スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

新刊:深海の不思議

4354.gif

(日本実業出版社のページから失敬)

これ買ってきました。

本日発売ですが、場所によってはまだ入荷してないかもしれません。

入荷してなくても本屋は悪くないので責めないで上げてください。良くわからない流通システムがすべていけないのです。


それはともかく、この本。

前にご紹介した「深海生物の謎」みたいに生物中心に深海を語るのではなく、

「深海」という環境についてが中心の本となっています。

買ったばかりでまだ一部しか読んでいないので、内容について詳しくは紹介できませんが、

参考までに各章の名称を書くと


1章 深海と地球の気候変動
2章 深海とはどんなところか?
3章 深海底はどんなところか?
4章 深海の生物ファイル
5章 深海探査技術と目的


となっています。なんとなく雰囲気が分かっていただければ良いんですが。

「深海生物好き」としてはやはり4章の「深海の生物ファイル」が気になるところですが、

好きな生物の紹介とかは期待しないほうが吉です。

というのも、紹介の仕方が

「深海には○○の特徴を持っている生物がいて、それは××の為に必要なのです。その特徴をもっている生物は例えば~~などがいます。」

かなり大雑把に書いてしまいましたが、そんな感じなものが多いので、ある一つの種を深く知ることには向いていません。

逆に言えば、深海生物たちが持つ特徴についてはある程度深く知ることができるとは思います。多分。



と、言うわけであくまでも「深海について」であって「深海生物について」ではない本ではあります。

しかし、深海生物好きであれば、深海生物が住んでいる深海という環境についてもある程度興味はあるのではないかと思うので、

このブログを見ているような深海生物好きの人は一回手にとって見るのも悪くないと思いますよ。

元から「深海」という場所が好きじゃい!って人にはもっとオススメ。



ちなみに、内容としてはそこまで重くないので、科学系の本を読んでいる人にとってはさくっと読めるレベルです。

それゆえに、深海という環境について既に知識を蓄えている人には、少々物足らない内容だとは思います。


写真は少なめ。イラスト多め。

2008年03月14日 | | トラックバック:0 | コメント:4

コメント

まいどです.
今日amazonからおすすめ新刊のお知らせが来ました.
『潜水調査船が観た深海生物―海洋研究開発機構 深海生物研究の現在 』
486ページ、7140円だそうです.た、高い・・・.
内容の説明がまったくないのでわかりませんが、なんか良さそうです.
う~ん、ボーナス出るまで待つかな~.

2008年03月15日 | URL | トースケ #- | 編集

これはまた有益な情報をありがとうございます。

って高ッ!
内容がわからないのが確かに不安ですが・・・
しかし、タイトルと表紙からは面白そうなオーラが出ていて非常に気になります。
しかし、7000円・・・

私は初任給が出てからにしましょうか・・・

2008年03月15日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集

>『潜水調査船が観た深海生物』

私のところにもおすすめで来てました。
高ぃ…
高くて買えずにほしい物リストに入ったままの「骨から見る生物の進化」¥9,240 よりかは安いけど、やっぱり高ぃ。
春物のスカートやパーカーを買わなければよかったとも思うのですが、これは投資として絶対必要だし譲れないし。

ちくしょー、男になりてぇ!

2008年03月18日 | URL | Asakon #xWPn7Zxg | 編集

ふふふ・・・俺はこういうのを買って、残りのお金で服を買いますからね・・・
ふふふ・・・買っちゃいますよ・・・

こんなことしてるから着ている服がぼろくなってくるんですけどね。
新しいのが欲しい。

それにしても「骨から見る生物の進化」高いですねー
9240円って。流石に手も足もでません。

2008年03月19日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/469-58b7d85f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。