スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

進めニセ科学

Newsweekニセ科学特集だったので買ってきました。

もう3日も前に買ったんですがね。しかも、最新号が7日発売だからもう書店においておりません!

もし興味を持ったら注文してください!

その際、もし出版社に在庫がなくても本屋を恨まないでください。

本屋は悪くないです。本当に。でも、ありえない言葉遣い、接客態度のときは切れて良いです。


さて、この雑誌は元がアメリカの雑誌なので、このニセ科学特集もアメリカのお話です。

読み始めは「やっぱりアメリカでもあるんだなぁ・・・」とか思ってたのですが、

深夜の通販を見る限りどう考えても日本よりレベルが高そうなのを思い出しました。

ガスマスクつけながら

「従来の風呂掃除ではこのような・・・」

とかいう通販番組組めるお国ですからね。あの番組は今でも忘れられません。

しかし、この特集読み進めると日本も大して変わらない印象を受けます。

低脂肪商品とかマイナスイオンとかアロマセラピーとかモーツァルト効果とか、日本でも流行ったようなものばかり。

アロマセラピーとモーツァルトはちょっと微妙かもしれませんが、まあ知ってる人は知ってるはず。

こうしてみると、ニセ科学の影響力は恐ろしいですな。

広まると日本だろうがアメリカだろうが止まるところを知らないかのごとくです。


この特集にも書いてありますが、やっぱり悪いのはマスコミなんでしょうね。いや、全部マスコミのせいとは言いませんけど。

適当な情報を流しすぎなんですよ。

ちょっと極端かもしれませんが「面白ければ」「視聴率取れれば」「商品売れれば」それで良いって考えが多すぎる気がします。

商売として、その考えが必要なのはわかります。

しかし、人を騙してまでお金を稼ごうってのはどうなんですか?

そこらへんの詐欺となにが違うのかわからなくなってきます。

せめて本当に科学的証明がなされてから紹介していただきたい。


しかし、こういうニセ科学を糾弾しようという動きは良いですね。

もっとこういうのが広まれば、ニセ科学も減るのかもしれません。


と、いうわけでニセ科学に興味があるんだったらNewsWeekの3月7日号はオススメです。

書店にはもう置いてないけどね!

この出版社が在庫を取って置く出版社だったらきっと注文すれば大丈夫。

在庫を取っておかない出版社だったら・・・ご愁傷様です。


ちなみに余談ですが、集英社は雑誌の在庫を取っておかないタイプ。

「ジャンプ買い忘れたから取り寄せして~」とか言われても無駄無駄無駄ァ。すでにジャンプは燃え尽きるほどヒートした後です。

2007年03月09日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:2

コメント

それは、有りうることだけに、・・・・

あ、こんにちは、はじめてお世話になります。
深夜のTVを見てると「こんなのあり?」てのがありますよね。私はアメリカの人は、逆にそういう広告を覚めた目でみてるんじゃないかなと思っているんですが、全ての人に冷静な目を求めることを期待することも無理ですからね・・・

図書館を探してきます。

2007年03月09日 | URL | デハボ1000 #XLT4tnPo | 編集

はじめまして。
深夜の通販番組、面白いですよね。あの胡散臭さがたまりません。
でも、確かに言われてみればあんなものを見せられたら目も覚めますよね。
しかし、騙しているようなものには変わりないですし、騙される人もいるでしょうし、野放しは流石にまずそうです。
いや、面白いとはいえど。

そういえば、図書館という手がありましたね。
最近全く行ってなかったので盲点でした。

2007年03月09日 | URL | なんたい #- | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/274-4e04587c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。