スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

いきなりナメクジを語る

最近俺の中で「ナメクジ」が熱いです。



・・・読者の皆さんが凄い勢いで引いていくのを感じます。

待って!ブラウザ閉じないで!



まあ話を聞いてくださいよ。

話っていってもナメクジを自慢するだけなんですが、まあ聞きなさい。(命令口調)



まずナメクジなんですが、前々から言っているように巻貝の仲間です。陸に上がって肺呼吸しているナイスな巻貝なのです。

巻貝の仲間じゃないやつもいるんですが、ここでは取り上げません。基本は巻貝の仲間ということで。

その容姿からどこが貝だよ。と思われるかもしれませんが、ナメクジはカタツムリがその背負っている殻を脱ぎ捨て進化した姿なのです。

だから、貝とはかけ離れた姿をしているわけですよ。逆にカタツムリはまだ巻貝っぽいですよね。


さて、海にもそんな進化をした動物いましたよね?

貝なのに殻脱ぎ捨てて進化しちゃったやつが。

そう、ご存知ウミウシ君たちです。

ウミウシは巻貝が殻を無くして進化したものなのです。

つまり!ナメクジは陸上のウミウシと言っても過言ではない!

熱い!いやぁこれは熱い!

陸上のウミウシ。ずいぶんそそられる言葉です。自分で言っておいて。



まあまあ、待って。他のページに飛ぼうとしないで。

もう少し話を聞きましょうよ。ここからが良いところなんですよ。ナメクジの。



さて、殻を捨てたナメクジ君。

殻を捨てたメリットとしては、動きやすい、ってことなんでしょうね。その伸縮自在の体を存分に活かして細いところでも通れるのです。

すばやさがアップ!

しかし、乾燥には弱いです。

カタツムリは空気が乾燥してきたら殻にこもってやりすごせますが、ナメクジはそうはいきません。

ナメクジに塩をかけて退治したりしますが、あれは塩がナメクジの水分を奪っている為にナメクジがからっからになって死んでしまうのです。

同じように、乾燥しているところにいると水分を奪われて死にます。ねばねばコーティングがあるので、多少は大丈夫ですけど。多少は。

ちなみに塩で干からびかけても水をかければ復活するので、いじめられてるナメクジを見たら水をかけてあげてください。

この点ではウミウシは海の中なので乾燥する心配もないので良いですね。

・・・・・・・ウミウシに塩かけてみたいなぁ。やっぱり縮むんでしょうか。気になります。

さらにデメリットしては、殻がなくなったことによって外的から身を守るすべがないって事ですかね。

そこらへんはウミウシも一緒ですが、ウミウシは身を守るすべを身に付けているものがたくさんいます。

例えば、ミノウミウシ類はイソギンチャクとかの毒針を盗むことができるのです。イソギンチャクの毒針を食べたりして、体内に取り込んで、自分の武器にできるというすごいやつなのです。他のウミウシに比べて可愛くないとかいうんじゃありません。あれは機能美なのです。

とまあ、いきなりミノウミウシの話になってしまいましたが、そんな風にウミウシは色々防御機構を持ってたりするのです。

他のウミウシも毒草を食べたりして自分をまずくしたりして身を守っています。

それに比べナメクジの体たらくと言ったら。

でも、草食なのでもしかしたらウミウシと同じで毒草を食べて自分の身をまずくしているのかもしれません。もしくはネバネバのコーティングが凄い毒だったりまずかったり。

資料が全くないので凄い憶測ですが。

そういうことを考えると、「なんで殻捨てちゃったのかな」と思いもしなくないですが、そこがナメクジの良いところ。

なあに、これから進化すれば良いんですよ。毒キノコとか食べられるようになって自ら毒もちになれば良いのです。

そうすれば、殻がなくて自由だわ、食われないわで正に天国ですよ。

頑張れ、ナメクジ。

「これからが良いところ」とか言っておきながら全く良いところが書けなかったけど、まあ気にしない。



どうです?面白そうな生物でしょう?

熱くなってきませんか?

きませんか、そうですか。


それにしても、ナメクジは調べれば調べるほど扱いの酷さに泣けてきます。

カタツムリも似た様なものなのに、

カタツムリ=愛でるもの  ナメクジ=抹殺

という素晴らしい意識の違い。

グーグルでカタツムリって入れると飼い方とか腐るほど出てくるけど、ナメクジだと駆除の仕方がいっぱい出てくるよ!

良いじゃない!ナメクジ!

2007年07月31日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/362-36122b54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。