スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

エチゼンクラゲの故郷


エチゼンクラゲは中国・黄海で発生

夏季に日本海で大量に出現して漁業者らを困らせる大型クラゲ(エチゼンクラゲ)は、中国の黄海域が発生源であることが、水産総合研究センターの調査で明らかになった。

(サイエンスポータルより)



毎年毎年大量発生してくれては、その巨体で網を破ったり、毒で魚の価値下げてくれたりと大活躍のエチゼンクラゲさん。
実は今までどこで大量に生まれているのかはっきりとしていなかったんですが、ついに!発生源が特定されたのです!
ああ!!科学の進歩って素晴らしい!!


まあ、科学の進歩というか、渉外の進歩って感じな気もしますが。

というのも、エチゼンクラゲの発生源については前から黄海域であることが予測されていたのですが、中国側があまり協力的じゃなかったのか調査があまり進んでおらず、特定には至っていなかったみたいです。

それが今回、中国水産科学研究院なるところの協力などを得てちゃんと調査したみたいなのです。
そして、やっぱり黄海で発生しているんだなということがわかったと。

正直、記事のタイトルだけ見ると「今更何言ってんだこいつ」って感じがしなくもないのが悲しい。
意外と大きな一歩かもしれないのに。

何故大きな一歩だと思うかというと、未だに大量発生の原因はわかってないっぽいから
今までブラックボックス的な海域だったらしいので、その辺りの原因特定がわからず何も手を打てずに日本に大量漂流してくれていたのですがこれを機に研究が進めば、発生源がわかって更に大量発生の原因まで特定できて、対策も立てれて日本の漁業の被害も少なくなるってもんですよ。きっと。

と言っても、対策立てる前に日本でエチゼンクラゲが発生するようになったらどうしようもない気もしますが。
死滅回遊(プランクトンでもこういうのか?)を繰り返して、日本沿岸を繁殖地とできるように適応したら元も子もないね!
実際日本でポリプ(クラゲの子供みたいなもん)が確認されたとかいう記述をどっかで見たような見てないような。

ちなみに、大量発生の原因として考えられているのは、海域の富栄養化だと考えられてます。
一言でざっくり適当に言うと、海汚しすぎ。
プランクトンがいっぱいいるからクラゲさんも餌に困らなくなるんですな。
で、エチゼンクラゲの発生場所はイメージ的には環境汚染の最前線中国ですから。


原因、特定できても対策ができるようになるのは遠い未来の話かなー・・・
むしろ大量発生の原因が別のところにあると良いね。まあ、ほぼ富栄養化で間違いなさそうなんだけど。

2012年02月27日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/662-4d13dea2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。