スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

春よコイ

フィリピン政府、「地上で最も汚染された川」の浄化計画を発表


gomikawa.jpg



地元の川を見ては汚い、汚い言っていたのですが、上には上がいるんですね。

これが最上位らしいのでこれより上はないですけど。


それより、凄いですねー。

下流は本土市民のための養殖場で、上流は金製品工場ですか。

で、汚染物質垂れ流しと。

それも凄いですが、何よりこのゴミが。

政府の代わりに埋立地でも作ろうとしたのでしょうか。理解に苦しみます。


汚染物質が満ち溢れるこの川に生物はどれくらいいるのか気になりますね。

単細胞生物はある程度いるのでしょうが、多細胞生物が普通に生きていけるのやら。



・・・それでもコイなら何とかなるかもしれません。

あれもやたら強い生き物ですよね。

どこの川にもボラとコイはいるって感じがします。どんなに汚染された川でも。

川で、洗剤っぽいものが流れ込んでいるところにコイがいたときは、むしろ逆に恐怖を感じます。コイに。

どこまでタフなんだ。


しかし、たまにあるんですけど、

そんなドがつくほどタフなコイを放流して

「コイが住めるほどこの川はきれいなんだ!」

とか書いてある看板を見ると笑ってしまいます。ナイスジョークです。

コイとボラしかいないこの川が綺麗なわけがないだろ!ってね。看板に突っ込んじゃいますよ。

2008年02月25日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/462-1a9f2195

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。