スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ハパロさんとテトロさん

はい、えーと、申し訳ない。

卒論終わったあとも色々ごたごたしておりまして。

帰ってくる→寝る

のコンボが多発して更新しておりませんでした。

ですが、それももう終わり!

俺は自由だぁぁぁあああ!!


ええ、いや、すみません。しっかり更新します。



さて、今更先月発売のニュートンを買ってきました。

今月号の特集は「光合成」ですね。


とりあえず、難しそうなので華麗にスルー。

後で読みます。まあ、面白そうですよね。うん。


それよりも、今月号の身近な?の科学コーナーが「フグと毒」なことに注目するべきなのです。

フグ毒といえば、テトロドトキシン。

テトロドトキシンといえば、ヒョウモンダコですよ。

というわけで、ヒョウモンダコの毒関係にはちょっとだけ参考になりました。


やっぱり、俺がどこかで見た、ヒョウモンダコの毒が「ハパロドトキシン」、というのはヒョウモンダコの毒がまだ良くわかってないときにつけられたくさいですねぇ。

この特集の文中に

近年,テトロドトキシンは,フグ以外の動物からもみつかっている。イモリ,ハゼ,カニ,ヒトデ,タコ,貝など,テトロドトキシンは,自然界に広く存在しているのだ。


と書いてあり、そのページにはヒョウモンダコの絵も載っているので、ニュートンを全面的に信じるのであれば、ヒョウモンダコの毒はテトロドトキシンで決定なんですよ。

まあ、もしかしたら、テトロドトキシンとはちょっと違う神経毒ということで「ハパロドトキシン」という名称で正解という可能性も捨て切れはしません。



あと面白そうな特集は「リサイクルは有効か」という特集ですね。

大学の教授が

「リサイクルは資源の節約的には良いんだけど、エネルギー的なことを考えるとなんともいえないんだよね。」

みたいなことを言ってたから気にはなっていたんですよ。

これを読めば、疑問は全て解決ですね!

多分。まあ、とりあえず、スルーで。文字数多いし。後で読みます。(またか)



ニュートン、実は毎号買ってるんですが、やっぱり海関係が少ないですねぇ。

もっと特集しておくれ。

宇宙と恐竜は良いんだよ。海をやれ海を。

2008年03月04日 | | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/464-d749b187

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。