スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

野生じゃなくても十分凄いとは思うけど

野生ではなく農場で飼育と、少年射止めた巨大イノシシ


先日しとめられた巨大イノシシ。

実は野生じゃなかったそうです。

農場で育てていた人があまりにもでかくなって手が付けられなくなったから売りに出していた物を、狩猟区の人が買い取ったそうな。

ちなみに、農場の人はそのイノシシを妻のプレゼントとして買ったそうです。

プレゼントにイノシシとは。流石に文化の違いってやつを感じずにはいられません。


さて今回の記事をまとめると、誰かが捕獲、もしくは飼育したものを農場の人が買って更に飼育、その後持て余して狩猟区の人に売ったということになります。

しかしこのイノシシ、農場の人が買ったのは2004年なのでこの3年間で農場の人が普通サイズからあのサイズにしたとは考えにくいです。

つまり農場の人が、野生で既に大きかった物を捕まえたものを買ったのか、それとも普通サイズだったものを大きく育てたものを買ったのかは未だにわかってないんですよ。

少なくともこの記事の中では。


しかしまあ、普通サイズのをでかくしたのだったら、本当になに食わせたんだって話ですよね。

普通にやったらあんなことにはならなそうですし。

それこそジャック・ハンマーばりの肉体改造が必要になります。

そんな改造されたイノシシをソーセージにしたが最後、

これがドーピングイノシシソーセージだ・・・(クシカツ)

みたいになるのがオチです。


それだったら自然で大きくなったものを捕まえたと考えるのが自然かもしれません。

自然でも何食ってそんなでかくなったんだという疑問がでるかもしれませんが、そこは大丈夫。

昔から突然大きくなる原因は放射能と決まっています。

多分、あのイノシシは炎とか吐けたはず。

今回はオキシジェンデストロイヤーを打ち込まれて死んでしまったようですが、第二第三のゴジ・・・じゃなくてイノシシが現れるかもしれません。

周辺の皆様は要注意です。

2007年06月05日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/329-e727cbba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。