スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

前の深海クシクラゲの話の続き

前に取り上げた深海のクシクラゲがJAMSTECコラムで取り上げられています。

リニューアルしてからこういう一般の人向けの記事が多めになりましたね。良いことです。

まあ、JAMSTECにアクセスして深海の情報を得ようとする人は「一般の人」なのかどうなのかは置いておいて。


なにはともあれ俺はこのコラムで、

このクラゲがフウセンクラゲの仲間であること、
胴体の大きさが10~20cmであること、
水深7,212m付近にいたこと

を初めて知りましたが、そんなことは当初から公開されていただろうと思われるデータなので、特に新しいことが判明したということはないようです。

あとは、

この地面に糸をつけて動かないクラゲがあの面積の少ない触手を伸ばしてプランクトンを捕るだけで生きていけるということは、意外と深海って栄養になるもの多いんじゃないの?

という考えがこのクラゲから生み出されているようで。

個人的にはただの超省エネ野郎だと思ってるんですが、どうなんでしょうか。やっぱり無理がある考えでしょうか。


それ以外は特に目新しいものはありませんね。

アレです。良くわからないことは良くわかったというやつです。




それにしてもこのコラム、なんで今更?とは思ったのですが、これJAMSTECが発行しているBlue Earthから抜粋したものなんですね。

7、8月号からの掲載ですから、どうりで今更のはずです。

ちなみにBlue Earthは無料でバックナンバーが見られますよ。

俺も前は良く閲覧していたのですが・・・・・・いかんせん見づら過ぎです。

PDFファイルな上に一枚一枚見ていかないといけないのが面倒で面倒で。

やっぱり定期購読しないといけないかなぁ。

2007年10月23日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:2

コメント

あー、そういえばコイツのことはすっかり忘れてました.
ずいぶん深い所にいたんですね.どうやって海底に糸を固着
させたのかが知りたいところです.

ひさびさにJAMSTEC見てきました.なるほどリニューアルされてる.
フツーになったというかゴチャゴチャうるさいというか.

「PICASSO(ピカソ)」が活躍してるんなら、最近の画像を公開してくれませんかね.
あの名作『深海生物』が92年、『同Ⅱ』が98年.
もうだいぶ映像がたまったんじゃないですかー?

2007年10月23日 | URL | トースケ #- | 編集

あの作品もそういえば古いものですよね。
LDでも出ているくらいですから、そりゃ古いです。
あれ以外の深海生物の映像作品といえばプラネットオブアースの第11集が出てるくらいですから、新しいものがそろそろ欲しくなってきますね。

あとは、GODACのデータベースに動画がありますのでそれで飢えをしのぐしかありません。
でもGODACのデータベースは新しいものが追加されていくわいっぱい動画があるわで、飢えをしのぐどころかそれでお腹いっぱいにもできる素敵サイトだったり。画質はお察しですが。
その代わり死ぬほど見づらい、検索しづらいんですけど。
本当にどうにかしていただきたい。

2007年10月24日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/408-18f6b075

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。