スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

どうぶつ奇想天外でスケーリーフット

どうぶつ奇想天外で、「“さまざまな極地・極限環境に棲む驚くべき動物”」の特集があるようです。

正直なところ、極限環境の生物の特集なので深海生物分は少ないと思いますが、

JAMSTECの研究員の方がスケーリーフットを紹介するそうなので、スケーリーフット好きは必見かもしれません。

さっきからスケーリーフットスケーリーフット言ってますが、もしかしたらウロコタマフネガイの方がピンと来る人もいるかもしれませんね。

どっちの名前を聞いてもピンとこない人に説明すると、

スケーリーフットは鉄のうろこを持った貝です。以上。

これ以上知りたかったらどうぶつ奇想天外を見てね!(投げやり)

日時は

2009年2月の22日だ!




・・・・・・・・・・



今日だよ!

今気付きました!今更宣伝してどうする!

本当に速報性の低い深海ニュースブログだな!いや、そんなの名乗ったこともないけどね!?

なに、このブログに来ていただいてるのが、1日に10人~20人なので、10人くらいにはこのことが伝わる・・・といいなぁ。






追記


宣伝した本人が見損ねました。

これだから普段全くテレビを見ない人間は・・・!

思いっきりゲームしてた・・・!

2009年02月22日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:2

コメント

ワタシも見損ねました!
(珍獣ハンター イモト を見てた)
まぁたぶんワタシが持ってる書籍の情報以上のものは
出てこないんじゃないか、という気がして・・・.
でも確かにこの生物は画期的ですよね.
いかなる成長過程を経てきたのか解明されるのでしょうか.

2009年02月23日 | URL | トースケ #- | 編集

確かに研究が進んだかどうかは疑問が残ります。
しかし、しかしですよ。
それでも、一抹の期待を持ちつつ見てしまうのが深海生物好きという奴なのではないでしょうか!?
たとえ、幾百の書籍が手元にあろうと、常に最新の情報を探し続けなければなりません。
それが昂ぶる好奇心を持って深海生物に挑む者の使命ですよ。
しかし、俺はこの道を選んで悔いはないですよ!常に探してやろうじゃないですか!最新の情報を!

まあ、上に書いたとおり見損ねたんですが。

スケーリーフットは面白い生物ですね。
個人的には幼生時代の姿とかが気になります。
既に鉄で覆われてるんでしょうか。

2009年02月26日 | URL | なんたい #yoUxGug6 | 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/573-dc2c03bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。