スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ダイオウホウズキイカのどデカイ眼

巨大イカ、目玉は極度の遠視

colossal-squid-eyeball.jpg

 巨大イカとして知られるダイオウホウズキイカやダイオウイカの目玉は、バスケットボールほどの大きさがある。他の大型動物の2~3倍というサイズだが、視界はあまり良くないことが判明した。

(ナショナルジオグラフィックより)




イカの目は他の海洋動物と比べても大きく発達していることが知られています。
仕組みとしては人間みたいなレンズを用いた眼球を持ってて、その視力はコウイカで0.6くらいはあるんじゃないかと言われているくらいです。
だから、目のサイズも体に比べると大きいのがイカとタコの特徴だったりします。

なんか大したことないように聞こえますけど、海の生物でここまでの視力を持っている生物って中々いないんですよ。

そして、そんな大きな目を持つイカ達がそのまま大きくなったようなダイオウイカとダイオウホウズキイカ。
それはもう視力が10.0とかでもおかしくないと思いきや、意外と視力は悪いみたいです。

悪い、というより遠視というのが正しいみたいですが。
そもそも彼らはレンズを持っていますがピント調節の機能に乏しいので、ダイオウホウズキイカたちは遠くの方にピントがあわせてある状態の目を持っている、ということなのかな?

余談ですが、イカの脳は視力などに関わる部分が発達していて目による認識能力も高いと言われています。まあ、これは比較的浅いところにいるイカたちの話なので、深海性のイカがどうかはよくわかりません。
もしかしたら、その辺りの脳も退化してしまっていたりするのでしょうかね。
オスとオスで交尾する種族もいるくらいだし。


あとこの記事で面白いのはここですね

 データによると、オレンジ以上の大きさに目玉が発達しても、深海での視界には役立たないという。この結論は、深海に生息する他の動物の眼からも裏付けられるだろう。



うむ。何のデータかもよくわからないし、理由も全然わからないですが目が大きいというだけではあまりメリットがないんでしょうか。
でもオレンジ以上のサイズの目を持っている生物なんてイカの他にいるんですかね。

ついでに

「このイカと同程度のサイズの生物もいるが、目玉はそれほど大きくない。“深海の暗闇でよく見えるため”という推論は的外れだった」とニルソン氏は述べる。



うむ。同サイズの全然別の生き物と比べることにどれだけの価値があるのかよくわかりません!他の深海性のイカと比べてどうとかじゃないんだ。
いや、深海性のイカと比べていっているに違いない。

何だか心のモヤモヤは増したきがしますが、ダイオウホウズキイカについての研究はこれからで色々わかったくると思うので、いずれ何かで解説されることを願っています。

2012年03月21日 | 深海生物 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/664-98ef9049

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。