スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

シーラカンスの解剖

「生きた化石」シーラカンス解剖の様子を一般公開
―最先端の科学技術でシーラカンスの謎に挑む!-



おお、シーラカンスの解剖とは是非見学に行かねば、と思ったのですが、

これ今日じゃないですか。

この記事見つけたのがついさっきだったのが悔やまれます。

今日は昼からバイトなんですよね。


・・・・・・・サボるか!?サボっちゃうか!?

いや、ただでさえクリスマスを前にしている上に、当日に「休みます」とか言おうものなら、次の日俺の命が確実に消えているので、流石にできそうにありません。


ぐうぅ・・・

ああ気になる!

シーラカンスの内臓がどうなってるのか気になります!

そういえば、シーラカンスの内臓が載ってる書籍ってない気がしますね。

どこか、シーラカンスの解体図みたいなの載せてある書籍作ってくれませんかね。

この際ニュートンとかの特集でも良いですから。

まあ、例えそんな解体図が載ってある書籍がお手元にあったとしても解剖を見に行きたいのは変わらないんですけど。

やっぱり、映像でも良いから生々しいのが見たいんですよ。生々しい内臓が見たいんですよ!



後日インターネット配信とかしてくれないかなぁ。

希望者に販売でも良いよ、この際ですから。いや、本当に見たい。

頼みます!東京工業大学さん!


ってこれ東京工業大学かい!(今更)

東京工業大学に生命理工学研究科なんて生物扱うところがあったんですね。

初めて知りました。

工業大学ってイメージ的に機械的な何かしか扱ってないような感じがしていたので、少し驚きです。


と己の無学さを最後にさらして、今日はここまでといたします。

2007年12月22日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/436-692f81ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。