スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

オウムガイに敬意をはらえ

スティールボールランを読んでいたら、黄金螺旋の話が出ていたので、ちょっとお話を。

さて、まず黄金螺旋とは!!


説明が面倒なのでこちらの解説されているサイトを読んでください。

黄金比 (wikipedia)

示野 信一のホームページさん  黄金比


読むのが面倒だったら、スティールボールランの11巻を買うと良いのです。

11巻だけ買うのもなんなので、1巻から11巻まで買うが良いのです。


それもしたくないって人は

「黄金螺旋とはもっとも美しいとされている螺旋。要するに黄金比から出来ている螺旋。

ということを頭に置いておけば問題ありません。

なにせ今からする話は、途中から黄金比が関係なくなるからです。

説明を一生懸命読んでしまった方、申し訳ありません。


さて、この生物界にはなんと黄金螺旋を持った生命体がいます。

それは!

オウムガイです!

そう、何を隠そうあの貝殻のまき方は黄金螺旋に他ならないのです!




というのは実は嘘でして。

実は黄金比で作られてはいないんだそうな。
(参考:オウムガイに黄金比?

ちなみにこの事実を知ったのはたったさっきです。

どこかで見た小学生向けの図鑑の説明を鵜呑みにしてましたよ、うははははーーー

笑えないぜ・・・


さて、なんでオウムガイの殻はそんな形に渦を巻くのか。

面白い形してますよね。

アンモナイトと比べるとずいぶんユーモアです。


wikipediaのオウムガイの項の殻の断面図を見ていただきたいのですが、

小さい部屋がいくつもありますよね?で、最後にでっかい部屋がどーんと。

その最後にあるでっかい部屋にオウムガイの体が詰まっているわけです。

そして、その前にある小さい部屋はなにかというと、そこはオウムガイが最後の部屋に入る前に住んでいた場所ではないかと言われています。

つまり、最初は小さい殻で部屋もいくつもない状態で、

そこから本体が成長して住んでいる殻が窮屈になったら殻を増築。

そして、前にいた場所からずずいっと進んで自分の後ろに壁を作る。

こうすることによって、徐々に徐々に殻を形成するので部屋がいくつもできるわけですね。

で、成長するにしたがって殻の口も徐々に広がっていくのであんな形になると。

で、あんな形になったんで黄金螺旋と勘違いされたと。


ちなみに殻の増築については未だに分かってないこと多いみたいです。

本当に上に書いたように殻を増築させていくかということも確かめることができないそうで。


ちなみにアンモナイトの殻の作り方は知りません。

参考文献見つかんないんだもの!

そもそもとっくの昔に絶滅した種だからわかりようもなさそうです。



オウムガイの殻の作り方の参考文献

オウムガイの謎 (ISBN4-480-04107-9)

2007年03月04日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:2

コメント

私のHPを紹介していただきありがとうございます。
私のブログからTBさせていただきました。
オウムガイの螺旋=黄金螺旋説は、テレビでやるだけでなく中学や高校の授業で、自然の不思議として教えられることがあるのです。ゆとり教育の中で、先生たちが専門外のことを聞きかじりの情報でやってしまう。
生徒のなかに「ほんとかよ」という悪がきが出てくれば良いのですがね。

2007年03月04日 | URL | SUBAL #WQD13.XY | 編集

こちらこそ、「オウムガイの殻は黄金螺旋というのは嘘」ということを分かりやすく解説していただきありがとうございます。非常に参考になりました。
本当にずっと騙されてきましたからね。それはもう中学生の頃から。
あと少しで間違った情報をこのブログに載せるところでした。

確かに中学高校でこのような間違った情報を伝えられるのは怖いですね。
まさに私がこうして21歳まで気付かずに信じ続けてたわけですから。
しかし、本当に怖いのはTV等のマスメディアで間違った情報を流すことだと思います。
あれは、とても大きい力を持っているにも関わらず割と平気で嘘ついたりするからいけません。
最近のあるある大事典が良い例ですね。
とにかく、何でもかんでも鵜呑みにするのは良くないことだということがよーく分かりましたよ、今回は。

2007年03月05日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/269-6a95c57a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。