スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

変わる名前は差別用語で

「バカジャコ」はダメ、差別語含む魚30種を改名へ


な、バカジャコは俗名だってずっと思ってたのに!!!

また夢を壊されて大人になっていきます。(夢なのか?)


というわけで、差別語が入ってる魚が改名されるそうです。

しかし「メクラ」はともかく、「イザリ」「オシ」「ミツクチ」なんて始めて聞きました。

俺と同じでそんなの聞いたことねぇよ!って人の為に駄目翻訳でおなじみのエキサイト様から意味の転載をしておきます。

・メクラ・・・目が見えないこと。また、その人。
・イザリ・・・足が立たない人。
・オシ・・・ 話しことばを発することができない状態。また、その人。
・ミツクチ・・・ 口唇裂の俗称。兎唇
(以上エキサイト辞書から転載)


正直、もう言う人がいないくらい差別語として薄れているなら良いんじゃないのかと少し思いますが、名残があるだけでも嫌な思いをする人もいるかもしれませんからね。

変えるのは良いことなんじゃないでしょうか。

しかし、改名後の名前がいけません。なんというか、つまらないです。

「クロメクラウナギ」を「クロヌタウナギ」とか普通過ぎます。

せっかく改名するのです。もう少し面白みのある名前にしてはいかがでしょうか。ウミウシみたく。


「クロメクラウナギ」を「クロノットハブアイウナギ」とか。


・・・・・俺の英語力はこんなものです。

2007年01月07日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/230-b1a582c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。