スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

イカの子供が生まれるまで~オスの扱いが酷い編~

イカの赤ちゃん誕生の瞬間



(新江ノ島水族館の動画より)



鼻血が出るほど興奮する動画ですね!これを見て鼻血出さないやつは人間じゃないと言っても過言ではありません。

それはともかく、イカの孵化動画です。
種類は、説明にはコウイカって書いてますが、カミナリイカのはずです。
模様もカミナリイカのものっぽいですし、なによりちゃんとえのすいまで展示見に行ったんでね。
というわけで、カミナリイカの孵化シーンのはずです。

当たり前と言われるかもしれませんが、ちゃんとイカの姿で孵化してますね。
イカは一応貝類の遠い親戚に当たりますが、ウミウシのようにヴェリジャー幼生など形そのものが違う時期は過ごさないようです。(ヴェリジャー幼生について語った記事はこちら)

ちなみに卵の中にいる状態でも、ヴェリジャー幼生みたいな形は取らないらしいので、幼生においては貝類の名残はほとんどないですね。そういう意味ではイカに取って貝は遠い親戚どころの騒ぎじゃないのかもしれません。そのまんま御先祖様?

それにしても、孵化した直後でちゃんと泳ぐのはともかく、色の変化まで出来てるんですね。孵化直後から色変化の細胞が備わっていることが確認できる面白い動画です。


さて、この孵化までには実はイカたちは大変な思いをしております。
簡単にコウイカの受精までの道のりをまとめると

メスがフェロモン出す

オスが寄ってくる

メスが気に入らないオスは漏斗から出すジェット水流や墨で邪険に扱われる

気に入られたら、精子が詰まった精包をメスの体内に入れる。その際、入れる為に使った交接腕が千切れる

他のオスも寄ってくるので、しばしの間ボディーガード。この時、寄ってきた他のオスに負けてしまうヘタレの精包は、勝ったオスに全部洗い流される

メスと分かれた後は無事に卵を生むのを祈るだけ。生むまでに他のオスが寄ってきてメスが気を許してしまうと、そのオスが前のオスが渡した精包を全部洗い流してくれる

(以下洗い流しを繰り返し)

メスが産卵する気になる

じょうずに卵、産めましたー!


涙なしには語れませんね。こうやって、いろんな意味で選りすぐりのオスの遺伝子を持ってイカの子供は生まれるのです。
ちなみに、これはコウイカの交接の流れなので、他のイカは違う可能性はあります。まあ、ほとんど一緒なんでしょうけど。

そういえば、深海性のイカたちはどうなんでしょうね。まず出会い自体が少ないから、上記のような血で血を・・いや精包を精包で洗う争いはないのかもしれないですね。
深海性のイカなんかだと生態自体全然わかってないので、その辺りはまだ解明のかの字もないんでしょうけど。未来の研究に期待。
スポンサーサイト

2011年03月31日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

白いスケーリーフット

硫化鉄を纏わない白スケーリーフットを世界で初めて発見
~インド洋における新規熱水探査の成果~

(JAMSTECプレスリリース)

image003.jpg




(動画)





ええい!インド洋の深海生物はバケモノか!

白い悪魔スケーリーフットが見つかりました。3ヶ月くらい前のニュースですが気にしない。

スケーリーフットは皆さん知ってらっしゃると思いますが、念のためおさらいをしておきましょう。
スケーリーフットはこんな生物です。

image003_2.jpg
(プレスリリースより)

そのままですね。一部の人にはウロコフネタマガイという名前の方が馴染みがあるかもしれません。
お住まいの方は、インド洋のかいれいフィールドという熱水噴出孔という所です。他の場所では生息が確認されていません。

特徴としては、やはりその黒い硫化鉄に覆われたウロコを持った足ですね。この硫化鉄に覆われたウロコと同じく硫化鉄に覆われた貝殻で敵から身を守っていると考えられています。

ちなみにこの覆っている硫化鉄。硫黄はスケーリーフットと共生している細菌が作って、鉄は熱水から取り出しているようです。その上、熱水付近では酸素が少ないせいか、酸化もせずに済んでいるという、環境に恵まれた生物と言えるかもしれません。普通は劣悪な環境なんですけどね。うまく利用してるもんです。

そんな、非常にユニークな特徴を持っているこのスケーリーフットですが、今回、かいれいフィールド以外の場所でも生息が確認されました。それも、硫化鉄を覆ってないスケーリーフットが。

最初に出てきた白いスケーリーフットがそれですね。
見た目も白いですし、プレスリリースの中身を見るとわかるのですが、硫化鉄も覆ってません。
そうなれば、全くの別物・・・と思うかもしれませんが、遺伝子的にはほとんど同じ種なんだとか。
ちなみに、たまたま1体が白かった、というわけでなく、見つかったソリティアフィールドという場所のスケーリーフットは全部白かったみたいです。

一体、この二つのスケーリーフットは何が違うのか。熱水の成分?共生細菌?それとも、やはり種が異なる?
謎めいていて興奮しますね。

当然、まだなーんにもわかってない状況なので、続報に期待です。JAMSTECではこの夏ぐらいにも再調査を行うみたいですよ?
夏が待ち遠しいですね!
今からカウントダウンしなきゃ!大体7月ぐらいだとしてあと90日くらい?
よーし!パパカウントダウンサイト立ちあげちゃうぞ!わくわくしてきた!
(※調査の後、その調査結果や研究結果が発表されるのは当分先です)

2011年03月31日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

アマゾンの淡水エイ

アマゾンに生息、新種の淡水エイ

new-stingless-stingrays-overhead_33012_big.jpg
(ナショナルジオグラフィックより)



丸い。

お名前はヘリオトリゴン・ロサイという、新たに見つかった淡水エイです。
実はもう1種同じ仲間の淡水エイも発見されており、こちらはヘリオトリゴン・ゴメシという名前です。

この2種のエイは、海に棲んでいるものではなく、川や池など淡水で生きているものです。
淡水エイは主にアカエイの親戚さんとか固有の種類のアマゾン淡水エイとかがいます。
今回の種はアマゾンに棲んでいるので、アマゾンタンスイエイ科・・・で良いのかな?

ちなみに、これらのエイは実は前から知られていましたが、研究が進むことによって新種だということがわかったそうですよ。しかもこのエイのために、分類である「門 綱 目 科 属」の中で新しい属を設けさせたせたのです。おお、ブラボー。

ってこんなことを前にも書いた気がする。

ちなみに、骨格が特徴的らしく、

new-stingless-stingrays-x-ray_33017_big.jpg

(ナショナルジオグラフィックから)



このように、体の中心から100本以上軟骨が広がっています。まるで太陽が光を四方に放つようなこの骨格から、ギリシャ語で「太陽のエイ」を意味するヘリオトリゴンという属名が生まれたそうです。
どうです?皆様。このX線の写真を見ていると太陽のように見えませんか?そうですね。見えませんよね。でもそういうことにしておきましょう。


また、このエイの特徴として尾が退化していることも挙げられます。


new-stingless-stingrays-tail_33016_big.jpg

(またナショナルジオグラフィックから)



こんな感じで、尾も退化した上、尾びれも小さくなってます。なので見た目は綺麗な円になっており、とてもフリスビーにしやすそうです。(良い子はやっちゃ駄目だぞ☆)
また、退化にともなって毒針もなくなっています。
実はエイの多くの種類は尾の付け根などに毒針を持っています。もちろん淡水エイもそうなのですが、この種類はその毒針を捨ててしまったようですね。ただ、毒針を持っていないエイもいますので、びっくりするような特徴ではないかもしれません。


そういえば、このエイは結局なに科なのでしょうか。アマゾンタンスイエイ科だったらいうことは特にないですが、アカエイ科だったら面白いですよね。
アカエイの英名がスティング レイ(刺す エイ)なので、棘が退化したこのエイの立つ瀬がないですね!
「刺す棘がないのにスティングレイっすか?wさすがっすねwさすってあげましょうかw」
みたいなね。何を言ってるんだ俺は。

2011年03月29日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

深淵の放浪者 深海魚 第一弾&第二弾

タカラトミーアーツから
「不思議生物大百科 深淵の放浪者 深海魚」
というカプセルトイがいつの間にやら出ております。

もちろん、今回も見つけた瞬間小銭を大量に携えた良い大人がひたすら回してきました。
昼下がりのホームセンターで、ガチャガチャを回してはカプセルをバックに放りこみ、ガチャガチャを回してはバックに放り込んでいた大人は、周りで遊んでいた子供からはどう見えたんでしょうね。みんな、こうはなっちゃいけないぞ。(回しながら)


ちなみにサボってる間に既にシリーズ第2弾まで出ているので、合わせて紹介していきましょう。


シリーズ第一弾


NYUDOU_S.jpg

ニュウドウカジカ

うん、そんな色だったけ、お前。(参考写真はこちら)

ブロブフィッシュで有名なアイツがついにフィギュア化です。この姿より多分、こっちの写真の姿の方が有名。
あの写真は打ち上げられた後の写真なので、実際泳いでる時の姿はこんな感じです。でも、こんな色じゃない気がする。



RABU_S.jpg

ラブカ

深海鮫の中では有名も良いところですね。
それにしても、塗り方が汚い・・・何その汚し塗装。泥の中泳いでたのか。



TYOUTIN_S.jpg

チョウチンアンコウ

こいつもポピュラーですね。そしてこいつも色がおかしいですよね。そんな紫色してたか?お前は。



YOMI_S.jpg

ヨミノアシロ

確認されている中では最も生息深度が低い魚です。
正直に言うと、こいつの色がどんなのかは知りませんが、多分こんなのではないはず。



DEMENI_S.jpg

デメギニス

何かのニュースで取り上げられて一躍有名になった奴ですね。
第一弾の良心。色もあまりおかしくないし、クリアパーツ使って再現されてるし、出来が良いです。





第一弾にはリュウグウノツカイもいるのですが、出ませんでした。出ないままに第二弾が出てました。ぐふっ。
ちなみに、シークレットはニュウドウカジカの標本バージョンという手抜き色違いになってます。もちろん出ませんでした。


第一弾の総評ですが、塗りが汚い。
そして色がおかしい。
深海生物の中には資料が標本しかなくて色がわからないものもあったりしますが、第一弾の生物は全部生体写真あるから。
完全に再現しろとは言いませんが、明らかにおかしいのはやめて!お願い!


そんな願いが叶えられるのか。
第二弾です。


HUKURO_S.jpg

フクロウナギ

色がおかしいよ!助けてドラえもん!未来の道具で色を塗り替えてよ!
胴体の色は許せますが、その背びれの色はないんじゃない?



SOKO_S.jpg

ソコボウズ

もう色についてツッコむのはやめよう。
実は、第一弾のヨミノアシロとは親戚です。



SIRA_S.jpg

シーラカンス

超メジャーですね。通称生きた化石。
このフィギュアでは、分かりづらいかもしれませんが頭が透明になっております。どうしてこうなった。



SINKAIKUSA_S.jpg

シンカイクサウオ

ついに色がまともな生物が!造形的にも中々です。単品じゃなくて群れにしたのも良いですね。
第二弾の良心。


MITSUKURI2_S.jpg

ミツクリザメ

東京湾に潜む悪魔として有名ですね。
色は許容範囲内でしょう。尾と胴体の間に分割線があるのはちょっと残念です。
ちなみに、結構顔が間抜けです。



MITSUKURI_S.jpg

ミツクリザメ(シークレット)

シークレットはなんと口が飛び出した状態だ!飛び出してるけど、口は閉じたままなのが画竜点睛を欠いております。口が飛び出すときは捕食の時だから普通は開いてるはずなんですよ。
ノーマルバージョンからの流用なので、口が取ってつけてあるような感じになってるのはお察しください。無理やり口を引きちぎったら、十中八九飛び出してない状態の口が下から出てくる。



ちなみにもう一つシーラカンスの色違いがシークレットとして用意されていますが、手に入ってません。
というか、いらない。


第二弾は、多少マシになりましたね。
少なくとも塗りはだいぶマシになった。あとはほんのり色がおかしかったりするけど、第一弾よりはまだ許せる!
シリーズ全体的に言えることですが、造形自体はそんなに悪く無いです。これが300円だったらタカラトミーに資料を担いでカチコミに行くレベルですが、200円だったらまあこんなもんでしょう。

そもそも、こうやって深海生物のフィギュアがガチャで出た事自体が喜ばしいのです。少しくらいは目をつぶりましょう。
というわけで、タカラトミーアーツさん、第三弾待ってます。

次はコウモリダコとメンダコとダイオウイカとユメナマコとセンジュナマコが良いな!よろしくお願いします。

2011年03月28日 | グッズ | トラックバック:0 | コメント:4

メジロダコ、またの名をココナッツオクトパス

メジロダコの不思議な生態


091214-01-octopus-coconut-tool_big.jpg

(ナショナルジオグラフィックより)


大変今さらな記事ではございますが、好きなので。

このメジロダコはもちろんタコの一種。

体の特徴としては、吸盤の周りが白いということが挙げられると思います。
本当は、メジロダコの名前の通り目の下に白い模様があるということが特徴のはずなんですが、その特徴が、まあ分かりづらい。色を変えられると、どこに白い部分が?というレベルになります。(参考)
実物をみても、他の写真を見ても大体吸盤周りは白いので、むしろ足白蛸とかそんな名前の方がしっくりくるような気がするなんとも言えないタコです。
まあ、上の写真だと吸盤周りも色変わってますけどね!

そんな、体の特徴だけだとなんとも判別付きづらいメジロダコですが、生態的には大きな特徴を持っています。
それが、何かの殻に身を隠す。ということです。
上の写真だとココナッツの殻の中に入ってますね。他にも貝を使ったり、瓶を使ったりと使うものは多彩です。

ちなみに隠れるだけじゃなくて、殻持ったまま歩きます。


091214-02-octopus-carrying-coconut_big.jpg
(ナショナルジオグラフィックより)






こんな感じでひょこひょこ間抜けな姿で歩きます。殻を持ってないと、二足歩行もできたりします。
わざわざ持って歩く理由としては、このメジロダコ自体が素早く動けないのでいざという時の隠れ家として活用しているのではないか、という説があるみたいです。身を隠す為か、防具として活用しているのかはいまいちわかりません。

しかし、そんな間抜けな姿ではありますが、何かを使って隠れるだけならまだしも、それを持ち歩き活用していくというところに知能の高さを感じます。

ちゃんと離れ離れになっている貝殻もこの通り



自分でたぐりよせてひっつけています。
実は、タコという生物自体、知能の高い生物だと言われています。
いつか見たニュースでは、犬並みの知能を持ってるんだとか。本当かよ、とは思ってますが。
少なくとも、様々な生物の中でも頭が割と良いほうなのです。

その中でもこのメジロダコは、道具を使い、持ち歩くというタコはおろか他の軟体生物ですら持ち合わせていない特徴を持っています。
道具を使うということは、知性があるかという判断のひとつの要素だそうなので、人間の判断からすれば、メジロダコは他のタコより優れた知性を持っている、ということになるのかもしれません。


ちなみに、メジロダコはインドネシアからアジアにかけて分布しているので、沖縄くらいだったら見れるかも?
水族館だと油壺マリンパークで見ることができます。巻貝と瓶を水槽に放り込んでいるので、運がよければ隠れてる姿を見ることができるかもしれません。

2011年03月17日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

しんかい6500がレゴ化

IMG_0989.jpg

我が家にしんかい6500がやってきましたよ!レゴで。

というわけで、このたびレゴでしんかい6500が発売となりました。
実はこのレゴ、LEGO CUUSOOという企画から生まれたものだそうです。
これはユーザーが発案し、ユーザーがそれに投票し、見事1000票集まったら商品化!
というもので、1000票集めきって見事商品化した物の第一号がこいつです。しんかい6500が、この企画で、商品化の、第一号です。

ええ!?第一号がこれ!?え?なんで?他にもっとあるんじゃないの!?
どちらかというと、衛生のはやぶさの方が第一号になりそうなもんなのに!
しんかい6500の知名度ってどんなもんよ!?多少はメディアに出てるけど、はやぶさにはどう考えても勝てない気が。レゴファンはコアな人が多いのかしら。
まあ、俺が嬉しいからその辺りは良いんですけど。みんな意外としんかい6500好きなのね。
何はともあれおめでとうございます。

そしてもちろん俺も、この企画に参加してしっかり、しんかい6500に投票し・・・てないんだよなぁこれが。
企画は本当に初期段階で知ってて、投票もしたんですけどね。頭の中では。
どうやら完全に参加したつもりになってただけで、投票はしてなかった模様。俺の投票した記憶は全部CUUSOOでしたってオチだよ、ハハハ。
くそっ!俺も説明書のサポーター一覧に載りたかった!!どういうことだよ!全部脳内の出来事ってどういうことだッ!
残念すぎる。主に頭が。

嘆いていても始まりません。幸運なことに一般販売されているので、当然のように購入いたしましたよ。
しかし、レゴなんて作るのは実に十数年ぶりです。はたしてうまく作れるのかなぁ、なんていうのはあんまり思ってなかったんですけどね。だって見るからにパーツ数少ないじゃないですか。パチパチちょっとはめて完成でしょ。

と思ってたら、箱を開けて大興奮。

IMG_0991.jpg

思いの外ブロック多いんじゃないの・・・!?
いや、袋に詰まってるからそう見えるのであって袋から出せば・・・

IMG_0995.jpg

ほーらこのとおり!多いわ!
土台と簡単そうな乗り物1台にどれだけブロックを使うのでしょうか。普段から触ってる人は楽勝なんでしょうが、初心者中の初心者には中々壁が高そうに見えます。

文句言っても始まらないので組み立て始めたのですが、


IMG_0994.jpg

しょっぱな説明書の意味がわからなくて開始1分でくじけそうに。何だよこれ、このブロックはドッキングなんてできないぞ。何だよこれ。(この説明自体は、ブロックを隣り合わせて置けばOKの図)


しかし、さすが初心者も大丈夫とうたっているだけあって説明書さえ理解できればすんなり組み立てられます。最初に説明書でくじけそうになった人間が言うからには間違いありません。ちなみに俺は大体2時間くらいかかりました。組み立ててる時間より、ブロック探してる時間のほうが長かったんですけど。
慣れた人なら本当にあっと言う間なんじゃないでしょうか。

というわけで完成です。

IMG_1000.jpg

わあ!汚い机!

いや、そうじゃなくて。
中々大きくて良い感じです。形的にもかなりしんかい6500っぽさが出てるのではないでしょうか。胴体もなんとなくちゃんと丸っこく作れてます。記憶の中のレゴってもっとカクカクしてたんですけどね。きっと昔の技術で作ろうとしたら四角柱のしんかい6500になるに違いない。

ちなみに可動部はマニュピレーターとバスケットとスクリューと前方ライト。のぞき窓とと後方にあるJAMSTECマークがあるヒレも動くけど、動かす意味はありません。
ちょっとお値段的には高いのかしらと思うところもありますが、それでも個人的には十分満足してます。
見て良し!動かして良し!(主にスクリューを回転させるだけ)しんかい6500が好きじゃないといまいちにもほどがありそうな気がするけど、俺は良いんです!好きだから!

特に、深海のフィギュアとか持ってると遊びの幅も広がります。

IMG_1003.jpg

こんなんとか

IMG_1008.jpg

こんなんとかね!
うん!実はこれ単品だとそこまでは広がらないんだ!角度とかが固定だから。

向きは変えられますが、変えると土台からどっぷりはみ出すんでね・・・
これはまた、LEGO CUUSOOで深海のフィールドの発案をしてもらうしかないですね!誰か俺の深海レゴライフのためにお願いします!
俺は発案、投票ともにまた空想でがんばります。

2011年03月08日 | グッズ | トラックバック:0 | コメント:2

新種のクラゲ ピンク・ミーニー


mini.jpg


1メートル級、ピンク・ミーニー

恐るべき武器、ピンク・ミーニー

伸びる触手、ピンク・ミーニー

別のクラゲを食べる、ピンク・ミーニー

新種のクラゲ、ピンク・ミーニー



全部ナショナルジオグラフィックから




1つに記事まとめろよ!!

新種のクラゲで5つも記事作っちゃうナショナルジオグラフィックに軽く惚れそうになります。
ただいちいちリンク開いて確認していくのが大変面倒なので、読者としてはひとつにまとめてもらえると大変助かるんですけどね。


さて、今回新発見されたこのピンク・ミーニー。
実は発見自体は2000年に行われたそうです。しかし、その時点では既に知られているドリモネマ・ダルマティヌム(学名)と同じだという判断をされており新種の認識ではありませんでした。
ところが、10年の時を経て、ようやく新種だったとわかったようです。
それだけでなく、これがきっかけで生物の分類である「門 綱 目 科 属」でピンク・ミーニーが属する新しい科を設けさせたのです。おお、ブラボー。

ナショナルジオグラフィック曰く

 いわゆるクラゲとして知られる他の鉢虫綱(はちむしこう)の仲間とは異なる点が多いため、1921年以来90年ぶりに、まったく新しい「科」が設けられることになった。

(中略)

 アラバマ州にあるドーフィン島海洋研究所の海洋生物学者キース・バイヤ(Keith Bayha)氏は、「彼らは独立したクラゲだ。遺伝学的、形態学的に他のクラゲとは異なり、独自の科に分類できる」と話す。


とのことですが、他の鉢虫綱との違いってのが気になりますね。遺伝学的な話はわからないので、是非形態学的な違いが知りたいものです。
他のクラゲを襲って食べるようなので、その辺りが違いになるのでしょうか?

ところで鉢虫綱っていったいなんぞや?という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は一口にクラゲと言っても色々種類があります。その中でも大きく分けて3種類。

ひとつは今出ている鉢虫綱

Aurelia_aurita_001.jpg
(Wikipediaより-ミズクラゲ)

一般的なクラゲらしいクラゲですね。


次に箱虫綱

Chiropsalmus_quadrigatus.jpg
(Wikipediaより-ハブクラゲ)

なんというか、箱っぽいというか円柱型なやつ。


最後にヒドロ虫綱
Portuguese_Man-O-War_(Physalia_physalis).jpg
(Wikipedia-カツオノエボシより)

一番原始的で、ポリプなんだかクラゲなんだか良くわからないやつも。形態が多用なのが特徴。


とまあこれだけいて、実は他にもまだあったりします。

今回は、その鉢虫綱の中にある様々な科にひとつ追加になったってことですね。
ところで、このピンク・ミーニーはドリモネマ・ダルマティヌム(学名)ってやつと今まで間違われていたわけですが、そもそもこのドリモネマ~ってどの科に属してたの・・・?という問題が。ちなみに調べてもわからなかったので教えてくれる人募集です。

あと、新しい科は日本語だとどうなるんでしょうね。流石にドリモネマティダエ科ってのはない・・・ですよね?

2011年03月04日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。