スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

沖縄クシクラゲ

新種クラゲ 琉球海溝で発見 海底に糸で体つないで生活?


20070612-00000006-maip-soci-view-000.jpg



クシクラゲの新種だそうです。

体から右に伸びてるのが触手、下に伸びてるのが糸状の何かだと思われます。

基本的にクシクラゲの触手は1対2本のはずなので、地面に延びてるのは「糸状の何か」としかわかりませんね。


さて、クシクラゲなのですが、実はエチゼンクラゲとかミズクラゲとかいわゆる一般的なクラゲとは全然違う生き物です。

それはもう格が違います。普通のクラゲに「この下等生物がッ!」って言えちゃう位。

すみません、言い過ぎました。

というか、別の生き物だから下等もなにもありません。

まあ、どこが違うのかさらっとまとめると。


~ここがすごいぞ!クシクラゲ!~

・普通のクラゲは刺胞動物だけど、クシクラゲは有櫛動物だぞ!

・刺胞動物じゃないから刺されても痛くないぞ!というか、刺さるものがないぞ!

・プランクトンをネバネバの触手で捕らえるぞ!

・そもそも触手がないやつもいるぞ!

・櫛板という繊毛が光を反射してキレイだぞ!それを動かして泳ぐこともできるんだ!


こんな感じでしょうか。

なんか子供向けのまとめかたっぽい感じがしなくもないですが、気のせいです。

まあ見た目がクラゲみたいですから、クラゲって言われるんですけど、実はかなり違うんですよ。中身が。

内臓はもちろん、ポリプにならないとか、雌雄同体とか。

何はともあれ、全然違う生き物なんですよ。本当に。

それもそのはず、有櫛動物のクシクラゲは刺胞動物のクラゲが生まれるはるか前に枝分かれした種らしいですから。

だから全然違うのです。

それこそ犬と猫を比べるようなもんです。むしろそれ以上です。・・・・多分。


自信がない文には大抵「多分」が付くところが俺がチキンたる所以だと思います。


追記:
letterwritingdayさんの旅をする木でご紹介いただいてます。
いつもありがとうございます。

2007年06月13日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:4

コメント

すいません。またまたトラックバックさせていただきました。おゆるしを。

2007年06月16日 | URL | letterwritingday #- | 編集

許しだなんて。
むしろこちらがお礼を言わねばなりますまいですよ。
ありがとうございます。

さてそれはともかく、今回もトラックバックされておりません。(泣)
え、えーと、よろしければもう一度だけ・・・お願いできますか?
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/335-e7bac7d4
これがトラックバックアドレスです。
また呪いが発動したらこちらから手動でトラックバックもどきさせていただきますので。

2007年06月17日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集

いかがでしょうか?
呪いを解く言葉はなんでしょうね? 
バルス! ちがいますね…
(^^) 

2007年06月17日 | URL | letterwritingday #- | 編集

とほほ・・・呪い発動中であります・・・
教会に行かなければ解除が出来ないようです。

とりあえず、今度徹底的に調べてみます。
ご迷惑おかけします。本当に。

2007年06月17日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/335-e7bac7d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。