スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

白いスケーリーフット

硫化鉄を纏わない白スケーリーフットを世界で初めて発見
~インド洋における新規熱水探査の成果~

(JAMSTECプレスリリース)

image003.jpg




(動画)





ええい!インド洋の深海生物はバケモノか!

白い悪魔スケーリーフットが見つかりました。3ヶ月くらい前のニュースですが気にしない。

スケーリーフットは皆さん知ってらっしゃると思いますが、念のためおさらいをしておきましょう。
スケーリーフットはこんな生物です。

image003_2.jpg
(プレスリリースより)

そのままですね。一部の人にはウロコフネタマガイという名前の方が馴染みがあるかもしれません。
お住まいの方は、インド洋のかいれいフィールドという熱水噴出孔という所です。他の場所では生息が確認されていません。

特徴としては、やはりその黒い硫化鉄に覆われたウロコを持った足ですね。この硫化鉄に覆われたウロコと同じく硫化鉄に覆われた貝殻で敵から身を守っていると考えられています。

ちなみにこの覆っている硫化鉄。硫黄はスケーリーフットと共生している細菌が作って、鉄は熱水から取り出しているようです。その上、熱水付近では酸素が少ないせいか、酸化もせずに済んでいるという、環境に恵まれた生物と言えるかもしれません。普通は劣悪な環境なんですけどね。うまく利用してるもんです。

そんな、非常にユニークな特徴を持っているこのスケーリーフットですが、今回、かいれいフィールド以外の場所でも生息が確認されました。それも、硫化鉄を覆ってないスケーリーフットが。

最初に出てきた白いスケーリーフットがそれですね。
見た目も白いですし、プレスリリースの中身を見るとわかるのですが、硫化鉄も覆ってません。
そうなれば、全くの別物・・・と思うかもしれませんが、遺伝子的にはほとんど同じ種なんだとか。
ちなみに、たまたま1体が白かった、というわけでなく、見つかったソリティアフィールドという場所のスケーリーフットは全部白かったみたいです。

一体、この二つのスケーリーフットは何が違うのか。熱水の成分?共生細菌?それとも、やはり種が異なる?
謎めいていて興奮しますね。

当然、まだなーんにもわかってない状況なので、続報に期待です。JAMSTECではこの夏ぐらいにも再調査を行うみたいですよ?
夏が待ち遠しいですね!
今からカウントダウンしなきゃ!大体7月ぐらいだとしてあと90日くらい?
よーし!パパカウントダウンサイト立ちあげちゃうぞ!わくわくしてきた!
(※調査の後、その調査結果や研究結果が発表されるのは当分先です)

2011年03月31日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/613-6ceaa065

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。