スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

深いところで乱獲

深海漁業を規制する国際指針、FAOが採択

公海の深海魚や深海生物とその生息域は、乱獲のため危機に瀕しているという。




いつか深海生物が乱獲されて絶滅の危機が訪れるかもしれないなぁ。数も多くはないだろうし。

まあ、誰が好き好んで乱獲するかはしりませんがね!HAHAHA!


とか冗談交じりに思ってたらすでに危機に瀕しているらしいです。

といっても具体的にどこで何がどれぐらい減っているのかがはっきりしないので、そう言われても何かしっくり来ないのが現状ではあります。

一応どこがってのは書いてないことはないのですが…

「公海」って範囲広すぎでしょ。

全部か?公海全部なのか?そんなに深海生物ピンチなのか?



とまあ、記事には突っ込みどころはあるんですが、指針には賛同します。

「深海の生態系に悪影響を及ぼす場合には漁を休止すべき」という考えは必要かなと。

ただでさえ少ないエネルギーで慎んで暮らしている深海生物たちは、記事中にある通り繁殖力等は高くないと思います。

そんなやつらを乱獲すれば、それはやはり絶滅につながっちゃうわけで。

そんな事態になることを深海生物好きとしては黙ってみてるわけにはいかねぇですね!

というわけで、漁師の皆様にはご理解をいただきたく思います。


といっても、多分俺が好むようなやつらは乱獲されないんだとは思ったりもします。

センジュナマコとかユメナマコとか誰が乱獲してくれるんだ。味が良ければ別かもしれないけどね!?その前に食えるやつを見てみたいですが。


それはともかく、ストップ深海生物乱獲ということで。

しかし、「深海の生態系に悪影響を及ぼす場合」ってのはどういうことなんでしょうか。

「深海の生態系に影響するような漁はするな」ってことなのか、

「深海の生態系が怪しいところで漁はするな」ってことなのか、

ちょっとはっきりしません。

もし後者なら、どうやってその情報を知りえるのかが問題になりますね。どうやって深海の生態系の現状を知りえるのか。その場で調査してくれるような機器ってあるんですかね?

記事中だと

深海漁業を行う際の環境影響評価の実施と情報収集も盛り込まれた。



って書いてあるけど、いまいち良くわからない・・・俺がアホだからでしょうか。

えーと、要するに、やる前に色々調べろってこと?



指針には賛成ですが、それをどうやってちゃんと実現していくかが、今後重要になりそうな予感はします。

今のところ、深海にむやみに手を出すなって感じの対処なんですかね?記事見る限り。

2008年09月10日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/520-62b5cd87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。