スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ありがとうサンシャイン

サンシャインシティ国際水族館

Deep Sea~深海の不思議な生きものたち~





サンシャインシティ国際水族館でで深海生物のイベントを行っているみたいです。

とりあえず、内容を読み解く限りだと

・生体展示
ダイオウオオグソクムシ
ツノザメの仲間

・その他(剥製とか標本とか?)
ミツクリザメ(剥製。採取できれば生体展示の可能性あり?)
ザラビクニン
ウミグモ
クマサカガイ
トリノアシ
イバラモエビ

という感じですね。その他にもいるみたいですが。



うーむ、そそられないなぁ。

ツノザメの仲間が生体展示されてたり、

ミツクリザメの剥製があって、超低い可能性ではあるものの生体展示があるかもしれないのは良さそうですが、

その他に・・・ねぇ?こう・・・もう少しさ・・・

わかるでしょう・・・?足りないんですよ・・・


軟らかいもの成分が・・・!


まあ、どの深海生物の展示でも同じだけどね。これは。

軟らかい生物は標本にしても訳がわからなくなりますからね。

ナマコ系を地上に上げると、ゲル状の良くわからない塊になったりするらしいですよ。

奴らは大部分水ですからね!重力に全く耐えられないっぽいです。そこが良いんだけどさ!

かと言って生体展示は難しい・・・深海軟体生物好きはつらい・・・



それはともかく、深海生物の展示です。予想ではかなり小規模。いや、大規模な深海生物の展示なんて千葉中央博物館のイベント以外みたことないですが。

まあ、つつましくやっていそうです。展示生物も多くはないですし。

その多くはない中で見たいのはツノザメとミツクリザメのみ。オオグソクムシは江ノ島水族館にいるし。

ツノザメとミツクリザメのためだけに行くのかぁどうしようかなぁ。

と思っていたら、


ウミウシは貝の仲間なの?!

紫の色鮮やかな体色をもつ「シンデレラウミウシ」や「タテヒダイボウミウシ」、姿がブッシュドノエル(切り株の形をしたケーキ)そっくりな「ブッシュドノエルウミウシ」など、色とりどりの様々な種類のウミウシを約10種類展示します。




行ってきます!待っていてサンシャイン国際水族館。

久々のウミウシイベントですよ!

実は昔、江ノ島水族館でウミウシのイベントをやっていたことがあったんですよ。それが非常に良くてですね。俺はそのイベント水槽に1時間以上張り付いて更にウミウシ好きを加速させていたのです。

しかし、そのイベントが終わってしまって、それ以降ウミウシのイベントが発見できなくて今までやきもきしていたのです。ずっと写真でがまんしてたんです。

正直、ウミウシを生で見れるところは少ないんですよ。常設展示でウミウシを展示とかほとんどない!

だから

生で見れない→写真で我慢→生で見たくなる→見れない→写真で我慢→見たくなる→(以下略)

というループを繰り返して気がおかしくなりそうでした。

誰だ!「ブログ見る限りではおかしくなっていたけど」とか言う奴は!正解です!


そんな中!サンシャインがウミウシのイベントを!しかも深海生物イベントと一緒に!

全世界、いや、全宇宙を探してもこんなに俺向きのイベントの重ね方はない。

俺が行かないと失礼でしょう。全宇宙に対して。

アオミノウミウシいるかなぁ。わくわくします。


では来週末、行ってきます。

今週末は友人がみっちりスケジュール組んでくれたのでいけません。空気を読んで欲しいですね。宇宙の意思をちゃんと読み取ってほしいものです。

2009年03月28日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/576-19aeb6a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。