スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ゴブリンシャーク展示

深海の珍サメ

富津沖約8キロの東京湾で16日、深海魚のミツクリザメ=写真、鴨川シーワールド提供=2匹(いずれもオス、体長1メートル)が水深250メートルの刺し網に迷い込み、鴨川市の水族館「鴨川シーワールド」に搬入された。同水族館で一般公開されている



>同水族館で一般公開されている

なに・・・?


ドドドドドドドドドドド


>同水族館で一般公開されている


ば、馬鹿な・・・この前テレビで出ていて俺を久しぶりに興奮させてくれたあいつが・・・・なんだって・・・・?


ドドドドドドドドドドドドドドド


>同水族館で一般公開されている


なんだってぇぇぇえええええ!?

しかも2匹だと!?

こんなことはありえない!スタンド攻撃を受けているッ!!(落ち着け)







素数を数えて落ち着きました。ええ、もうJOJOネタは控えます。

というわけで、ミツクリザメが一般公開されているらしいです!

ミツクリザメといえば、ついこの間NHKで特集が組まれたばかりのあの深海ザメ。

あの興奮が冷めやらぬこの時期に、ミツクリザメを捕獲し、あまつさえ一般公開とは・・・

鴨川シーワールド・・・あなたが神か・・・

捕獲したのは鴨川シーワールドじゃないけど。


さて、ミツクリザメといえば、NHKの特番を見た人ならわかると思いますが、「飛び出る口」が特徴です。

今回の一般公開でもその特徴を余すことなく見せて欲しいところですが、

その要望は叶わなそうです。

水族館で飼育しても、エサを食べないために、数日から2週間ほどしか生きられないという。



餌を食べないということは、口を飛び出させることもないはずですからね。なんとも残念です。

それに、数日から2週間ほどで死んでしまうのも悲しくあります。


しかし!口は飛び出さずとも珍しい生物であることには変わりありません。

そりゃ確かに知らない人から見れば「ふ~ん」で終わってしまうでしょうが、

俺たちは、その無駄な知識を使って、想像上で口を飛び出させ、その姿に感動することが出来ます!(俺以外の人が出来るかは知りません)

これはもう行くしかありません。出来れば早いうちに。何せ生きているのは数日から長くて2週間ですから。

展示が見れるチャンスは今週の休日のみになるでしょう。来週だともう遅すぎます。

早くて数日ということを考えれば行ける人は明日にでも行くべきですね。



場所はさっきから言っている通り鴨川シーワールド!いつ地図を眺めてもクソ遠いですね。

そんな千葉の辺境みたいなところに建てなくても・・・(失礼)


千葉県民、というか千葉市民から見ても遠い鴨川シーワールドですが、ミツクリザメに興味がある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。またとない機会です。これを逃せば次はいつかわかりません。

ミツクリザメ目的のみの場合は事前に

「まだ死んでないですよね?死んでないに決まってますよね?死んでいてもドラゴンボールで生き返して下さい。今すぐ。」

という問い合わせを行ってから出かけたほうが良いと思います。わざわざ行って、もう展示してない、とかは結構悲惨ですからね。

ちなみにもし上記の台詞を本当に言って何か被害が出ても責任は負いかねます。





ちなみに、鴨川シーワールドは軟体生物率低め。このブログを見ているような人はある程度覚悟して行ってください。

2009年01月19日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/561-4ed44510

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。