スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

深海イカ♂×深海イカ♂

深海イカのオスはバイセクシャル?

kitayatude.jpg


 どうやらオスの深海イカは繁殖相手をより好みしないようだ。最新の研究によると、ある種のオスイカは、メスだけでなく、ほぼ同じ割合でオスとも交接するという。

(ナショナルジオグラフィックより)




なるほど、キタノヤツデイカは受けも攻めもばっちりな両刀t(やわらかいなにかはお子様も安心してご覧になれるブログを目指しています)


さて、このキタノヤツデイカ、記事の中にあるように、オスは同種を見つけたらオスメス関係なしに交接を試みてるみたいです。
キタノヤツデイカ自体、非常にオスメスが見分けにくい種らしく、更に深海という暗闇の環境下なのでとりあえず見つけたら一か八かやってみっか!って感じなんですかね。

しかし、それだとキタノヤツデイカはフェロモンなどではなく視覚に頼ってオスメスを判断していることになるんでしょうか。
そもそもオスメスが見分けにくいのはイカ全般な気がします。
イカ、タコのオスは腕が一本だけ、交接の時に使うために変形しています。
それがオスメスの見分け方の一つになるのですが・・・まあわかりづらい。
それにプラスして、種によってオスメスの模様が若干違ったりします。
人の目から見ると本当にわかりづらいのです。

イカがどう見えてるかは定かじゃないのが残念ですが、視覚に頼ってるとなると別種でも同じようなことは起きてそうですよね。
特に深海という暗闇の環境下であるならどこでも。そこのところが気になります。
求愛行動するような種だったら、その時点でオスとオスが(やわらかいなにかはお子様も以下略)ということは回避できるんでしょうけど。

または他の種はフェロモンとか使っているんでしょうか。
もしそうだとしたら、何故キタノヤツデイカは使わないのか。他の生物に見つからないようにするため?
それとも、やっぱりキタノヤツデイカだけじゃなくて他の深海性のイカも同じ事をしているのか。
気になりますね。


しかし、この方法はオスとしては残酷な方法ですよねー。
基本的にイカは交接(オス)/産卵(メス)の時点でお亡くなりになる生物なんですよ。
となると、オスに精包カプセル突っ込んでしまったやつは、無駄死にどころの話じゃないわけで。
まあ、もしかしたら突っ込まれたオスが交接するときに、運が良ければ無駄死にしたオスの精子でメスが受精してくれるのかもしれません・・・

というか、オスとオスが出会ったとき、どっちも「一か八か突っ込んでやる!」ってことになったら、お互いに精包カプセル突っ込んでお互い死ぬんでしょうか。

・・・想像してたら涙が出てきたよ。
なんでイカのオスはいつも過酷なんだ・・・
(過去記事:イカの子供が生まれるまで~オスの扱いが酷い編~

2011年09月28日 | 軟体生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/649-b3a692ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。