スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

オーシャンズを見てきた

オーシャンズって面白いの?」

「中々面白かったよ。深海生物もいたし。



翌日朝一で見に行きました。


さて、そのオーシャンズの感想ですが、はっきり言ってイマイチです。

監督さんはこういうドキュメンタリーでは結構実績がある人のようですが、これだったら過去に撮ったのも期待出きないなって思うレベル。

何故かというと、圧倒的に生物の説明が少なく、かつ生態系を見せようとしてないってのが個人的にかなりイマイチ。

いや、多少は生態系を見せるような撮り方はしてるんだけど、基本的にはひたすら生物を綺麗な撮り方して、「ほら綺麗でしょー」って見せてるだけという感じがします。

感覚的には、水族館に行ったら生物の説明文がなくて更にベルトコンベア式だった感じかな!そんな水族館ないけど!

生物チョイスもとりあえず綺麗なのとかばっかりでつまらない。鯨にイルカにペンギンにサメに魚の大群にクラゲの大群。もはや良く飽きないなってレベルで一般的な選択です。そうじゃなくて、見れば生物ってすごいと思えるようなユニークな生物がもっと欲しかったですね。


ただ、映像だけ見るなら綺麗で美しく良いものに仕上がっています。

水中を漂うムラサキダコとか

水中を泳ぐミカドウミウシとか

餌を捕まえるコブシメとか

底に沈んでいくムラサキダコとか

中々良いものはありました。

ただ、俺は知的好奇心を満たしたいのであって、ただ単に綺麗なものにはあまり興味はないのです。





そしてこのオーシャンズは、前半は上に書いたような綺麗な映像が流れ続け、後半は海洋環境問題を取り上げるようなものに変わります。

「今まで見てきたような綺麗な海が失われようとしてるんだぜ!NO MORE 環境汚染とか乱獲とか!」

という感じのメッセージ性が大きいのですが・・・中途半端。

環境汚染とか乱獲とかの被害にあう生物の映像が流れるんですが、ただ、それだけという印象。

何が原因かという部分についてはあまりにも朧げで、その原因について深く考えられるようなものではありません。

2時間かけて最終的に伝えることはそんな程度で良いのかい?と思います。



さっきも書いたけど、この映画は映像としては中々見所のあるところがあります。

「すごい、どうやって撮ったのこれ」という感動もあるんですが、

ただ肝心の中身が非常に薄っぺらい印象でした。

普段あまり海についての関心が低い人に向けて、満遍なく広い範囲を取り上げすぎて、

海について元から興味のある人にとってそれがイマイチに見えるのかもしれません。

是非海への関心が低い人の感想を一度聞いてみたいですね。



ちなみに、深海生物は1秒足りとも出ませんでした。

完全に騙された。
スポンサーサイト

2010年02月28日 | 雑記 | トラックバック:1 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。