スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

深海-ABYSS を買ってきました

abyss.jpg
晋遊舎のページから失敬)


これを買ってきました。

営業で客先を周っていたらたまたま時間が空いて、たまたま入った本屋で発見したんですよ。発売日は一応明日なので、恐らく今日入荷でしょうか。

何か、この前の江ノ島水族館行ったら深海展公開日だったときといい、最近ついてますね。何かが憑いているとしか思えないほどです。俺のつぼを突きまくりです。

それで、中身を見てみたらまあ素敵。深海好きがこれを見たら0.2秒で購入を決断するような代物です。

しかしまあ、新人なのに仕事中こんなもの買って帰ったら怒られますからね。流石に。

そもそもサボってるのがばれた時点でやばいのです。

ここは涙を飲み、他の書店で購入することを誓いながらその場を後にするわけがなく、0.2秒で購入を決断して深海本を鞄に潜めて客先に向かう馬鹿がいました。

ばれなきゃ良いのよ!ばれなきゃあ!

そもそも俺がこの本を買いたいんじゃない。この本が俺を呼んでいたんだ!俺に「俺を買ってくれ」と叫ぶ声が聞こえたんだ!だから仕方ないッ!いわゆる人助け、ならぬ本助けの為なんだッ!




良くわからないテンションになってきましたが、とにかくこの本を買ってきたわけです。

中身は、晋遊舎のページを読んでわかる通り、写真がメインです。

一応解説はありますが、解説と言うよりは深海コラムって感じが強いですかね。

例えるなら、ナショナルジオグラフィックの特集みたいな感じ。

正直、「これナショナルジオグラフィックから出てるんじゃないよね?」と思うくらいナショナルジオグラフィックの特集をひたすら長くした感じの代物です。

写真の生物の解説が少しながらも載っているところが違いみたいな。

ちなみに解説文は学術的な用語は少なくて、俺みたいな「深海が好き」レベルの人間にも非常に読みやすいものになっています。

以前このブログでも触れた

「潜水調査船が観た深海生物」と比較すると

「潜水調査船が観た深海生物」がかなり学術的な本なのに対して、今回の「深海」は非常に一般向けな本であると言えるでしょう。

ぶっちゃけていうと、解説本と写真集の違いです。「深海」は解説がついているとはいえ、どちらかというと写真集の趣が強いですからね。

そして解説本は敷居が少し高いけど、写真集なら大げさな話、誰でも読めるじゃないですか。そういった点で一般向けです。

そんなものなので、深海初心者にもうってつけ!深海初心者が買うかどうかは置いておいて。そもそも深海初心者って勝手に言葉作るなよって意見も置いておいて。


ちなみに「深海」のお値段は3800円+税。安いか高いかは多分、人によります。

フルカラーで260P、更に結構紙が良い、というスペックからは妥当だとは思います。中身を考慮すると、個人的には3800円以上の価値はあると思ってます。

まあ、「潜水調査船が観た深海生物」の7000円よりはマシでしょう。いや、あれも十分価値あるものですけど。



何か色々書いてきましたが、とにかくこの本には非常に満足しています。実際はまだパラパラとしか読めてませんが、この時点でも満足です。

何より写真が綺麗なのが良いですね。生物もアップで撮られてて良し!

深海生物を普通に撮ったものはそれはもう普通にありますが、この本のように深海生物をより魅力的に見せようとして撮られたものは中々貴重だと思います。

「潜水調査船が観た深海生物」の生物たちのあるがままの写真も良いけど、

この「深海」みたいに大きく美しく撮られているのも良いですねぇ。

めくるだけで楽しい本です。

もし、本屋でこの本を見つけられたら是非めくってみてください。多分気がついたら買ってると思います。

2008年09月26日 | | トラックバック:0 | コメント:3

コメント

なんたいさん、新刊情報ありがとうございます。
早速アマゾンへGo~♪

…て3~5週間待ち?アホかっっ!(あら失礼☆)

そんなに待てない~~~…ので、明日にでも書店へ走ります。
ええ、文字通りカワサキのエリミを駆り立てて行ってまいります。
なければお取り寄せになるでしょうけど、それでもアマゾンより早いはず。
ほんと、以前なんたいさんが仰ったとおり新刊についてはモンダイなんですね。

ぁ、そうそう9月20日の行動ですけど、何ていうか…
お疲れ様でしたん♪
楽しく拝読させていただきました~

2008年09月27日 | URL | Asakon #xWPn7Zxg | 編集

はじめまして。
ブログ村から来ました。
もともとサメには興味があったのですが、深海生物というのはそれ以上に面白いんですね。「へんないきもの」にもいくつか深海のやわらかいやつが載ってた気がしますが…。記事が面白くてあちこち読ませてもらいました。また読ませてもらいます。

2008年09月27日 | URL | blogger0 #- | 編集

>Asakonさん
アマゾンの品切れ時の対応は異常です。
普通の本屋で注文した場合は遅くて2週間ですからね。
出版社などに在庫がなければ話は別ですが、
その場合は予約なんて取るなって話です。
どうなってんだアマゾン!
新刊については、ちょくちょく本屋をチェックするしかないんですかね。
しかしあまりにもマイナーな出版社から出たり、
やたら高かったりすると入荷すらしてないこともありますがね!

>blogger0さん
はじめまして、ようこそおいでなさいました。
深海生物の魅力がお分かりなさるとは、
いやはや、流石と申し上げるほかないですね。
素晴らしい感性をお持ちのようです。
その感性をどうぞ無くさないようにお願い申し上げますぞ!
いや、別に深海生物好きの変人を増やしたいとかそういう意図はこれっぽちも・・・ええ。

ちなみにへんないきものには確か「ダイオウイカ」あたりは載ってたんじゃないかと。
しかし、その本を持っているということはやはり中々見所のある方と思われます。
うちのブログがblogger0さんを深海生物好きのきっかけとなれば幸いです。

2008年09月28日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/525-6f3441ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。