スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

いきなりナメクジを語る

最近俺の中で「ナメクジ」が熱いです。



・・・読者の皆さんが凄い勢いで引いていくのを感じます。

待って!ブラウザ閉じないで!



まあ話を聞いてくださいよ。

話っていってもナメクジを自慢するだけなんですが、まあ聞きなさい。(命令口調)



まずナメクジなんですが、前々から言っているように巻貝の仲間です。陸に上がって肺呼吸しているナイスな巻貝なのです。

巻貝の仲間じゃないやつもいるんですが、ここでは取り上げません。基本は巻貝の仲間ということで。

その容姿からどこが貝だよ。と思われるかもしれませんが、ナメクジはカタツムリがその背負っている殻を脱ぎ捨て進化した姿なのです。

だから、貝とはかけ離れた姿をしているわけですよ。逆にカタツムリはまだ巻貝っぽいですよね。


さて、海にもそんな進化をした動物いましたよね?

貝なのに殻脱ぎ捨てて進化しちゃったやつが。

そう、ご存知ウミウシ君たちです。

ウミウシは巻貝が殻を無くして進化したものなのです。

つまり!ナメクジは陸上のウミウシと言っても過言ではない!

熱い!いやぁこれは熱い!

陸上のウミウシ。ずいぶんそそられる言葉です。自分で言っておいて。



まあまあ、待って。他のページに飛ぼうとしないで。

もう少し話を聞きましょうよ。ここからが良いところなんですよ。ナメクジの。



さて、殻を捨てたナメクジ君。

殻を捨てたメリットとしては、動きやすい、ってことなんでしょうね。その伸縮自在の体を存分に活かして細いところでも通れるのです。

すばやさがアップ!

しかし、乾燥には弱いです。

カタツムリは空気が乾燥してきたら殻にこもってやりすごせますが、ナメクジはそうはいきません。

ナメクジに塩をかけて退治したりしますが、あれは塩がナメクジの水分を奪っている為にナメクジがからっからになって死んでしまうのです。

同じように、乾燥しているところにいると水分を奪われて死にます。ねばねばコーティングがあるので、多少は大丈夫ですけど。多少は。

ちなみに塩で干からびかけても水をかければ復活するので、いじめられてるナメクジを見たら水をかけてあげてください。

この点ではウミウシは海の中なので乾燥する心配もないので良いですね。

・・・・・・・ウミウシに塩かけてみたいなぁ。やっぱり縮むんでしょうか。気になります。

さらにデメリットしては、殻がなくなったことによって外的から身を守るすべがないって事ですかね。

そこらへんはウミウシも一緒ですが、ウミウシは身を守るすべを身に付けているものがたくさんいます。

例えば、ミノウミウシ類はイソギンチャクとかの毒針を盗むことができるのです。イソギンチャクの毒針を食べたりして、体内に取り込んで、自分の武器にできるというすごいやつなのです。他のウミウシに比べて可愛くないとかいうんじゃありません。あれは機能美なのです。

とまあ、いきなりミノウミウシの話になってしまいましたが、そんな風にウミウシは色々防御機構を持ってたりするのです。

他のウミウシも毒草を食べたりして自分をまずくしたりして身を守っています。

それに比べナメクジの体たらくと言ったら。

でも、草食なのでもしかしたらウミウシと同じで毒草を食べて自分の身をまずくしているのかもしれません。もしくはネバネバのコーティングが凄い毒だったりまずかったり。

資料が全くないので凄い憶測ですが。

そういうことを考えると、「なんで殻捨てちゃったのかな」と思いもしなくないですが、そこがナメクジの良いところ。

なあに、これから進化すれば良いんですよ。毒キノコとか食べられるようになって自ら毒もちになれば良いのです。

そうすれば、殻がなくて自由だわ、食われないわで正に天国ですよ。

頑張れ、ナメクジ。

「これからが良いところ」とか言っておきながら全く良いところが書けなかったけど、まあ気にしない。



どうです?面白そうな生物でしょう?

熱くなってきませんか?

きませんか、そうですか。


それにしても、ナメクジは調べれば調べるほど扱いの酷さに泣けてきます。

カタツムリも似た様なものなのに、

カタツムリ=愛でるもの  ナメクジ=抹殺

という素晴らしい意識の違い。

グーグルでカタツムリって入れると飼い方とか腐るほど出てくるけど、ナメクジだと駆除の仕方がいっぱい出てくるよ!

良いじゃない!ナメクジ!
スポンサーサイト

2007年07月31日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

こういうTシャツは大好物

私はこちらのラブカさんで売っているTシャツを愛用させていただいてます。

デザインは良いし、来ていても深海生物オタってことがわかりにくいのが素晴らしいです。

・・・わからないっすよね?わからないと仮定します。

しかも生地も良し!文句なし!

Tシャツでぶらぶらする夏は大活躍です。



でバイト先にもこれを着ていったんですよ。

1860215.gif
(上記のラブカさんのページから拝借させていただいてます。)


で、バイト仲間から

「なに?その隅の方付いてるの。魚?」

と聞かれたわけです。


・・・・・・・・

OKOK。落ち着きましょう。

ここで

「これはナガヅエエソという深海魚で三脚魚とも言われます。この魚は海底に腹ビレ、尾ビレを使って三脚のようにたって、胸ビレで水流などを感知しながら、プランクトンを食べて生活している魚です。深海魚万歳。

というのは簡単です。

しかしそれをしてしまったが最後、

「うわぁ・・・」

みたいな顔されて二度と話しかけられないかもしれません。そしてまた変態扱いが加速するのです。

それだけは避けて通りたいです。

なのでここでベストな回答は!


「うーん、なんの魚でしょうかね。ちょっとわかりませんねははは。」


これです。なんとなくおしゃれ感覚で魚のシャツを着ていると思わせるのです。

おしゃれ感覚で魚のシャツを着る事自体がアレとか言わない。


「ふーん・・・名前もわからない魚のシャツ着てるの?


ごまかしてるのがモロバレっぽいです。

まあ深海魚とか好きなのはもうばれてるんですし、知らない方が不自然ってな話ですよね。

いや、理解されててうれしい限りで。ははは。


その後観念して「ナガヅエエソって深海魚です」って言ってやりました。

また一つバイト先でのアレなレベルが上がった気がします。



そこ、もうMAXだから上がることはないだろとか言わない。

2007年07月29日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

好き嫌いはいけないと思います

犬を食べる食習慣に反対、韓国の動物愛護活動家ら


犬をそんなに愛せるなら、豚も鶏も牛も愛してください。

「こんな風に死にたくない」

とか言ってますけど、そんなのどんな生物でも一緒でしょ。

犬だから駄目ッ!というのは正直わからないです。


身近にいるものって、料理にされると大抵ゲテモノ扱いされますよね。

犬とか猫とかトカゲとか虫とか。

良く知っているものが死んで調理されるのが耐えられないのかなんなのか。

甘い、甘いですよ。

何にしても命を頂いていることに変わりはないのですから、犬だろうとなんだろうと命に感謝していただくのです。

肉を食べながら「これは牛のあの部分なんだな・・・」とか想像して食べるくらいになっていただきたい。

ちなみに、カズノコ食べてるときに

「人間につかまらなければこれから生まれてくる予定だったのにな・・・」

とか、シラス食べてるときに

「食われなければこれから成長できたのにな・・・」

とか家族に言ったら超引かれたことがありますので、想像して食べるにしても口には出さない方がよさげです。


でも虫だけは抵抗覚えますね。自分で言っといてなんですが。

あんな地球外生命体を口に入れるのはちょっと。

魚とかだったら内部構造想像しながら食べたり出来ますが、虫の場合は内部構造想像して食べるとなると色々やばいです。なんかもうやばいです。

何ででしょうね。自分でも不思議です。


・・・ちょっと思ったんですけど、巻貝って食えますよね?

じゃあ巻貝の延長でウミウシも・・・・・・

さらに延長してナメクジ・・・・・・(ナメクジは巻き貝の仲間です)


流石の俺でも耐えられません。

2007年07月28日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:2

8億円で夢を追う

横領した金で宝くじ?中国の銀行員ら逮捕


勤め先の銀行から横領した5100万元(約8億835万円)をもとに、国営宝くじなどを買っていた男性5人が中国で逮捕された。


また壮大な話ですね。八億て。しかもつぎ込むものが宝くじです。

夢は何をしてでもかなえてみせる!という良いお手本ですね。(良くはない)

しかもまあ夢を追った結果が

ハンダンで4700万元(約7億5000万円)を宝くじにつぎ込んだものの外れたため、4月中旬に逃亡

悲しすぎます。正に悲劇!そりゃ逃亡しちゃいますよ。現実からも逃亡ですよ。

しかしまあ、7億5千万円もつぎ込んであたりがでないってのが凄いですね。

本当に当たりが入っているのか?祭りの出店みたく(以下検閲削除)


お金を増やそうとするのはかまいませんが、なんで宝くじなのやら。

本当に夢を追いかけすぎです。

なんかもう、使い込むのが目的にすら思えます。

日が落ちる前に全部使わないと木の実にされるスタンド攻撃でも受けてたんでしょうか。

2007年07月26日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

結局原因は不明

脳からタミフル検出されず、服用後転落死の中1男子


色々言われているタミフルですが、どうやら異常行動がタミフルのせいかどうかは怪しくなってきましたね。

異常行動はインフルエンザのせいなのか、タミフルのせいなのかは元々議論中でしたし。

マスコミが扇動的に「タミフルがー!」とか報道するからタミフルのせいってイメージが強いですが、実際のところはまだわかりませんよと。

むしろ、今回の記事的にはタミフルのせいじゃないのではないかと。



まあ、誰も嘘ついてなければですが。

もしかしたら、政府が圧力かけてるのかもしれません。


政府はタミフルを使って、日本を征服しようとしているんだよ!

な、なんだってー!?


ってな具合で。

しかし、実際の問題としてタミフルに問題がないと分かった後でも、タミフルはもう使えなさそうですよね。

中途半端に知識がある人は「タミフルってあぶないんでしょ?他の薬に・・・」とか普通言うと思います。多分。

病院側としても評判の悪いタミフルを使って病院の評判落とすなら、他の薬を使うかも知れません。

そうなると、タミフルはもう使われないわけですよ。

そういうこともありうるので、報道はもっと慎重に行なうべきだと思います。

「タミフルヤバイ。マジヤバイ。もうヤバイってもんじゃない」

みたいな見出しはいかがかと思うんですよ。ええ。

(さすがにこんな見出しは存在しないです)

2007年07月24日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

リンゴポリフェノールのサプリメントが出るに100円

リンゴポリフェノールで長寿!マウス実験で成果



よーし!俺もリンゴを食べて長寿になっちゃうぞ!!


マウスが摂取したリンゴポリフェノールは1日リンゴ0・02個~0・04個分にあたり、人間の摂取量に換算すると1日リンゴ5~10個分程度になる。


そんなに食えるかッ!!

大体、マウスが寿命が増えたからといって、人間も同様に増える、というわけではないのが注意です。

「リンゴポリフェノールで長生き!」

とかうたっている商品見かけても、安易に買っちゃ駄目ですよ。

いやまあ、うまければいいと思いますけど。


それにしても、

マウスの寿命はメスが平均37・90週、オスが平均28・84週で、ただの水を飲んだマウスよりメスで平均72%、オスで29%寿命が長くなった。

とオスとメスではかなり開きがあるのが気になりますね。

リンゴは女の食べ物なんだからよぉ、手を出すんじゃねぇーーーッ!

と言外に言われているような気がしませんか?(しません)

2007年07月22日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:2

フカヒレってあの春雨みたいなやつっすか?

「フカヒレ」目的の乱獲でサメが絶滅の危機 中国に対策要請


ようするに

獲り過ぎ食べ過ぎしてたら絶滅寸前だよ、てへ♪

という記事。

ブログを運営してこういう記事に何度も触れると「本当に人は昔から変わらないなぁ」ということに気付き悲しくなります。

しかも、今回はフカヒレです。

サメのヒレだけ使ってるあれです。ヒレを取られたサメは用なしといわんばかりに廃棄。

そりゃ必要な数そろえようとしたら絶滅します。贅沢すぎです。


さて、フカヒレ獲り過ぎ中国君。

果たして絶滅を防ぐことは出来るでしょうか。

上の記事の中の

中国国内だけで90%以上のフカヒレが消費されており、その多くは密猟によって殺されたサメのものだという。

ということから、密猟者がやたら多そうなのが問題です。

たとえ中国が規制しても、密猟者たちには関係ないですからね。何せすでに法を犯して獲ってるわけですし。

それも含めて対策を立てなければならないというのは難しそうですね。

密猟者対策ができるのならもうやってるはずですし。・・・・・・ですよね?

それこそ、簡単に対策を立てられたら「初めからやれよ。」と言いたくなりますし。

2007年07月20日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

このシリーズでイカタコ編を希望したいです

またバイト先にて


「なんたい君」

「なんですか。」

「これ、売ってあげるよ。

「売ってあげるて。何でそんな上から目線・・・」



umiusibon_R.jpg



「買わせていただきます。」


えらい理解のある職場です。

ちなみにこの後別の人にも

「あ、ウミウシの本出てたよ。

と言われました。

ホント、そういう本の情報だけは無駄に入ってきますよふははははー。

まったくありがたいことですよ、うん。

変なキャラ付けされてるのもたまには役に立ちますよ。ははは。

うれしいやら悲しいやら。


ちなみにこの本は良い本ですよ。

ひたすらウミウシの写真です。ウミウシ好きに是非。

ウミウシの解説等は期待しない方が良いですけど。

2007年07月16日 | | トラックバック:0 | コメント:3

相合マッシュルーム

20キロの巨大マッシュルーム、メキシコで発見

(写真はリンク先の記事でどうぞ)


きもいっ!

20キロはでかいですね。

この大きさなら、傘にできそうですよ。

雨にぬれる女子生徒を見かけたらすかさず、

「お嬢さん、この傘をどうぞ。」

と言いこのマッシュルームを差し出すのです。

どうしたらいいのかわからなくなる女子生徒!

笑顔で20キロのマッシュルームを差し出す紳士!

異様な光景です。

そして二人はそのマッシュルームで相合傘をして帰るのです。

二人で胞子をかぶりながら帰るのです。

その後二人は夫婦になって、そのきっかけになったマッシュルームを大切に育てたりするのです。




・・・なーにをわけのわからないことを・・・

疲れてるんです。気にしないで上げてください。

2007年07月12日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

浜でダイオウイカ

体長8メートル? 巨大なイカが浜辺に タスマニア島


またダイオウイカが浜に流れ着きました。

体長が8メートルだと、まあまあ大きい方ですか?

世界最大が18mなのですが、流石にそれと比べるのは酷です。

大分前に記事
にした日本で獲れたダイオウイカは6.73mとかなので、やはり大きい方ではあるのでしょう。・・・多分。


それにしても、

散歩していた人が、巨大なイカが浜辺に打ち上がっているのを発見した。

って良いなぁ。

俺もたまに砂浜散歩して何かいないか探すので、こういうのはちょっとあこがれます。

いつも、行っても行っても流れ着いているのはクラゲのみですよ!コラーゲンたっぷり!

死んだ後でも刺されるのが怖くて触りもしないチキン野郎ですので遊びもできません。

この前はたまたまエイがいましたが、それですら毒持ち。

もっと触れ合える生物カモンです。

まあ、もしダイオウイカが死んで流れ着いてたら、アンモニアの臭いで触れ合うどころの騒ぎではなさそうです。

話を聞く限りでは死後のアンモニア臭は酷いみたいですからね。


むしろそれよりも、死んだ後に触れ合うという発想自体が悲しいですね。

まあ、生きて流れ着いてたら流れ着いてたで、触れ合おうとして触ったら

「お、俺の腕がカラストンビにーーッ!!」

みたいに体のどこかが食いちぎられること請け合いですよ。きっと。



それはともかく、実際流れ着いてるのを見つけたら、どこに連絡すれば良いんでしょうね?

とりあえず、JAMSTECさんに相談でしょうか?

2007年07月12日 | 深海生物 | トラックバック:1 | コメント:0

玉るやきのなぞ

更新怠っていて申し訳ありません。

家に帰る→ご飯を食べる→寝る

のコンボを繰り返しておりまして。更新する気はあるのですが、気力が足りないわけでして。


で、とある日、そんな即寝るまでに疲労して家に帰ったら、こんな書置きが。



tamaruyaki_R.jpg


玉るやきってなんだ・・・・?



気になってご飯に手が付かないので、とりあえず、グーグルで調べることに

玉るやき に一致する日本語のページ 約 90,200

意外と多いですが、玉るやきに関しては全く出てきません。

こうなったら自分で考えるしかありません。

玉るやきとは玉るを焼いたものだと思われます。では玉るとは。

うーん、漢字に変換するのが面倒くさかったと仮定して・・・・

玉留・・・?

(検索中)


こ、これかッ!!


何というものを焼いているのでしょうか。

しかもそれを料理として出すなんて!ひぃぃぃぃ!

もしかして前の日に食べたとんかつは・・・ひぃぃぃぃ!

この冷蔵庫に入っている肉も・・・・・・・ひぃぃぃぃ!


流石にもうお肉を食べる気にはならなかったので、

味ごはんと書置きのそばにあった玉子焼きとみそ汁を頂きましたよ。

2007年07月11日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

近場の海散策記

今日は近場の海に行きました。

一人で。

さみしくはありません。いつものことです。目から海水が出そうですが、なんともありません。

とにかく一人砂浜を歩いていたわけです。

すると、いつもは何もいない砂浜エイが打ち上げられてたんですよ。

見た目からするとアカエイと呼ばれるものっぽいエイが。

そのエイは死んでいるのかと思ったら、まだ生きてらっしゃる様子。大分弱ってましたけど。

とりあえず、横で釣りをしているおっさんに釣られたと勝手に決めつけ、おっさんに呪いをかけてみたりします。心の中で。


まあそのおっさんは置いておいて、そのエイさんなのですが、ここで死んでもらっても子供などがいじくりまわしてかわいそうなことになるので、どうせ死んでもらうなら海に帰ってから死んでいただくことに。

そして持ち上げて海の方へ持って行こうと思ったのですが、問題点が。


アカエイって毒持ってたよね・・・・・・?


尾の方にあったのは覚えてます。

だけど、正確にどこにあったのかは覚えてません。

・・・・・・

結局そのとき着ていたジャージの上着を尾の方にかぶせて移動させることに。

ううっ・・・俺のジャージが生臭く・・・・・・

ジャージを犠牲にしてエイをつかみます。

で、そうやって持ち上げて、そのまま海の方へ。

最初はほとんど動かずに波に揺られるだけでしたが、そのうち弱弱しく泳ぎながら沖の方へ帰っていかれました。

そのまま波につれてかれて死ぬだけだと思っていましたが、思っていたよりは元気だったようです。いや、よかったよかった。

ホント、このやたらぬれてしまったジャージの上着さえなければもっと喜べるんだけどなー、ははは。



そのときエイに初めて触ったのですが、見た目とは裏腹にかなりブヨブヨしていました。弾力のあるブヨブヨ感。意外と気持ちいいです。

うーん、興味が沸いてきてしまいました。

やっぱりこういう触れ合いは重要ですよね。触ることによってわかることもありますし。毒を持ってたみたいだけど、刺されたとしてもどうせ大した毒でもないでしょ、ふははははー

とか思って帰り、アカエイを調べたところ、

アカエイ-wikipedia

この長い棘には毒腺があり、刺されると激痛に襲われる。数週間も痛みが続いたり、アレルギー体質の人はアナフィラキシーショックにより死亡することもある。

激痛・・・・・・

し、死亡・・・・・・・・・


二度と良くわからない生物には触らないと誓いました。

でもまあ、そのままにしておいて子供が刺される可能性を考えると、俺がやったことも無駄ではなかったですかね。

2007年07月09日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

このマンモスに玉乗りを仕込みたいね

シベリアで凍結マンモス発見…ほぼ無傷・生後1年ほどの雌

reitoumanmosu.jpg


すごいッ!マンモスですよマンモス!

あのはるか昔に絶滅した!

あの、子供の頃の俺の中ではUMA扱いだった!


今回の発見で、内臓の位置とかは完璧にわかりそうですね。

しかし、色々わかったところで、実際のマンモスはもうこの世にはいないというところが少しさびしくもあります。

カムバック!

現代にいても絶滅するのは逃れられないような気がしますが。


ところで、俺はずっとマンモスは狩られすぎて絶滅したのかと思ったらそうでもないみたいですね。

いえ、もちろん狩猟のし過ぎで絶滅という説もあるんですが、その他に

・気候変動でえさである草が少なくなった

・人間が連れてきた家畜によると思われる疫病

とかその他にも色々とあります。

どれが正しいかは不明なので、一つ説を信じすぎないようにしましょう。

いずれ、もっと有力な説が出るかもしれません。

それこそ今回のマンモスで色々わかるやも。


それにしてもこのマンモスの写真。

・・・ただの象にしか見えません。

むしろどこをどうみたらマンモスなのさと。

まあ、生後1年ほどなのでしかたないといえばしかたないですが。

生後1年で亡くなってしまったこのマンモスのご冥福をお祈りします。

2007年07月07日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

パシリの王子様

なにやら最近ハンカチ王子やらハニカミ王子やら貴族っぽいあだ名が多いですが、俺も負けてません。

何しろ、彼らが~王子とか言われる2,3年前から

「音速の貴公子」

とバイト先で言われてるくらいですから。

なんて素敵な響きなんでしょう。音速の貴公子。

実は俺、アイルトン・セナの生まれ変わりなんだ。とか言っちゃいますよ。



まあ、バイトでのパシリでやたら行って帰ってくるのが早いからそういうふうに呼ばれてるだけなんですけどね。

まさにパシリの王子様。

どんなパシリもこなしますよ。無我の境地でこなしますよ。

我が無いと書いて無我ですよ。自己主張?何それ。

そろそろ才気煥発の極みでいつパシリに行かされるのかがわかるようになってきました。

最終的になんたいゾーンで全てのパシリ業務が俺の元に吸い寄せられると思われますよ。

2007年07月05日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

ストップ増えすぎ

無人島:虫が大繁殖、消滅の危機 瀬戸内海



20070626k0000e040074000p_size6.jpg

昭和30年(1955年)








20070626k0000e040077000p_size6.jpg

現在(2007年?何時撮られたかは不明)



す、すごいぜナナツバコツブムシ・・・・ッ!

たったの52年でここまで島を減らしました。

今回の記事の概略としては、ナナツバコツブムシが巣を掘り、ひたすらにやわらかくなったところに台風が来てホボロ島が小さくなっていってるよってお話です。

しかしまあ、岩がもろくなるほどに大量に生息しているってのはぞっとしませんね。

おそろしや。


だけど、ここまで島が減ってしまってはナナツバコツブムシが住む場所が少なくなって、ナナツバコツブムシも困るのでは。

というか、ある程度もう水没する時もあるそうですし、完全に水没するようになったら住めないのでは。

自ら破滅に向かうとは愚か者です。


・・・人間もそう変わらないよなぁとちょっと思いました。

増えすぎて住む場所増やして色々不都合がとか・・・・・・・

しかし!我々にはそこらへんのムシと違ってそれを阻止することが出来るかもしれなかったりしたりしなかったりしなくもなかったりするのです。(あやふや)

ストップ環境破壊!

2007年07月03日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:2

シーラカンスの卵

シーラカンスの卵、確認 インドネシア海域で初

シーラカンスを解剖したら、卵があったよって話。

というか、解剖して卵みただけで、お腹の中で卵が孵化してある程度育ってから母親の腹から出てくるってことがわかるんですね。


あと、卵が25個しかなかったということは、稚魚の生存確率は結構高いのでしょうか。

深海だからあまり天敵がいないとか?


・・・シーラカンス自体はあまりうまいという話は聞きませんが、もしかして卵ならうま・・・

いえ、なんでもありません。

そんな貴重な物を食べたいと思うわけないじゃないですか。ははは。


でも実際、これがうまかったりして珍味とし乱獲されたらどうしましょ。どうしようもないですが。

その前に乱獲できるほど数がいるのかと。


追記:
プレスリリースのPDFがあったので載せておきます。

インドネシアでのシーラカンス解剖について
※解剖写真もあるのでグロテスクな画像があります。駄目な人は注意。

写真を見た瞬間食べたい気など失せました。

是非今後のシーラカンス調査のみに使っていただきたいですね。

2007年07月01日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。