スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

8月の雑記

もう夏休みも終わり!

夏休みの終わりごろと言ったら、もうみんな分かるね!



そう、溜めていた日記を一気に書かなければならない時期です。

つまり、その・・・そういうことなんだ。

みんな分かるね?



----以下は雑記の新着ログです----

続きを読む

スポンサーサイト

2009年08月24日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

イカ・タコフィーバー!

ついに、発売されましたよ!

立体カプセル百科事典
「原色タコ・イカ図鑑」


が!

さっそく秋葉原に行ってガチャガチャ回してきましたよ。



とりあえず、23回ほど。(6900円分)


20090802433_s.jpg


コンプリート!するまで!回すのをやめないッ!

ってやってたらこのありさまでございます。

いやまあ・・・その・・・コンプリートしてないんですけどね!!

ヤリイカのみいないですが、7000円のところで心が折れました。

ちなみに全部で11種類(シークレット含む)。単純に考えれば、最後の1個を出す確率は11分の1ですよ。

はっきりいえば、入ってる個数が完全に偏ってるんで、実際はもっと確率低いですよ。

それなのに、まだお金を吸わせようとは思えませんでした!おとなしく単品で売ってる所探します!





20090802434_s.jpg



内訳:

ヒメダンゴイカ   5個
マダコ(墨)    4個
コブシメ      4個
アオイガイ     3個 (シークレット)
シマダコ      2個
アオリイカ     1個
ユウレイイカ    1個
ハナイカ      1個
ハナイカ(色違い)1個 (シークレット)
マダコ(壺)    1個



ヤリイカがいないのが本当にくやしい。

アオイガイ君はシークレットの癖に出すぎです。あと、ヒメダンゴイカの確率が異常。

でも、出来が良いから許しちゃう。

ヒメダンゴイカだけじゃなくて、どれも完成度が高いですよ。さすが300円。

特にイカ系はかなり凝ってます。素晴らしい!


せっかくなので、一つ一つ写真で紹介。



続きを読む

2009年08月03日 | グッズ | トラックバック:0 | コメント:6

シーラカンスを見に行こう!

赤坂サカスでシーラカンス(標本)の展示が行われてますよ。

なので、早速行ってきました!


20090801429_s.jpg




TBSの建物の前でやってます。

ちなみに、この展示自体TBSの企画っぽいです。その時点で嫌な予感がします。なんとなくですが。

あえて言えば、俺がテレビ嫌いだから嫌な感じがしてるだけかもしれません。

いや、そんな先入観だけで展示の良し悪しを判断してはいけないね!

俺もここぞとばかりにジャーナリズムに目覚めて、写真を通じてこの展示の真実を伝えて行きたいと思います!

入館料500円払ってGO!


スタッフ 「館内は撮影禁止になってます」


TBSの企画だからがっかりに決まってます。もうそうに違いないと思います。




さて、シーラカンスの展示なのですが、実は他にも展示があったりします。


一つは東京湾の汚さを表現した水槽。

東京湾に生息している生物がいる水槽に東京湾のゴミを沈めているものですね。

うん、ゴミ以外は普通の水槽です。東京湾を再現するならやはり水質も表現してもらわないと!

何も見えないような汚い水の中、ちらっ、ちらっと魚っぽいものが見えるんですよ!興奮しますね!駄目すぎて!

ちなみに東京湾の現状を知ってもらおうという企画水槽らしいですよ。やっぱり水質も(以下略)



あとは、死滅回遊してくる熱帯魚たちとか、何故かクラゲとかがいましたよ。

剥製標本としてはムネダラとノコギリザメがいました。大きいから水槽展示無理なんだね!


そして、俺たちが注目する点として、深海生物がいくつか展示されていますよ!

オオグソクムシが元気に泳いでいたり、

ヌタウナギが水槽いっぱいにいすぎて、どっちが頭でどっちが尻尾とかが判別もしにくいことになってたりします。普通の人が見たら「何この細長いものの固まり」って思うこと間違いなし。


・・・ええ、この2匹だけですよ。何を期待してるんですか。TBSに(しつこい)



さて!肝心のシーラカンスですが、2体います。

1体は冷凍保存のもので、1体は剥製標本です。他に部分部分のホルマリン漬け(?)があります。

シーラカンス自体は結構ポピュラーな生物ですが、実際に見たことがないので、標本でも見たら結構感動できて意外。

「所詮標本だろ?」とか思ってたのですが、細かいディティール、目の前で見ることで感じる大きさ、やはり写真とか映像とかでは分からないものが、標本だったら分かる!

特にこういうのは口の中が見れたりするのが良いですね。



というわけで、シーラカンス好きだったら行っておいて損はないと思います。

ただ、これだけのために遠くから来たりするものではないです。

規模的には水族館の特設展示くらいしかないので。他に何か近くに用事があったら寄ってみるが良いです。



さて、金の亡者テレビ局らしくグッズとかもありました。

20090801430_s.jpg


理解できない。


したくない。



ちなみにこの写真を見るときスタッフのお姉さんにめっちゃにらまれました。館内じゃないから良いじゃない。

2009年08月02日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。