スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

勘違い土壌人

dojou.jpg


土壌汚染に説明人?も、もしかして右のドジョウですか~!?

洒落が効いてる上に面白そうな記事だぜ!早速クリック!!



なんのことはない、

「土壌汚染に説明人・・・環境庁が新制度」

という記事と

「何かの吉兆?オレンジ色のドジョウ、広島で発見」(写真の方)

という記事が別々に存在していただけという悲しいお話。

その前に見出しくらいはちゃんと見ようと思いました。

ちゃんと関係なさそうなことが書いてありますね。はい。


とりあえず、上のほうの記事は興味ないんで、今回はオレンジ色のドジョウ君について。

今回のドジョウはアルビノの一種らしいですね。

とりあえず、白くないってことにちょっと驚きです。アルビノ=白っていう偏見がありましたよ。

確かに色素を作る能力がないってだけですから全部が全部白にはならないのかもしれません。よくわかりませんが。


それはともかく、捕まえた人は「吉兆」として可愛がっているみたいですが、アルビノは「凶兆」ととられる事もあるそうですよ?

実際、遺伝子の異常なんですから吉兆よりは凶兆の方が近い気がします。

凶兆とは知らずぬくぬく育てている住本さん。安否が気遣われます。


しかしまあ、あれですよ。農業用水路で遺伝子異常のアルビノとなっちゃあ


「その農業用水路は既に放射能で汚染されてるんだよ!」

「な、なんだってー!?」


ってことしか思い浮かびません。

で、その水路の近くに怪しい工場みたいのがあって、その工場が出来たのが1999年の8月だったりするんですよ。


MMR読みすぎだと思いました。

2007年04月09日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/290-b71f6238

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。