スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

隠し味はポイズン

あらゆる種類のタコが有毒と判明


タコで毒を持っているといえば、やはり思い浮かぶのはヒョウモンダコ。

かの有名なフグと同じテトロドトキシンという毒を持ち、人が噛まれれば死は避けられない、体長10cmほどの小さな悪魔です。

個人的にヒョウモンダコ自体は好きなのですが、海で出くわしたくない軟体生物No.1です。いたら、好奇心に負けて触りそうだし。

海に入る前に「去れッ!」とか言いながら塩を海にまくという無駄な行為をしたくなるほどです。未だにヒョウモンダコの生息地区の海に入ったことがないのでやってませんが。

というわけで、出会うなら普通のタコ、まあマダコ辺りが一番うれしかったりするのですが、

そのヒョウモンダコ以外のタコも毒を持っていることが判明したようです。ついでに一部のイカも。

もう・・・タコに会っても触ることすら出来ないのか・・・と絶望に打ちひしがれそうですが、

流石に、ヒョウモンダコと同レベルではなく、人が噛まれようがたいしたことはない程度の毒みたいです。

ちなみに、その毒は獲物を捕まえて息の根を止めるときに使われているんじゃないか、という推測を立てているらしいです。

今までは、タコとかイカとかが噛み付いたあと、どうやって息の根を止めるかっていうのはわかっていなかったらしいですが、これで解決するかも。とのこと。

俺はすっかり噛み付くだけで殺せているのかとばっかり思っていたのですが、そうでもないんですね。



とまあ、全てのタコに毒があるのがわかったのは良いんですが、気になるのは「本当に全部のタコが毒を持っているのか。」

だって調べてないやつもいるわけじゃないですか。多分。

そう、特に我らが深海生物なんかは調べられていないはず・・・!

正直、メンダコとかに毒があるのは疑問です!何食べてるのか知りませんけど、イメージ的に。

あと、イカでもタコでもないコウモリダコは持っているのかとか気になりますよね。



イカとかタコは未だに良くわかってないことが多いらしいです。

それこそ、上に書いたとどめの指し方とか、毒持っていたこととか、かなり身近な生物の割にはそんなこともわかってなかったんだ、という感じがします。

しかしその、わからない、という部分が大きな魅力でもあると思うんですよ。奇妙奇天烈で良くわからない生物。

なんか素敵な感じがしませんか?




しますよね。良し、じゃあ今から君もイカとタコを好きになろうか。いや、すまない。言い間違えた。もうなってるはずだね。

まずは、イカのネクタイピンとかのイカタコアクセサリーを身に付けてみんなから引かれるところから始めようか!

さあ!みんなでイカタコオタクを目指そう!

2009年05月31日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/586-a89933cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。