スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

竹島水族館で深海生物と握手!

竹島水族館

「深海タッチングプール」

なるものを開催中だそうです。

タッチングプールとは水族館によくある、

子供という魔物から必死に逃げ惑うも狭いプールの中ゆえあっさり捕まりあまつさえその魔物の手で水から揚げられてはプールに戻され揚げられてはプールに戻されるという地獄のような生活を送っている魚やその他磯の生物が展示されている、

あのタッチングプールですね。


竹島水族館では、期間限定(5月くらいまで?)で深海生物を取り扱ったタッチングプールを用意しているようで、触れられる生物も公式ページで確認する限りでは

・タカアシガニ
・イガグリガニ
・ゴカクホシヒトデ
・ナヌカザメ
・オオグソクムシ
・ハダカホンヤドカリ
・アカグツ(期間限定)

と中々種類が多くなってます。
当然ですが、水深が浅いところでも生きていけるやつらばっかりなので、手荒に扱っても平気!(良い子はやさしく触りましょう)

しかし、やはり深海生物かつ表層でも生きていける奴かつ子供たちに触れさせても平気って条件になると固い生物ばっかりですね。唯一の拠り所(柔らかいモノ)がナヌカザメって。
何度も言いますが、固い奴はどうでも良いんですよ。
もっと!もっとやわらかいなにかはないの!?メンダコとか!触れれば崩れるようなナマコとか!

そもそも柔らかい深海生物は飼育自体が難しくてほとんどの水族館で見ることすらできませんがね!ハハハ!
畜生!もっと技術発展してよ!柔らかい物に特化して発展してよ!
主に喜ぶのは俺ぐらいですが。しかしそんな素敵な世界に、私は生きたい。


ちなみに、タッチングプール以外にも展示として深海生物がいるらしいので、深海に興味がある人は行ってみても良いのではないでしょうか。

竹島水族館のある愛知県は千葉からは大変遠くでいらっしゃるので、俺は行きません行けません。
もう深海系のイベントは全部東京周辺、いや千葉周辺でやれば良いのに・・・

2011年04月18日 | 深海生物 | トラックバック:1 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/619-6f0ca24e

-

管理人の承認後に表示されます

2014年05月01日 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。