!!




短期間で化石になっちゃったのはアレですよ。奇跡のパワーとかそこらへんの何かですよ。

ついでにアザラシは海牛じゃないとかはあれですよ。放射能的な何かで何とかなったんですよ。

2007年05月12日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

むしろ広まれ

「やったー」細胞と「しまった」細胞 脳に別々で存在か


脳には自分の行動が正しかったときに働く細胞と、間違ったときに働く細胞が、それぞれ別々に存在しているらしいことを、理化学研究所のグループがサルの実験で見つけた。


とのことなんですが、正直そのネーミングセンスはどうなのかと思います。

やったー細胞、しまった細胞って。

それが正式名称だと思う人が出たらどうするんですか!朝日さん!


「お、テストで100点か!太郎(仮名)!すごいな!」

「うん!僕頑張ったよ!パパ!」

「うんうん、今お前の「やったー」細胞が働いてるのがわかるぞー。


みたいな使用法で広まったり。

いやぁ、由々しき問題ですな。



それはそれで面白そうですが。色んな意味で。

2007年05月11日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:0

メキシコで1万8000人が集団ヌード撮影



意味が全然わからない


参加している大学の教授が

われわれはタブーから自分自身を解き放ちつつある

と言っていることから


  (  ) ジブンヲ
  (  )
  | |

 ヽ('A`)ノ トキハナツ!
  (  )
  ノω|

 __[警]
  (  ) ('A`) 
  (  )Vノ )
   | |  | | 


というネタを集団でやりたいがために・・・

メキシコで大人気なんですかね。このAA。

2007年05月09日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

利用停止命令

ただいま携帯が止められております。

まああれです。料金未払いってやつです。

いやですね。ちょっとした手違いだったんですよ。

俺の携帯料金は銀行から勝手に引き落とされることになってるのですが、

何故か今月は口座の中のお金が足りなくてですね。ちょっと本を大量購入したりゲーム買いすぎたりしただけなのに。

で、良心的なソフトバンク様から

「てめぇの口座に金が入ってなかったから引き落とせなかったじゃねぇか!!とっととこの紙をコンビニとかに持っていって金払えゴルァ!!!」

みたいな紙が届きましてですね。


それを部屋のすみに投げて、払わないで忘れてたらいつの間にかに止まってたわけで。



でも受信は出来るんですよ。ソフトバンク様の最後の良心ですね。返信できないですけど。

で、受信専用の携帯になって早3日

すでに友人から3通のメールが来ていますが、返信ができないことを嘆き悲しんでおります。

いえむしろ、3日で3通しかメールが来なかったことを嘆くべきでしょうか。



早く払おう。

2007年05月07日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:2

夢の星に住もう

太陽系外に新惑星ー生命体存在する可能性も


太陽系外に地球と同じような性質をもつ惑星が発見された。発見された惑星は地球と同様の表面温度をもち、地球以外で生命体を有する惑星として大いに期待できるという。


地球に似た性質ってことは未来的に移住できるかもってことですよ。

キバヤシが泣いて喜びそうな記事ですね。

しかしまあ、地球から192兆キロメートルも離れてるので、たとえ移住できる環境だとわかってもそこまで行けるかどうかが疑問ですけど。

距離を光年にすると20光年なので光の速さで20年かかるわけで。普通に行こうとすると何万年かかるかわからないわけで。

ヤードラット星人に瞬間移動教わって連続で瞬間移動しまくれば可能かもしれません。

もしくはワープ。

未来ではきっと光速くらいは越えられるかもしれません。そうなれば20年以下で行けるので可能性は無きにしも非ずです。未来に期待。



しかし、地球と似た環境ということは、それこそ本当に宇宙「人」がいるかもしれないんですよ。

もし移住しに行ったらミサイルでお出迎えなんてことがありえるかもしれません。

なので、少しずつコンタクトをとって移住の許可を得るのが必要だと思います。

ちょっと稲をなぎ倒して飛行船を着陸させたり、

調査のために牛のハラワタを採取したり、

原住民の方にちょっと飛行船の方に来てもらい、話がわかるように怪しい機械を埋め込んでみたり。

いやあ、移住も大変ですな。

もしかしたらつかまってしまうかもしれませんからね。

つかまったら色々実験された上、そのことをどこかの国が隠蔽しちゃうかもしれませんからね。



・・・・・・・なんか凄いデジャヴな気がするけど気のせいですよね。

2007年05月06日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:0

曲芸DS

先日、自転車に乗りながらニンテンドーDSをやってる人を見かけました。

脳を鍛えながら体も鍛えられるという寸法ですね!?

まさに一石二鳥!!


しかし、脳の方がやわらかくなりすぎて、腐りかけのようです。

本当になに考えてるんでしょうか。

携帯いじりながらも「危ないやつだなぁ。」と常日頃思っていましたが、まさかDSとは。

難易度高すぎですよ。


両手でDSを持っていたのでどうやってブレーキをかけるつもりなんでしょうか。

脳を鍛えるとサイキック的な何かが使えるようになるんでしょうか?それでブレーキとか。

ああそうか、もしかしたらサイキック的な何かで自転車を動かしているのかもしれませんね。

で、サイキック的な何かで人とか障害物とかを察知して、サイキック的な何かでハンドルを動かして避けるのかもしれません。


どうせならサイキック的な何かでDSの方を操って欲しいところです。

2007年05月03日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

笑顔で吐露

潮干狩りで見つけた笑顔のカニを展示中 高知・四万十市


OSK200705020046.jpg
(上記リンクより拝借)



高知県四万十市の四万十川学遊館に飼育、展示されているとかどうでも良い情報は良いから、

どうやったらこのカニの甲羅が笑顔に見えるのか教えてください。

いや、本気で。

口っぽく見えるのは分かります。うん。ぎりぎり。

目が・・・・その上にある黒いやつですか?うん、全然目に見えない。

しかも、唯一わかるその肝心の口からなんか出てるように見えるんですよ!黄色い何かが!

コレがもし笑顔に見えたとしたら、俺にとっては、笑顔で口から黄色い何かを出しているように見えるわけです。

気持ち悪いですな。


もしかしたらこのカニには良くない霊が憑いているのかもしれません。

こう、酔っ払い的な何かが。

だからこんな風に顔が浮き上がって見えるんですよ!

いや、俺には見えませんが、きっと霊能力者が見ればわかるんですよ。


四万十川学遊館の方には早急にお祓いが必要かもしれません。

そうじゃないと霊的ななにかの祟りがあるかもしれませんよ!

全員口から黄色い何かを吐(以下略)

2007年05月03日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

レース野郎タートルズ

海亀の移動レース、ゴール間近 自然保護団体が主催



絶滅の危機にひんする海亀の一種、オサガメの群れが、コスタリカの海岸からガラパゴス諸島を目指す毎春恒例の移動を応援しようと、自然保護団体コンサベーション・インターナショナル(CI)がウエブ上で「レース」を主催し、優勝予想を募っている。


レースの主催で移動を応援というのが理解できません。

どうやら道中にある釣り針やビニール袋を飲み込むという事実を伝えたいが為のレースみたいですが、

それでもレースという形にするのが信じられません。

英語が読めないんでわからなかったんですが、まさか1等当てたら景品とかでないでしょうね?

プチ賭け事みたいになったらそれこそ軽蔑ものです。なにが自然保護団体ですか。


しかしまあ、ニュースになるくらいですから話題作りとしては成功なんですよね。

これが

「今年もオサガメが移動するよ!だけど移動する間にある釣り針とかビニール袋とかが危険なんだよ!」

とか普通に伝えようとしたところでたかがしれてますからね。

ニュースになって多くの人に伝えるということに意義がある。それは分かります。

しかし・・・やっぱりレースというのは違和感があるんですよね。

やっぱり優勝を予想とかいう話になると、ちょっと賭け事を連想してしまうからでしょうか。

ただの俺の偏見なのかもしれません。



ちなみに結果はこちら。

GREATTURTLERACE.COM


えー、約2頭が全く動いてないんですが・・・道中に危険がとかいうレベルじゃないですな。

しかも1頭は小刻みに動いている感じしますけど、もう1頭は途中からほとんど静止状態なんですけど!

超気になります!レース自体はどうでも良いですが、2頭が島からすら出てないのが超気になります!

うう・・・だけど英語読めないから原因が全くわからない・・・

誰か英語読める人教えてください・・・

2007年05月02日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

本屋に向かってダッシュ!

コミックダッシュという

「持ってるマンガ登録しておけば、そのシリーズの新刊のカレンダーを自動で作ってあげるぜ!」

というサイトがあります。最近人気が出始めてるみたいですね。

正直便利です。どれを買って、どれを買い逃してるのかが人目で分かり、マンガ大好き人間にとっては素晴らしいページなのです。

しかしまあ、連載が確実に終了して再開も復刻もリメイクもないだろこれ、というものまで登録できてしまうのはまあお察し。

むしろ、カレンダーはおまけで自分の持っているマンガのカウントが主な気がしなくもないですよ。


でまあ、ご多分に漏れず俺もそんなシリーズを登録しまくったわけです、半日かけて。

nantaiのプロフィール

マンガだけで蔵書が1100オーバーとか・・・しかし、これでも100位にすら入れてないんですよ?

まだまだ登録してない人がいるのに100位以下です。

現在1位の人は6200冊以上あるみたいですが、本気でどこにおいてるのか不思議でたまりません。

絶対ドラえもん的な道具を使わない限り無理なんじゃないかと。


今回は、「俺はマンガをかなり買っているが、そこまでマンガオタクではない!だってもっと凄い人は腐るほどいるはずだもの!オタクってのは月に出るコミックの8割くらいは買っちゃう人のことを言うんだよ!」という持論が証明に近づけて良かったです。(?)うん。

やっぱり上には上が限りなくいるんですよ。うん。俺まだ大丈夫。

しかし、「一般人か?」と聞かれたら絶対に首は横に振ります。

2007年05月01日 | | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。