スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

生物にバーコード

地球上の全生物種データベース化を目指すプロジェクト開始


生物一種一種にDNAによるバーコードをつけて識別しやすいようにしようぜって話なんですが、

非常に面白そうです。


この計画が進んで、尚且つ技術も進歩すれば機械をその生物に当てるだけで詳細が見れるようになるかもしれないんですよ。

もっと技術が進歩すれば写真とかを撮るだけで詳細がわかるようになるかも!

ハンディカメラとかデジタルカメラとかにデータベースが入っていて、そのカメラで生物を映せばすぐに詳細が出るようになったりするかもしれませんよ。

写真、動画でDNAがわかればって話になっちゃいそうですが、そこはほら、未来のテクノロジー様ってやつで。

まあ、カメラの範囲内にいる生物の詳細をだしたら凄くうっとうしそうですけど。

特に森だと木とか地面にいる微生物とか昆虫とかその他生物を写す羽目になるので大変なことに!

地面にいる昆虫のことが知りたいのに、ダニとかが地面にいすぎてダニとかの情報で画面が埋め尽くされるとか。

俺はアリの情報が知りたいんだよ!いいんだよ微生物は!

と悲痛な叫び声が森にこだましそうです。

そこはまあ、工夫次第ですけどね。

別に写真と同時に表示する必要はないのですから、別画面でリストに出せば良い事だよね!良く考えれば!


と夢は膨らむばかりです。

まあそんな技術進歩がなくても今のままでちゃんとメリットはあるみたいです。

それは、新種の発見、ってことらしいですよ。

もちろん、新種と思われるものがデータベースに登録されているかどうか調べることが出来ることもですが、

今までデータベースにある種と同じものだと思っていたものを調べたら、実はデーターベースにない新種だったってことが判明したりするらしいのです。

同じ姿なのに違う種ってのも面白い話ですね。

逆に、違うと思ってたら同じだったというがっかりケースもありそうですが。


・・・ダイオウイカは結構な数の学名があり、それぞれ形も違ったりするんですが、それらはDNA的にあまり違いがないそうです。

ということは、このデータベースが完成した暁には一つにまとまってしまったりするんでしょうか。

気になります。

まあ、完成する頃にはそのことについての決着もついてますよね。きっと。



ところで、上の記事内で

同技術を利用すれば、外国から違法な魚や木材の種が入り込むことを阻止し、蚊などの害虫を駆除することができる上、鳥と航空機の衝突回数を減らすこともできる可能性があるという。

とあるんですが、どうやったらそういう風になるのかわかりません。

まあ、違法な魚とか木材はなんとなくはわかります。

データーベースで調べたら違法なものかどうか一発だぜ!ってことですよね?多分。

しかし、蚊が駆除できたり鳥と航空機の衝突回数減らしたりできるのは何でかさっぱりです。

教えて!偉い人!

2007年09月22日 | その他ニュース | トラックバック:1 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/394-3d203a36

バーコードバーコード(Barcode)は、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子。数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い、一次元のコードに変換、デジタル情報として入出力できるようにしている。バーコードは横方向にのみ意味があり、表すデータも数列や

2007年10月02日 | デザイン用語【な~わ行】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。