スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

発掘図鑑

部屋の掃除をしていたら、こんなものが出てきました。




20080525111_s.jpg

(小学館の学習百科図鑑:魚貝編  多分絶版)


いやはや懐かしい。

これは物心ついた頃から家にあったため、いつからあるかもわからない代物です。

恐らく兄貴が買ってもらったものを俺が貰ったんじゃないでしょうか。多分。

小学生の頃は良く読んでましたよ。それはもう俺の視線で本に穴があくんじゃないかってくらい。

すみません、言い過ぎました。

でもまあ、本当に良く読みましたね。

そう考えると本当に俺は変わってない。

変わってないというか、読むものが多少専門的になった分、性質が悪くなりましたね!

小学生の俺よ。君はこんなに駄目に立派に育ったぞ。


まあそれはいいとして、見つけてしまったからには中を見るしかありますまい。そんなことをしているから部屋は一向に片付いてないのですが、気にしません。



中学に入ってからはもう少し色々詳しく書いてあるものを読み始めたから読まなくなったんだよねぇ。

だから、内容なんて全然覚えてないよ。

どれどれ、どんな内容だったかなっと。





(ガバッ!)


20080525106_s.jpg



超癖ついてる・・・・・・・・


俺そんな昔からイカとかタコが好きだったんかい・・・・・・

逆にショックです。

昔の俺はもう少しまともだと思ったのに!裏切られた気分だよ!小学生の俺に!

これは謝罪と賠償を要求しなければなりませんね!俺に!

・・・俺に?まあ小学校の頃の話だから時効ということで。


それは置いておいて、この図鑑、読んでいて意外と楽しいですね。

こういうふうに、イラストで簡潔に解説されているものは、写真で詳しく解説されてるのとはまた違った面白さがあります。

所狭しとイカが並べられているような構図はイラストならではです。写真じゃこうはいきませんからね。

より多くの生物を少ないページで解説するのにはやっぱりイラストの方が向いてることを今更再認識。




いきなりですけど、俺が何で深海生物好きになったのか全然わからないんですよ。自分でも。

イカが好きでダイオウイカも好きになってそこからかなー、とか思っていたのですがそれだとイカとかタコ系しか好きにならない気がする・・・

リュウグウノツカイとかも大好きだし、フクロウナギも大好きだし、シーラカンスも大好き、ということはやっぱり別に原因が?

俺を深海生物オタクに導いたものは一体何なのだろう!と考えていたのですが、





20080525110_s.jpg

20080525109_s.jpg




今日、なんとなく理由がわかりました。

こ、この図鑑のせいで俺は・・・・・・!!

逆にいえば、この図鑑がなければ頭足類好きにもならなかったし、深海生物好きにもならなかったかもしれないんですね。

正に人生を変えた一冊。



・・・・・・・万が一有名になったら

「なんたいさんは非常に読書家のようですが、今まで読んだ中で人生をも変えた本というのはあるんですか?」

「ええ、小学館の学習百科図鑑は私の人生を大きく変えてくれました。

みたいなインタビューをしないといけないわけですね。


まったく、全部これのせいだったんですね。いやはや、納得納得。

こんなものを与えられたせいで軟体生物好きの深海生物好きの駄目人間になってしまったんですね。

好奇心旺盛な小学生にこんなものを渡したら洗脳に近いですよ。そうですよ。








20080525105_s.jpg



まあ、こういうのもちゃんと与えられてたんですが。

HAHAHA!こちらはぼろくなっていながらもちゃんと箱がついてらっしゃる!(魚貝の箱は紛失)

中身は・・・OH!まるで新品のような綺麗さだね!ページを捲るとペリペリ言うぜ!(魚貝はバリバリいってやばい)




まあ、あれです。魚貝の図鑑のせいなんですよ。きっと。

2008年05月26日 | | トラックバック:0 | コメント:7

コメント

こんばんは

ネットサーフィンしてて偶然にこのページに入りました。
・・・・この本、すごく懐かしいです。

亡くなった父が海水魚や海の生物たちに
非常にのめり込んだ時期がありまして
もう、20年以上昔のことになりますが
さんざん水槽の掃除の手伝いをさせられたことや
その時の水槽の水のニオイやら
たくさん積み重ねられた古い本の山のニオイなど
一気にタイムスリップしてしまいました。
私個人的には深海魚が好きで小学生のころは
そんな関係の本も読み漁ったものです。

なつかしいなあ・・・・・。

2008年05月26日 | URL | たまたまこ #- | 編集

ふっふっふ、ワタシなんかこの図鑑の昭和40年版を持っているぞ.
昆虫の図鑑と並んで、ボロボロ度はトップですね.背表紙なんかハゲ落ちてるし.
40年版にはタコのページにタコブネなんかも出てるぞー.

2008年05月27日 | URL | トースケ #- | 編集

>たまたまこさん
こんばんわ、はじめまして。
かつてないしんみり感に戸惑いを隠せません。

そのような話を聞くと、私も父が当時突発的にはまっていた釣りで、
釣ってきたタコのことを思い出してしまいます。
ある朝、私が目覚めると、タコが水を張った洗面器に入れられ、飼育されていました。
生まれて初めて生きたタコをみた私は、その摩訶不思議な生物を飽きもせずにずっと眺めていました。
見つめられすぎてタコも照れたのか、照れ隠しに私の顔に水をかけてくれましたが、不思議と憎めなかったものです。
私はそのとき、顔を拭きながら、このタコとはきっと長い付き合いになることを予感しました。

その日の夕飯はタコの天ぷらでした。

>トースケ
昭和40年!?そんな昔からあるんですか、これ。
今も刷られているからロングセラーもいい所ですね。
(改訂版にはなってますけど)
ちなみに、タコブネは上の超癖がついてるページの画像左下にいます。
こいつだけ写真という、良いご身分ですよ。

で、昭和40年の図鑑を持っているトースケさんは一体、何歳n(うわなにをするやmせdrftgyふじこlp;)

2008年05月28日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集

そうか、小さくてわからなかったが、この写真はタコブネだったか.
いいですねぇ、タコブネ.
ちなみに40年版の表紙はエンゼルフィッシュだったりします(なぜ?)
深海の生物のページはありませんでした.

2008年05月28日 | URL | トースケ #- | 編集

小さくて見えませんでしたか。うん。見えませんね。これは。
もう少し画像を大きくしようかしら?
それにしてもタコのページにエンゼルフィッシュ?
昔の小学館の考えることはよくわかりませんね。

2008年05月30日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集

なんたいさん

おへんじありがとうござ・・・・・・
っていうか。
 オチ はてんぷらかいっ!
あわれ! なんたい家のタコさんは
観賞用かとほっとしたのもつかの間
天国へと旅立ったのですね。

めでたしめでたし・・・。    ?

2008年05月31日 | URL | たまたまこ #- | 編集

あのてんぷらは幼心には衝撃が強すぎました。
多分その反動で軟体生物好きに・・・

とりあえず、めでたくはないですから!タコ的に!
でもうまかったです。

2008年06月03日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/496-08e30501

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。