スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

「深海魚 -暗黒街のモンスターたち-」レビュー

sinkaigyo.jpg

タイトル: 深海魚 -暗黒街のモンスターたち-
著者:尼岡 邦夫
刊行:2009年3月
価格:3619円(税抜き)

・傾向バランス
啓蒙書――◯――専門書
絵・写真――◯――文章

・オススメ度 ☆☆☆☆★

◯この本について
色々な深海生物の本が出ているにも関わらず、何故か少ない深海生物の「図鑑」。
子供向けとしては出されているものの、大人が読み耐えられるようなものはあまりありません。
この本は、数ある深海生物の本としては珍しいちゃんとした深海生物の「図鑑」です。

◯内容
一ページに何匹もの深海魚の写真(一部イラスト)を詰めて、その一つ一つに簡単な解説文が付いている、という「図鑑と言えばこういうのだよね」と言いたくなるスタンダードな構成です。
その為、掲載されている深海魚の種類は多く、その数や260種にものぼります。
子供の頃、意味もなく好きな図鑑を読んで過ごしてきて、まだその図鑑好きスピリッツが燃え尽きず、今深海魚が好きなあなた!これはあなたの為の本ですよ!

またこの本は全体的な構成も中々面白いのです。というのも、各深海魚を姿形などの特徴を元にして分類して、その分類ごとにまとめて載せているのです。恐らく、名前も知らない深海魚を探したい、というときにこの図鑑を紐解くことを想定しているんだろうと思います。
深海魚のTV番組を見るとき、お手元に置いてあればきっと役に立つ、かも。
また、個々の生物の解説文についても図鑑然としています。つまり必要十分な情報は載っているけど、あまり詳しさ求めるのは酷ってことです。それでも、この手の本にしては詳しく解説がされているといっていいです。
他にもコラムもあったりして割りと文章量は多めです。

さて、ここまでが良い点ですが、この本の最大の特徴でありがっかりポイントをあげましょう。
それは写真です。別に写真がピントがあってないとか、解像度が低いとかそんな問題ではないです。むしろ品質としては綺麗な方です。
しかし悲しいかな。全部標本の写真なのです。
しかも、かなりの数の深海魚がボロボロの状態の写真。何分、水揚げされてからの写真でただでさえ脆い奴が多い深海生物達なので、ウロコとかヒレが既にボロボロで、色も変色してしまっているものも多い。はっきり言って、「なにこれワケがわからない」って写真も結構あります。
水中で撮影がなされている深海生物は様々な問題からかなり少ないですし、図鑑的なものである以上できるだけ多くの深海魚の写真は載せたい、という点からこういう写真が中心になっている思われます。それは理解しているつもりなのですが、めくっている時点での残念さは拭えない。

残念といえば、軟体生物が一切載ってないのが残念すぎます。いや、タイトル自体「深海魚」ってなってるし、深海の軟体生物(ナマコ含む)は水揚されるとドロドロのぐちゃぐちゃになって悲惨の一言になるってのもわかってる。しかし!しかしだ!俺は軟体生物みたいのだ!ウワァァァン!


◯総評
写真は残念だけど、内容としては良い本です。特に紹介されている深海魚の数が多いのが大変良い。
構成も工夫されているし、解説もしっかりした内容かつコラムもあって文章量も文句なしとかなり好感が持てる本です。惜しむらくは重ね重ねになりますがやはり写真・・・もっと綺麗になれば・・・こうなってしまうのは仕方のない事と理解してますが、我儘な読者としてはしっかりした深海生物の姿を拝みたいのです。これが普通の図鑑の様に綺麗な姿だったら神棚にこの本飾ってた。きっと。
というわけで、この本は特に深海魚の知識を深めたい人にオススメ。次回作があるなら、どうにかして軟体生物をお願いしたいですね。どうするかはわからないが、どうにかして欲しい。お頼み申す。
スポンサーサイト

2013年06月24日 | | トラックバック:0 | コメント:0

「AQUAZONE Open Water 知られざる深海世界」レビュー

aquazone_deepsea.jpg


安かったので買ってみました。その価格なんと300円。安い!だけど送料がかかって800円くらいになった!送料が高い!何か損した気分!いや、それでも安いんですけど!

ちなみにこの画像だと何が何だか良くわからないかもしれませんが、これは3D鑑賞ソフトです。

深海生物が!3Dで!尚且つグリグリと動く様を!パソコンで鑑賞できる素敵ソフト!
のはずだと思って買いました。いや、その通りではあったんですが、中々こう、出来が・・・


さて、改めて概略を説明しますとこれはAQUAZONE Open Waterという水中鑑賞ソフトのシリーズ物。
この深海生物のものだけではなく、川やサンゴ礁、アマゾンなどなど様々なパッケージが用意されています。
複数の環境のパッケージを買えば、相互間でのデータの共有ができるようにもなっている。つまり、深海パッケージにいるダイオウイカをアマゾンパッケージの環境で泳がせることができるんですね!凄い!アマゾンがピンチ!

このソフトで出来ることは、
・カメラを動かす
・餌をまいて生物を惹きつける
・表示されている生物の数を調整をする

以上!!

お世話とかしないといけないのかと思ってたらそんなことはない!
ただただ鑑賞するのが目的のソフトです。大変潔い。
潜ったり採取したり飼育したり鑑賞したり色々出来るけどそのすべての要素が面白く無いクソゲー大変残念なゲームである「ディープアクアリウム」も見習って欲しいですね!


ということで鑑賞だけがメインになってくるわけですが、そうなると気になるのはグラフィックです。
さあ、どうなっているかというと!


aqa_deep5.jpg

こうなってます。
実はちょっと古いソフトだったりするので、最近の3Dグラフィックと比べると辛いですが、それでも悪くないと思えるレベルです。
うむうむ。このオウムガイの3Dモデル見てるだけで余は満足じゃ。

ちなみに出てくる生物は全部で11種。

・リュウグウノツカイ
・ダイオウイカ
・チョウチンアンコウ
・フウセンウナギ
・シーラカンス
・キンメダイ
・オウムガイ
・コウモリダコ
・カブトクラゲ
・サクラエビ
・ホタルイカ

これだけいます。意外に多い。頭足類が多くて嬉しい限りですね!皆さん!

ステージも多少工夫してあって、真っ暗な環境下で、画面に移る範囲だけライトで照らし出されているような演出になっています。
ちゃんとオブジェクトとしてはチムニーもあるし、鯨の骨もあるし、まさに"いかにも"な深海ですね!

あとは適当にカメラを動かしながらボーっと眺めるもよし、一個体だけにカメラを追尾させる設定にしてボーっと眺めるもよし、餌撒きながらボーっと眺めるもよし、何もせずにボーっと眺めるもよし。
ゲームじゃないんで「楽しい」と思うことはまずないですが、深海生物を眺めるソフトとしては悪くないかもしれません。他にそんなのないですし。


しかしこのソフト、残念なところも多々ありまして・・・

まずはカメラ。鑑賞ソフトなのにカメラがダメ。
実はこのソフトの深海は、イメージとしてはドーム型の水槽になっています。その中心にカメラが配置されているような感じになっており、中心位置からカメラを動かすことは出来ないのです。
当然周りを見渡すような動きは可能ですが、奥の方に移動するような行為ができない。
これによって、生物を回りこんで眺めるという行為が全くできない状態になっています。

カメラを生物追尾モードにした所で一点から視点移動と拡大縮小を駆使して行うので、見たい角度に設定することは永遠にできないという欠陥を抱えています。
さらに、見ていた生物が岩の後ろに行ったら最後、非情な岩映像が目の前で繰り広げられるというエキサイティングカメラなのです。

そしてズームも限界があってですね・・・

aqa_deep2.jpg

普通ならこんな感じである程度はっきり見えるはずのダイオウイカ君も、


aqa_deep4.jpg

遠くに行けばこの有様。
しかも中々近くには来ないで、ひたすらに外周を回り続けるのでまともに見れる機会がレアという。
どうやらダイオウイカは何かにぶつかったら方向転換という行動規則のようだけど、
壁に向かって突進

方向転換で横に

環境がドーム型なので壁にそって動くためぶつかることがない
ということが平然とおきます。だから中々近くに来ない。本当に来ない。
良いんだよ!そういうレア感の演出は!もっと近くに来させるようにしてくれよ!


あと残念なのは動き。特にダイオウイカとコウモリダコなんですけど、ダイオウイカは上の写真の状態から足を若干ウゴウゴさせながら横にすっ飛んで行きます。コウモリダコは足を半分広げた状態でウゴウゴしながら横にスルスル動いていきます・・・
ダイオウイカはギリギリ許しますが、コウモリダコはフィギュアがうごめきながら移動してるようにしか見えないので、せめて足閉じさせて欲しい。
他の奴らは、基本的に動いてるんだか動いてないんだかよくわからないスローペースなのであまり気になりません。


あとエサね。
撒けば生物が寄ってくるんですが、

aqa_deep11.jpg

コワイ。

エビとオウムガイばかりが寄ってきます。しかもオウムガイはおよそオウムガイとは思えないスピードで餌に群がってくるので恐怖を覚えます。しかもぶつかり合ってグラフィック処理上の関係で他の個体に当たるだけでガクガク動くもんだから、コレは本当にオウムガイなのか?という疑問が膨れあがり、もう何を鑑賞してるのか、何を鑑賞したかったのかを深く考える必要に駆られること間違いなし。
ということで、餌がまともに機能しなくて使い道がありません。



まとめとしては、"深海生物の鑑賞ソフトというニッチな商品"というところに価値がある物だと思います。
中身は、本当にカメラが残念。動かせば動かすほど不満が出てきてしまいます。
しかし、動かさなければ実はさほど問題はないので、完全に固定カメラにしておいて往来する深海生物を眺める。というシンプルな使い方が最も良い使い方なのかもしれません。
スクリーンセイバーに使う分には文句はさほどないでしょう。

ちなみにこのソフトの発売は2007年。今から6年前というちょっと古めの品物だったりします。
AQUAZONEシリーズ自体、もう終ってしまっているようでまだ続いてたらもっとリアルだったり、カメラを自由に動かせたりするのかなと思ってしまいます。
ちょうど深海生物のブーム的なものが来ている気が多少するので、これを気にまた深海のゲームとかソフトとかでないかなぁと期待してしまいます。

2013年06月01日 | グッズ | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。