スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

エクレアの元の意味は稲妻

「非常に渋い味でした」沖縄に「エクレアナマコ」 琉球大、北半球で初確認


ekurea_namako.jpg




新種のナマコが見つかったそうですよ。
といっても新種として認識されたのは少し前のことで、オーストラリアで2005年、2007年に発見されたものみたいです。
実は沖縄では、2000年にはこの種が確認されていたらしいのですが、そのときは名前も何もわからずそのままになっていました。
それが今回、アメリカのお偉い教授さんたちが来たときにオーストラリアで発見された新種と同一だとわかったってことですね。
沖縄で発見したときに研究機関とどうにかしていれば先に新種として登録できたんですかね?そうだとしたらちょっと残念な気も。

そして、この新種には和名が今までなかったので今回「エクレアナマコ」という名前をつけたということらしいですね。
エクレアっぽいかと言われたら「微妙」としか言い用がないのがなんとも言えません。
あと、英語なんだか日本語なんだかわけわからない名前は何か抵抗が若干あります。決まったあとに何言っても仕方ないんですけど。

まあ、インターネットウミウシ(注:実在します)よりはましだけど!特にネーミングセンス的に!

あと、

 上野研究員は「人に味を聞かれると思ってなめてみたが、エクレアとはほど遠い、非常に渋い味でした」と語った。



上野研究員は空気読み過ぎだと思います。
岸辺露伴かお前は。とりあえず味も見てみる人か。

ちなみにナマコは毒を持ってる種が多いので、なめるのはまあともかく、むやみに食べたりするのはやめようね。お兄さん、ああ、いや、おっさんとの約束だ。

2011年10月05日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/650-278e29d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。