スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

終わる前に

もう今年も終わりですか。早いものですね。



・・・・いきなり何を感慨にふけっているのかですって?

いや、明日、というか今日からバイトが5日連続の上、卒論を抱えているので感慨にふけるなら今日が最後だなぁと思いまして。


今年も色々ありましたが、今ここでああだこうだ語るのは止めましょう。

12月31日の夜ぐらいはきっと暇なはずです。きっちり今年が終わってからまとめるといたしましょう。




それにしても、大掃除が大変です。上記の通り今年ゆっくりできるのが今日まででしたので部屋の片付けを行っていたのですが、これが中々終わらないんですよね。

もう、12時間は行っているんですけどね。

服の整理はともかく、コミック周りを片付けていると時間が飛んでいるんですよ。

確実にスタンド攻撃です。キングクリムゾンです。

小説周りを片付けていると更に時間が飛びます。

どこでスタンド使いが戦っているのかは知りませんが、はた迷惑な話です。



しかも、片付けているはずなのに全く部屋が広くならないのはどういうことなのか。

あれですか。

部屋の片付け=本を整理してその辺に積む

というのがいけないのでしょうか。

でも、もう本棚いっぱいなんですよね。


・・・まあ、自分から見て片付いていれば良いんですよ。こういうのは。
スポンサーサイト

2007年12月29日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

クリスマスといえば海ですよね。(根拠なし)

seafool1_R.jpg



メリークリスマス!!

(もう終わっちゃったけど)



と、言うわけで予定通り海に行ってきました。

当然海に入る為、上のような格好をしています。

写真だけ見ると何月の写真か分からなくなりますね。


できれば夏にこのイベントを起こしたかったところであります。




何はともあれ早速、海へGO!

seafool2_R.jpg

今行くぜ!海!



seafool3_R.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・




seafool4_R.jpg



寒ッ!!


異常な冷たさです。

これが12月の海か・・・!


しかしまあ、所詮はただの冷水。

耐えられないほどではなさそうなのでザブザブ膝までつかりながら生物探しを開始します。


seafool5_R.jpg


(カメラを持ちながら12月の海に入る22歳の不審者)



海に入ってると意外と冷たさには慣れてきます。

むしろ押し寄せる波が心地良いと思えるほどです。

流石海、こんな俺でも優しく包んでくれます。


まあ、近くにいた人に

「今の海は寒いでしょ?」

って聞かれたら

「ええ、寒いです。」

って即言い返すくらいには寒いんですけどね。


冷たさは正直、慣れてきたというか、ただ足の感覚が無くなってきただけっぽいですし。


とにかく、そんな風に苦労して生物探してきましたよ!

とくとご覧あれ!






seafool6_R.jpg

鳥。良くわからないけど、鳥。(鳥類は全く分からない)
歩く様がカワイイ。でも何鳥かは分からない。


seafool7_R.jpg

鳥。良くわからないけど、多分渡り鳥。
やたら警戒心が強くて、50mくらいに近づくとあっという間に逃げていきます。
都会暮らしのハトとかとは流石に違うね。




seafool8_R.jpg

海藻~

seafool9_R.jpg

ザバー

seafool10_R.jpg

というわけで、何かの海藻。ワカメ?(植物も分からない)




seafool11_R.jpg

おなじみフジツボさん。(の残骸)



seafool12_R.jpg


良くわからないものの残骸





ようするに特に何もいなかったってわけですよ!!

鳥以外。


seafool13_R.jpg

何もない


クラゲすら浮いてないんですよ!死骸くらいは流れ着いてると思ったのに。

フジツボも家を残してどこに消えたんだか。

驚きだったのはフナムシさんすらいないんですよ。

行けばいつもテトラポッドあたりにいたので、年中いるものかと思ってました。

まあ、良く考えれば虫ですから、普通じゃ冬は越せませんよね。



正直、冬でも何かいるだろう、と思ってきたわけですが何もいなくてがっかり感は否めません。

しかし、何もいない、という事が分かったという収穫があったとも言えるわけです。

このおかげで、冬にいないクラゲの生態とかフジツボの生態とかを調べようという気が湧いてきていますし、無駄ではなかったなーと思うんですよ。

それにほら、冬に海に入ることがどれだけ愚かか良く分かりましたしね!

海から出たら足の感覚ほとんどないし!手もかじかんで動かないし!


うん、ちょっと無理やりポジティブシンキングにまとめてみました。

でも実際楽しかったから良しなのです。

2007年12月26日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

予定を考えるのって楽しいですよね

と、言うわけで昨日はクリスマスイブでありました。

バイトは面白かったです。ハイ。


そんなわけで今日海に遊びに行くわけですが、正直何もいないだろうなぁ…

冬は流石に海まで出張って散歩するにはつらい季節なので、これまで1度も行ったことがなかったので冬の海がどんなものなのか知らないですが、

なんとなく生物はいないような気がするんですよね…

こう、冬だから。海の生物はほとんど関係ない気はしますが。


まあクラゲくらいはいますかね。

あとフナムシとフジツボか。


…それだといつもと変わらないんですけどね!

いつも大抵クラゲとフナムシとフジツボ見て帰ってるわ!

春も夏も秋も!

だいぶ前に見たエイは奇跡が起こったのかと思いましたよ!本気で!


…やっぱり海に入らないと見つかるものも見つかりませんかね…

入るか!今日は海に!

ザブンとな。



明日更新がなかったら死んでるかもしれませんが、ご了承願いたいです。

2007年12月25日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

シーラカンスの日なんて初めて知った

東工大でシーラカンス解剖、秋篠宮さまも見学


シーラカンスの解剖の件、早速記事になってますね。

今回見に行けなかったのは非常に残念でしたが、この記事でちょっと希望が湧いてきました。

何せ

東工大では今後、保存中のもう1体のシーラカンスも解剖し、DNA解析による進化の系統解明をめざす。

とあるように、もう1体のシーラカンスも解剖ですから。

もちろん今回と同様に公開してくれるんですよね?しますよね?してくれるに違いありません。やりなさい。



それより、

シーラカンスが世界で初めてアフリカで発見されたのは、1938年の12月22日で、この日は「シーラカンスの日」とされている。


ちゃんと意味がある日に解剖行ったんですね。一応。

というか、そんな記念日作っても活用されることないでしょうに。いや、今回活用されたけど、もっと他のことにですよ。

こう、一般的には使えないじゃないですか。

記念日だからってシーラカンスを食べられないわけですし。


…記念日=何か食べるという発想は貧困すぎますかね…

あれか、シーラカンスの日にシーラカンス型のケーキを作って食べればいいのか。(根本的に変わってない)

2007年12月24日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

シーラカンスの解剖

「生きた化石」シーラカンス解剖の様子を一般公開
―最先端の科学技術でシーラカンスの謎に挑む!-



おお、シーラカンスの解剖とは是非見学に行かねば、と思ったのですが、

これ今日じゃないですか。

この記事見つけたのがついさっきだったのが悔やまれます。

今日は昼からバイトなんですよね。


・・・・・・・サボるか!?サボっちゃうか!?

いや、ただでさえクリスマスを前にしている上に、当日に「休みます」とか言おうものなら、次の日俺の命が確実に消えているので、流石にできそうにありません。


ぐうぅ・・・

ああ気になる!

シーラカンスの内臓がどうなってるのか気になります!

そういえば、シーラカンスの内臓が載ってる書籍ってない気がしますね。

どこか、シーラカンスの解体図みたいなの載せてある書籍作ってくれませんかね。

この際ニュートンとかの特集でも良いですから。

まあ、例えそんな解体図が載ってある書籍がお手元にあったとしても解剖を見に行きたいのは変わらないんですけど。

やっぱり、映像でも良いから生々しいのが見たいんですよ。生々しい内臓が見たいんですよ!



後日インターネット配信とかしてくれないかなぁ。

希望者に販売でも良いよ、この際ですから。いや、本当に見たい。

頼みます!東京工業大学さん!


ってこれ東京工業大学かい!(今更)

東京工業大学に生命理工学研究科なんて生物扱うところがあったんですね。

初めて知りました。

工業大学ってイメージ的に機械的な何かしか扱ってないような感じがしていたので、少し驚きです。


と己の無学さを最後にさらして、今日はここまでといたします。

2007年12月22日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

クリスマスの予定決定

忘年会をやることが多くなってきました。

この時期ですからね。

しかしこの時期忘年会をするたびに少し考えるのですが、今年のことを今忘れてどうしようというのでしょうか。

今年はまだ終わってません。

もっと具体的に言うなら

クリスマスはまだ終わってません。


最も忘れるべき行事を前に忘年会を済ませるのはいかがなものでしょうか。

やはりここは26日~31日の間に忘年会はこなすべきだと思うのです。

そうすれば今年の嫌なことをすべて綺麗に忘れることができるのです。



・・・いや、こういうのは自らが動いて嫌な行事から好きな行事に変える努力をする事が大切ですよね。

嫌だ嫌だ言う前に行動することが大事なんですよね!

俺!間違ってました!

幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんですよね!


よーし!クリスマスには恋人に会うために海ヘ行くことにしましょう!

幸せを手に入れるために!歩いて!


待ってて俺の軟体生物達!!

・・・いや、俺の幸せはこっちの方向であってますよ?ええ。

2007年12月20日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

ベタ入りスピーカー

豪動物愛護団体、魚入り水槽付きスピーカー“iPond”の販売禁止を求める


あーこれはいけませんね。

流石に硬骨魚にあまり興味の無い俺でもこれには異を唱えますよ。硬骨魚にあまり興味がない俺でもね。

そりゃ確かに俺の記憶の中でも金魚鉢で飼えるお手軽魚というイメージですが、こんな容器で魚が飼えるか!

人間で言うなら、

「はい、えーこれからあなたの部屋はこの一畳間です。衣食住をここで行ってもらいます。立って半畳寝て一畳。余裕ですね。

とか言われるようなもんですよ。

ストレスで死ぬわ!!


販売禁止を求めているそうですが、むしろ良く販売まで行けたなと。

日本だったらまず無理かな。

メーカーに非難が集中するだろうし。



それにしても気になるのは、どうやって音を出してるかですよね。

上のプラスチックの塊にスピーカーが付いているのか。

それとも水、もしくはケースを振動させて音を出しているのか。・・・できるかどうかは知りませんけど。

万が一後者の場合はベタへのストレスは更に増すものかと思います。

いや、前者でも大差はないですかね。

まあ詳しくないので良くわかりませんが、ストレスは増えるでしょう。多分。

人間で言うなら、

「更にこの部屋には時々良くわからない音が鳴り出しますが、気にしないでください。」

「一体何を言っt・・・な、何だこの歌は!・・・こ、これは波田陽区のCDか!何故今更!やめろぉぉぉ!!」

みたいなもんですね。



・・・違いますか?そうですか。

2007年12月18日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

グリーンピースのダイオウイカ解説

グリーンピース、ホッキョクグマに扮して海面上昇対策を訴える


前にもこんなことやってたりして、グリーンピースという団体は良くわからない団体さんであります。

いや、正直意味あるの?この行為。

「ホッキョクグマですよ~氷が溶けると大変ですよ~だから温暖化止めて~」

ってことなんでしょうが、この着ぐるみ着ているだけでそこまで理解できる人間は正直エスパーじゃないと無理だと思います。

まあ、近くに説明する人とか説明がついた看板持った人とかいるのかもしれません。

しかし、この写真みるかぎり人が休みを満喫しているところでやってるみたいですが、それってどうなのさ。

俺が海に遊びに行って存分に生物と戯れているときに、後ろあたりから

「へい!温暖化止めようぜ!」

とかいうアピールをされたら正直イラっとすると思うんですけど、皆様はどうでしょうか。



まあそんなこんなで疑問を持ったので、公式のページを眺めてたんですよ


そしたら、

不思議な生物-謎の巨大イカ

という、俺に読めと言わんばかりの記事が。

もちろん喜び勇んで読み始めたのですが、いきなりこんな記述が


ダイオウイカは無脊椎動物では地球上で2番目に大きな生物で、メスは約13メートル(中略)では、地球上で1番大きな無脊椎動物はなんでしょうか?それはダイオウイカの親戚でもある「コロッサルイカ(Colossal Squid : 和名 ダイオウホオズキイカ)」です。(中略)同じ巨大イカですが、コロッサルイカのほうは約14メートルと若干大きく、巨大イカ競争の軍配はこちらにあがったというわけです。


ふざけんな


ダイオウイカは18mのものが確認されていて、ダイオウホウズキイカは10mのものが確認されています。

ダイオウホウズキイカの発見されたものはまだまだ未成長のもので成長すれば14mくらいになるかもしれないそうですが、それでも18mには届きません。まあ、それ以上成長する可能性はありますが、それは今は置いておきます。

ですので、全長の話なら現在の時点では18mのダイオウイカと14m(仮)ダイオウホウズキイカを比べることになり、どう考えてもダイオウイカに巨大イカ競争とやらの軍配があがります。

そもそもダイオウイカがメスの13mで最大ってどこの情報だよ。むしろいつの情報か?

しかも、ダイオウホウズキイカが14mまで成長すること前提に話進めてるし。むちゃくちゃです。

ちなみに、ダイオウホウズキイカは成長次第で20m超すかもしれないじゃん、とか仮定の話を言い出したら、ダイオウイカだって怪しい記録で良かったら23m程度、とかいう記録を持ち出してやる。


そしてもう一つ。

2004年、日本の科学者がマッコウクジラをおとりにつかい、この巨大イカをおびき寄せる作戦を実行した結果、500枚以上のまれに見る画像撮影に成功したのです。


俺、あの撮影のおとりにマッコウクジラが使われたって初めて聞いたんですけど。

大体天敵なのにどうやっておとりに使うのか。普通ダイオウイカが逃げるんじゃないのか。謎は尽きません。

ちなみに餌とカメラを深海に沈めたのが、俺の知っているあの撮影をしたときの方法です。

別の撮影だったのかな!同時期に世界初で!同じ方法で逃げられた!

マッコウクジラにカメラを着けてダイオウイカを撮影しようっていう試みは聞いたことがあるんですけどね。


そして最後に一つ!

私たちにわかっていることは、ダイオウイカが生物の中で2番目に大きな目を持つこと、深さ200~4,000メートルの深海に生息していること

2番目は合ってるけど(1番はダイオウホウズキイカ)、深さ200~4000mはないと思いますよ

大体生息深度は300~1000くらいみたいですから。

まあまだ良くわかってない生物ですから100mくらいの誤差は余裕で許せるとしても、4000mまではないでしょ。



少しは調べて書いてくださいよ。詳しくとまではいわないから。


しかも(間違っているとはいえ)散々ダイオウイカ&ダイオウホウズキイカの解説したあとの結論が

「底引き網漁はいけないよ!」

って、本当にふざけてるとしか。

ずいぶん長くて無駄な前振りですね。また。



とりあえず、俺の中のグリーンピースの評価は地の底です。

本当にまともに活動してるのか、この団体。

2007年12月16日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

当日はむしろバイトを入れたい

自然を守るクリスマス、子どもたちが「みどりのサンタ」に入門

ニュートンの誕生日(12月25日)を前にサンタクロースも大忙しです。

プレゼントは全部リンゴで、しかも落ちそうな場所にセッティングするのに技術が必要だから弟子入りするんですね!?

もしくはニュートンのゆりかごとかをこっそり置いて行くのです。で、カチカチ鳴らして逃げる。

そのとき逃げる際に使うテクニックを学ぶために弟子入りするのですね。

ニュートンのゆりかごならプレゼントにぴったりですしね!




まあ、それはともかく、俺、昔サンタクロースは緑の服だったっての本気で信じてたんですよ…

ついさっきまで…

なんかwikipediaとか見てたらこんなことが!

コカコーラのせいって嘘だったのか!騙された!社会に騙された!

今回の緑サンタも「ははは、昔はその色だったんじゃないか」とか言いながら記事読んだのに!

ひどい話です。色々な意味で。



それにしてもサンタクロースも、プレゼント配るのはともかく、自然を守ったり肥満を非難されたり忙しいですね。

是非本業の方を頑張っていただきたいものです。


うん、本業の自然を守る方を。

もう良いじゃないか。全員グリーンサンタで。そんな俺には関係ないプレゼント配りとかは良いから!(本音)




と、言うわけでニュートンの誕生日、楽しみですね!!

ちなみに

「ニュートンの誕生日、グレゴリオ暦(現行の暦)だと1月4日なんですけど」

とかいうつっこみはいりません。気にしない気にしない。

2007年12月13日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

タコ知識

書くことがありませんね。

無ければ作れって話なのですが、いかんせんこの時間帯はちょっと…(AM4時過ぎ)


あー、あれです。

タコの血って青いんですよ?知ってました?

あ、知ってる。タコが好きなら常識?

そうか、そうですよね。常識ですよね。

じゃあそれが血に銅が含まれているから・・・って知ってますよね。青い血がわかればそうですよね。すみません。



ぼーっとwikipediaのタコの項を見てたら

また、ストレスによって自分の足を食べることがあるが、このとき食べた足は再生しない。

こんな記述が。

知能が高いとはいえ、まさかストレスまで感じるとは。

しかも自傷行為までするというのが驚きです。

普通に千切れた足は再生するのに、その自傷行為で千切れた足は再生しないというのも面白い話です。

タコの脳はどういう仕組みになってるのかこれからに期待ですね。

まあwikipediaを全面的に信じると危険だから少し疑ってますけど。



・・・うん、それくらいかな。

どうでも良いタコの豆知識は。

2007年12月11日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

続報を待って三千里

今更で申し訳ないんですが、

この記事の続報はまだかぁぁぁあああ!

そろそろ2ヶ月ですよ!耐えられない!

頭に触手が生えてる生物はどうなってんの!?

調査チームが採取した生物が新種であった場合は、数週間の調査の後に発表される。

って書いてあるのに。

まあ、発表はされてるけど日本語の記事にはまだなってないよってことなのだとは思いますが。

もしくは、マスコミには発表してないか、まだ数週間のうちなのか。

一応、まだ8週間くらいですからね。数週間を超えるまであと2週間近くありますから、まだまだこれからってことですかね!

しかも、数週間の調査の後に発表ですからね。「後に」が相当な期間と見ましたよ。ははは。



とりあえず、ナショナルジオグラフィックが主導もやっていたみたいなので、雑誌の方にいつか載るだろうと思って毎月チェックしてたのに、全く載ってないので愚痴ってみました。

・・・まさか俺の知らないうちにこっそり載ってるとか・・・

いや、そんなことはないさ!きっと表紙にするぐらいの特集を組んでくれるさ、いつか。


それはともかく、本当にどうなってるんでしょうか。

英語のサイトは頭が弱い俺には巡りようがないので、情報を得ようがないんですよね。

まだまだ首を長くして待つとするしか今のところはないですね。ふう。



ちなみに1月号のナショナルジオグラフィック

「海を支える小さな生命」

とかいう特集が組まれているので買わざるを得ませんなこれは。

ウミウシの為に。

2007年12月08日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

Tシャツ

よーし!時間を作ったぞ!!10分ほど!

え、えーと、でも書くこと無いんだ!



あ、あれです。

Tシャツショップのラブカさんが復帰したと思ったら復帰以降音沙汰ないのが悲しいです。

俺の夏のシャツはほとんどラブカ製なので再復帰してくれないと来年の夏着るものが無くなります。

フクロウナギTシャツもう限界なんだよ!助けて!


良し、「毎日深海生物Tシャツかよ、きめぇ」とか思った奴前に出なさい。


それにしてもこういうTシャツ作るところもっと増えないかなぁ。ついでにズボンとかも作ってくれないかな!

全身深海グッズで統一とか良さそうじゃないですか!?


・・・わかってますよ。どうせ変人ですよ。ほっといてくださいよ。生ぬるい目で見守ってやってくださいよ。

2007年12月05日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:2

言い訳

絶賛公開停滞中です。


絶賛はされてないと思いますけど。あらゆる意味で。

最近ちょっぴり忙しいのです。

手ごろなニュースがあれば更新したいのですが、そう都合が良いこともなく。

でも、がっつり考えて書くには時間が無い。

といった感じです、はい。


こんな偏狭にわざわざ来ていただいてる方には本当に申し訳ないと思います。

なんとか、時間を作るのでそれまでお待ちを。

2007年12月01日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。