スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

「深海と深海生物」レビュー

sinkaitosinkaiseibutu.jpg


著者:(記載なし)
出版社:ナツメ社
刊行:2012年3月
価格:2000円(税別)

・傾向バランス
啓蒙書―◯―――専門書
絵・写真―――◯―文章

・オススメ度 ☆☆☆★★


◯この本について
皆さんは深海好きですか?
こんなヘンチクリンなブログに足を運ぶからにはきっと好きだと思います。好きなはずです。深海という非常に大雑把なジャンルの中で、一体何が好きでしょうか。
俺は胸を張って「深海生物」が好きだ!と言いますが、人によっては深海へ行ける調査船が好きだ、深海という未知なる環境が好きだ、深海底にあるプレート、マントルなどの地学的要素が好きだ、などなど様々な「好き」が出てくると思います。
しかし中には、まだそんなに詳しくないから何が好きかとは言えない、という人もいると思います。そんなあなたにオススメな一冊がこれ。

一言でこの本を表すなら「深海総合本」という感じでしょうか。
深海という環境。深海の調査。そして深海生物について。様々な観点から深海を語る本です。それぞれの要素のどれかに偏りすぎることなく書かれているので、オールマイティに深海の知識を取り入れられます。まあ、はっきりきっぱり言ってしまうと、深海に関しての知識が少ない人向けの本ですね。
何故かというと、この手の総合本の悲しい性として、それぞれの要素が中途半端になりがちというものがありまして。正直、詳しく情報が欲しいならそれぞれその情報に特化した本を買ったほうが良いのです。
しかし、普通の人はそんな専門性が高そうな本を何冊も買うのはハードルが高い!深海生物も!深海の環境も!何もかんも安く知りたいんじゃ!というわがままな要求に答えてくれるナイスな一冊なのです。


◯内容
さて、この本のように深海に関しての総合的な本はいくつかあるのですが、この本が他の総合本と比べて特徴があるのが構成です。

巻頭特集:深海への挑戦
第1部:海のなりたちと役割
第2部:深海と深海底
第3部:深海生物の世界
巻末付録:海洋調査研究とJAMSTEC

か、巻頭特集と巻末付録があるんですけど・・・!?
この本、雑誌じゃないですよ。ムック(※)でもないです。普通の書籍です。普通の書籍なのに巻頭特集と巻末付録があるのは中々お目にかかれない気がします。ナツメ社の本はこれが普通なんでしょうか。
(※ムックとは、雑誌と書籍の中間みたいなやつです。本屋の雑誌のコーナーにある、雑誌っぽいけど定期刊行してないやつとか、特集まとめただけのやつとかがそれです)

ちなみに、巻頭特集と巻末付録はJAMSTEC全開の内容になってます。巻頭特集の方はJAMSTECスタッフのインタビュー&仕事内容紹介。巻末付録の方はJAMSTECの調査機器紹介。全体から見ると大して分量はさかれてはいないのですが、こういうものが載っているところが非常にムックっぽいです。

全250ページほどで、色々第何部と分かれているものの大きく「環境の説明」と「生物の説明」にわかれています。
割いてるページ数はそれぞれで半分ずつといったところ。

内容的には、環境の説明の方は良い意味でムックっぽいものになっており、文字が多くなって興味がないとハードルが高くなりがちな説明文に、図を多く使ったり、ちょっとわきにそれたトピックが配置したりと読みやすさが工夫されています。
説明も深海とか関係なく海全般の説明から入るので、海の科学を知らない人も安心して深海の環境を学べるのが好印象でしょうか。
深海生物紹介の方は悪い意味でムックっぽいものになっていて、既存の写真を引っ張ってきたりJAMSTEC保有の映像から切り抜いてきたりしているようなので、どこかで見たことのある写真が多くかつ写真に統一感がないために安っぽく見えます。
一応綺麗な写真が多めだということと、紹介している生物の数がそこそこ多いのが救いでしょうか。
ちなみに生物の説明文はないよりはマシレベルです。


◯総評
豪華なムック。
一言で表すとそんな感じでしょうか。この本を読んでいると本当に書籍と言うよりはムックを読んでる感じがするのです。
中々この感じが伝えにくくてもどかしいのですが、とにかくムックなのですぞ。
ただ、悪い意味だけで言っているのではなく読みやすいというメリットがあるのは前述した通りです。生物の方は残念と言いたいレベルではありますが、この手のものをあまり読まない人には十分かもしれませんね。まあ、良いことに越したことはないので、やっぱり残念と言っておきますが。
あと、やっぱりこの本も深海総合本のご多分に漏れず環境に関しても生物に関しても内容としては浅いと言わざるを得ません。
なので、この本は深い知識をまだ持っていない、深海というものに興味を持ち始めた人が読むとイイんじゃないかなーと思う次第です。中々難しいターゲット層ですが。
もう深海の本なんて自分が好きなジャンルに偏らせて持ってるよ!って人は手を出さないほうが吉。
深海という名前が付くだけで何故か買ってしまう病の人は言うまでもないですよね。一緒に楽しく病んでいきましょう。

2012年03月30日 | | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/665-20a5123d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。