スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

マグロに水銀

マグロの刺身から水銀、米ニューヨーク

【1月24日 AFP】米ニューヨーク(New York)市内の複数のレストランのマグロの刺身から、基準値を超える水銀が検出された。米国の新聞が23日に報じた。(c)AFP


以上全文。

あまりにも短すぎてシュールです。全7枚も写真がありますが、全てマグロの切り身の写真です。

そんなもの見せられても困ります。見て水銀の量がわかるわけでもなし。2枚くらいで十分ですから!


でも、こういう余計なことが書いてないすっきりした記事は嫌いではありません。

無駄に煽動する事もなく、淡々と事実だけを書いているところにしびれるあこがれる。


それはともかく、マグロは水銀を貯めやすい生物であります。

何故かと言うと、マグロが食物連鎖の上位にいるからなのです。


そう、例えば水銀が海に満遍なく広まっちゃったとします。

そして、全ての生物が水銀を体内に蓄積しちゃったとしましょう。

そうすると、他の生物を食べれば食べるほど水銀が蓄積されてしまうことに。

つまり、水銀入りの小型の生物を食べる中型の捕食者は、小型の生物を食べた分だけ水銀を蓄積し、

その中型の捕食者を大型の捕食者が食べて更に水銀を蓄積し、

それより更に大型の捕食者が・・・

と食物連鎖の上に行けば行くほど、食物連鎖の下にいる生物達の水銀を蓄積していくことになるのです。

これを生物濃縮と言います。


妊婦にイルカを食べさせてはいけない、ってのはこれから来ていると思われます。

イルカは食物連鎖の頂点あたりにいるので水銀を貯めやすく、食べると胎児に影響があるかもってことです。

まあ、そもそもイルカを食べる機会が早々ないと思いますが。



何はともあれ、マグロには水銀が溜まりやすいと。

しかし、マグロって水銀が体の中に溜まっても異常が起きないんですかね?

マグロ自体がおかしくなるとかは聞きませんし。

人間だと水俣病を例にして大変なことになるというのに。

うーん。わかりません。

2008年01月25日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/449-693cd026

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。