スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

幻のマボロシクジラウオが展示中

東海大海洋科学博物館で標本を国内初展示 希少深海魚の「マボロシクジラウオ」

maborosi.jpg

(中日新聞より)



毎度のことながら速報性は全く有りませんが、なんとか展示期間内には間に合ったようです。
良かった良かった。


というわけで、マボロシクジラウオが東海大学科学博物館で展示中です。もちろん標本ですけど。

さて、このマボロシクジラウオがどんな魚かというと、なーんもわかりません。
そもそもマボロシって名前に付くとおり大変レア度が高いお魚様なのです。なんと世界で採集例が5件ですよ。そんな魚が詳しく分かってて、何かの本に載ってたりするわけないじゃないですか。ハハハ。

で、このマボロシクジラウオのことはわからないので、代用でクジラウオ全般に付いてですが、実はこっちも良くはわからないのです。
誰だ役立たずって言った奴は。俺が悪いわけじゃない!(解明、解説してくれない)社会が悪いんだ!

分かっていることだけ挙げると
・斬深層(1000m~3000m)に生息
・口が大きく開く傾向
・発光器官があることも?
・ウロコない
・赤い奴が多い?
って感じですかね。クジラウオ科だったら。

実際はマボロシクジラウオが何科かもわからないので、どうしようもないです。
写真見ても俺には全然わかりません。


ちなみに、かなり前に3種に分けられてた魚が実は1種類の魚だった!って話がありましたが、それが実はクジラウオの話だったりします。そんな話が2年くらい前の話なので未だにこのクジラウオに関しては色々手探り状態なのは理解していただけると思います。

つまり、散々書いといて大した情報がないのは仕方ない、そう皆さん思っていただけてるはずです!



というわけで、俺も早速見に行きたいのですが静岡は大変遠くでいらっしゃる。
ゴールデンウィーク中に行こうものなら地獄が待ってそうですね!


・・・なんか今回の記事にデジャヴを感じるかと思ってたら、前に似た様な感じの記事を書いてました。
前はオンデンザメでしたが、なんというか、何も成長していない・・・

2011年04月15日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/618-b25495cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。