スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

シーラカンスの日なんて初めて知った

東工大でシーラカンス解剖、秋篠宮さまも見学


シーラカンスの解剖の件、早速記事になってますね。

今回見に行けなかったのは非常に残念でしたが、この記事でちょっと希望が湧いてきました。

何せ

東工大では今後、保存中のもう1体のシーラカンスも解剖し、DNA解析による進化の系統解明をめざす。

とあるように、もう1体のシーラカンスも解剖ですから。

もちろん今回と同様に公開してくれるんですよね?しますよね?してくれるに違いありません。やりなさい。



それより、

シーラカンスが世界で初めてアフリカで発見されたのは、1938年の12月22日で、この日は「シーラカンスの日」とされている。


ちゃんと意味がある日に解剖行ったんですね。一応。

というか、そんな記念日作っても活用されることないでしょうに。いや、今回活用されたけど、もっと他のことにですよ。

こう、一般的には使えないじゃないですか。

記念日だからってシーラカンスを食べられないわけですし。


…記念日=何か食べるという発想は貧困すぎますかね…

あれか、シーラカンスの日にシーラカンス型のケーキを作って食べればいいのか。(根本的に変わってない)

2007年12月24日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/437-cfeb704c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。