スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

深海生物図鑑カレンダー2012買いました

深海生物図鑑カレンダーを買いました。


sinkai_calendar.jpg
公式ページより画像を拝借した上に切り取り。怒られたら俺が土下座している画像に変わっているかもしれません)


毎年毎年、年末になると、

「ああー、イルカのカレンダーとか何のへんてつもない熱帯魚のカレンダーとかばかりでイライラするわー。
深海生物のカレンダーを出せよ。深海生物のをよ!」

と言ってたら、出ました。
これだよこれ。

さて、このカレンダー。
ただの深海生物のカレンダーではなく、深海生物”図鑑”カレンダーです。
そう、カレンダーに写真が単純に貼っつけてあるだけではなく、ちゃんとその生物に対する説明が載ってます。


情報としては

・名前(&学名)
・解説文(100~150文字くらい?)
・採取時のデータ
・採取した時の深度

などが載っており、思ったよりはデータが多め。
特に採取時のデータはあまり本に乗ったりしないので、大したデータではないものの、中々面白いです。

載ってる情報でも、特にこれが好き。

sinkaiCalendar_size.jpg
(また公式から拝借&切り取り。当方、土下座の準備はできております)

意外と深海生物の大きさってわかりづらいんですよ。
基本的に動画か、写真なので、データとして何cmっていうのを見てもどうも大きさのイメージが湧きづらいんですよね。
俺の中では未だにセンジュナマコは50cmくらいあるイメージです。(実際は約10cm)
そんな時、こういう何かと比較する絵があればイメージ湧きやすいんですよ。こういうのが地味に好きです。

こういうふうに、カレンダーなのに知的好奇心もそこそこ満たしてくれているのは、このカレンダー買うような物好きのことを良くわかっているなと思いますね。


あとは、このカレンダーのどこが良いって、大きいことですよ。カレンダー自体が。
つまり写真も大きいわけで。高解像度の綺麗な写真なので、大きいサイズで見ても綺麗なまま、細かい部分までじっくり眺めることができます。

写真自体は、ほとんど「深海のとっても変わった生きもの」の使い回しなんですけどね。

同じ人が著者だし、追加もあるんで良しとします。マダコが追加されたのはグッジョブです。深海生物っぽくはないけど。

あとは、巻末に調査船、探査機の情報が載ってたり、深海の生態系、環境についてのコラムみたいのが載ってたりと、至れり尽くせりです。
でも、巻末は完全にカレンダーとしては機能してないですけど。
普通にカレンダーとして利用するとしたら、間違いなく陽の目を見ることはあるまい。

正直にいうと、図鑑としてはたかが知れてます。所詮はカレンダーです。ちゃんと深海生物のこと知りたければ本を買えって感じです。
でも、深海生物のカレンダーとしてなら、かなりいい出来なんじゃないでしょうか。比較対象がないので何とも言えませんが。

来年のカレンダー何にするかまだ決めてない、というのであれば、検討してみてはいかが?

ちなみに俺が薦めたからといって、部屋にこのカレンダー飾ったところを、家族、恋人、友人などに見られて、そっと部屋から出ていかれても責任は持ちません。

2011年12月16日 | グッズ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/657-e015b0b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。