スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

高校の夏休みの宿題を出した覚えがない

最近忙しくて全然飲めなかった酒を久々に飲もうと思って日本酒を買ったんですよ。

2500円くらいのやつを。

俺は貧乏なので2500円は大盤振る舞いです。自費で買う分には最高クラスです。

それはもう楽しみに冷蔵庫の中に入れておりました。



で、一昨日バイトから帰ってきたら


親父と叔父さんに全部飲まれてた。



声を上げて怒りたかったが、叔父さんという客人の手前怒るわけにもいかず、笑って許したという。


というわけで、6年ぶりに叔父さんに会いましたよ!(血涙)

俺の叔父さんは心理関係のカウンセラーをやってるそうで、色々面白い話を聞けました。

たとえば、俺は

アスペルガー症候群ってやつらしいとか。


発達障害ってやつらしいですよ。

お、俺は病気だったのか!どうりで変態扱いされると!

そうですか、病気だったらしかたがありませんね。せっかくだから誰か保護してあげてください。


という冗談はさておき。

アスペルガーの傾向が強いってことらしいです。

特徴としては、

自分に興味のあることには一心に取り組むが、興味のないことには触れようとすらしない。

って感じらしいです。まさに俺そのもの。


まあ、せっかくですからwikipediaでも調べてみたところ。

自分の興味のある分野に関しては他人に比べて遙かに優秀であることが誰の目にも明らかなのに、毎日の宿題にはやる気を見せない

とか。

うわぁ・・・当てはまりすぎ。宿題の部分が。夏休みの宿題をまともにだした覚えがありません。

まあ、他人と比べてはるかに優秀な部分がないのが相違点ですか?悲しいことに。駄目アスペルガー。


とまあ、俺が本気で発達障害だったらしいことにショックを隠しきれないわけですが、

叔父さんいわく、「なんら問題ない」らしい。

むしろそういう性格は社会にとっても必要なんだとか。

広く興味を持つ人は、物事を表層だけでみることが多くなってしまうので、物事を深く掘り下げることができるようなアスペルガーの傾向がある人は必要不可欠とかなんとか。


なんか久々に自分のことについて考えされられました。


ああ、あと酒のうらみは忘れてないんで。叔父さん。いつか絶対酒を奢らせちゃる。

2007年03月14日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/276-75fefdb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。