スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

光るサメ

発光するサメの謎、仕組みを解明

hikaru_same.jpg


 矛盾したことのように聞こえるかもしれないが、ツラナガコビトザメは暗い海の中で、発光することで身を隠しているという、新たな研究結果が発表された。

(ナショナルジオグラフィックより)



皆さんはきっと御存知の通り、まだギリギリ光の届くような深海では自分の身を隠す手段として「カウンターシェーディング」という手法を取る生き物が沢山います。
この手段は他の生物が下から見上げた時、逆光の中映る影として認識されないように、自らを発光することによって逆光に紛れるという、まさに「光に隠れる」技なのです。

代表的なカウンターシェーディングを行う生物を上げるとテンガンムネエソとかハダカイワシ辺りでしょうか。どちらも腹部に発光器を持っていて、それを使って光に隠れてます。

ただ、実はこのカウンターシェーディング、深海生物の特権ではまるでなくて、水面近くの魚もこの技を使ってます。
例えばイワシ。発光しないじゃんと思うかもしれませんが、光ることだけが唯一の手段ではないのです。
彼らの体は上部が黒で腹は銀。つまり!上からは深い海の黒に紛れてしまい、下からは太陽光を反射してきらめく銀色の腹で隠れることができるのです!
自ら光らなくても立派にカウンターシェーディングしてます。

というわけで色々な生物が、「隠れる為に光で目立つ」ことをやっているんですね。



でも、サメも発光する種がいるのは少々意外でした。ただの先入観ですが、軟骨魚類は発光しなさそうなイメージだったので。

ちなみにこの記事はどういう発光制御しているのかとその理由がわかったよ、っていう記事、であっているに違いないです。
今俺は、透き通った琥珀色の飲めば飲むほど気分が高まりなんでも出来る気になる素敵な飲み物、通称梅酒を飲んでいるのでどうも判断が曖昧なのです。
きっとそういう記事であることを信じてます。

とにかく、発光するサメの中でもカラスザメが中々細かく発光を制御できるみたいですね。

特に異性に対してのコミュニケーション能力には目をみはるものがありますね!だって部分を特定して光らせることができるんですよ!?
しかも性器のみとか!

これを人間に例えると、それはもう素敵なエレクトリカルパr(やわらかいなにかはお子様も楽しめる健全なブログを目指しています)


はい、今回の記事で面白いところは

 サメの発光制御の仕組みは明らかになったが、サメの体内に存在するどの物質が発光しているのかはいまだに不明だ。研究チームは目下この点の解明に取り組んでいる。発光する動物の多くは細菌の力で光っているが、今のところサメの発光器官はそうではないように思えると、マレフェ氏は話す。また、ほかの生物の発光に見られる化学物質でもないという。



この部分だと個人的には思いますよ。
さっきは色々な生物が発光してますよーと言いましたが、光り方はその中でも大変大きくわけて二つになります。
一つは体内に共生させている細菌などに光って貰う方法。
もう一つは自ら化学物質を作って発光する方法。
ちなみに、前者の場合が多いみたいですよ。
しかし、サメの発光はどちらにも当てはまらないのではないか、というお話です。

じゃあなんだよ!という話になりますが、そこはまだわからないので今後のお楽しみということでしょうか。

でも、実際その2つ以外でってなると想像付きませんよね。
・・・あー、蓄光、とか?
太陽の光と!そして他の生物の光を受けて!今放たれる安らぎのぼんやり発光。メスも精神の安らぎによりイチコロです。

あ、これなら人間に蓄光塗料塗りたくればできるじゃん。
ということは彼らのコミュニケーションから学び、アレに塗ってそれはもう素敵なエレクトリカルパr(やわらかいなにかは子供も楽しめる健全なブログを目指しています)

2012年05月11日 | その他ニュース | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/667-e869d854

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。