スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

続2007年のイグノーベル賞

イグノーベル賞の平和賞を受賞した同性愛爆弾を検索してうちに来る人が結構いるみたいです。

みんな、ちょっと落ち着いて自分が入力している単語を見つめなおすと良いと思います。いや、人のことは言えませんが。

とりあえず、同性愛爆弾の解説が全くなくて申し訳ありません。むしろ俺が情報が欲しいくらいなので書くこともできません。

もっと情報がほしい人は同性愛爆弾じゃなくてゲイ爆弾で検索すると少し幸せになると思いますよ。




「ウシのふんからバニラ香料」日本の山本さんが2007年度イグ・ノーベル賞を授賞


というわけで昨日に引き続きイグノーベル賞の話題です。

昨日はCNNの方のニュースでしたが、上のはAFPBBのものですね。

CNNとは違い写真が多いです。解説文も結構違い、良くわからなかった

・文学賞…「物をアルファベット順に並び替える際に、英語の定冠詞『the』によって引き起こされる混乱について」

・栄養学賞…「底がないスープ皿で自動的に給仕される場合における、人間の食欲の限界について」

の2つがなんとなくわかるようになりました。個人的に。

特に栄養学賞はこの写真でようやく理解できましたよ。

sokonasi.jpg
(例のごとくAFPBBから失敬)

そのボウルの下に付いている管から永遠にスープが支給されるんですよね?

で、それで人間の食欲の限界を調べたと。多分。

・・・・・・・うん、すごいんだかすごくないんだか良くわかりません。

底なしとか書いてあるので最初、「ボウルの底が無くて、支給されるのに食べられない状況に置くのか?」と思っていましたよ。

日本語難しいです。


それにしてもこういう風に写真が多いのは良いですね。

式の空気が少し多めに伝わってくる感じです。

特に、この例のバニラアイスクリームを食べているノーベル賞受賞者たちの写真がなんとも言えません。

あと、このノーベル賞受賞者たちから賞を受け取っていると思われる写真も素晴らしいです。

これだけ見ると何の学芸会だよって感じですね。右の黒い鳥?っぽいのがノーベル賞受賞者だと思います。

頼まれたのか何なのかは知りませんが、ちゃんとこんな格好をしてくれるノーベル賞受賞者が素敵です。ノリが良すぎです。

とりあえず、改めてテーマのチキンって何だよって突っ込んどきます。写真見ると何回でも突っ込みたくなるんですよ。


それにしても本当に楽しそうだなぁ。

馬鹿にしているという批判もあるみたいですが、俺には面白い研究、開発をした人たちを純粋に称えているだけに見えます。

・・・たまに違いそうなのはありますが、それはともかく。

まあ、こういう冗談が嫌いな人もいるとは思いますからね。批判は仕方ないのかもしれません。

来年も面白く式をしていただきたいものです。

2007年10月07日 | 雑学 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/401-e1b69d84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。