スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

忍者は大変なんだよ。給料とか。

今日、本屋で鎖帷子(くさりかたびら)を着ている人を見ました。

・・・・・・いや、チェーンメイルなのかな?あれ。

まあそのへんはどうでもいいです。とにかく金属で編んであるものを着てる人をみたのです。


普通の人ならファッションとみなすかもしれませんが、私の目は欺けません。

なにせ彼の目の前にあるのは「バジリスク」。(注:講談社コーナーで平になってるだけです)

そう、彼はきっと現代の忍者。しかも抜け忍に間違いありません。

抜け忍ゆえにいつも暗殺の危機にさらされているので鎖帷子を着ているのです。

わざわざ鎖帷子の上になにも着ていないのは

「当方に迎撃の用意有り!」

ということを示しているのでしょう。

ついでにアルミでできているみたいにやけに軽そうに見えましたが、

きっと現代技術の結晶でできている金属だと思われます。


しかし彼は忍者。これから先様々な困難が襲うことでしょう。


なんか体の中に九尾の狐が住み着いてみたり、

敵を斬って刀を鞘に収めた瞬間敵が爆発したり、

仮面舞踏会でつけるような赤い仮面をつけることになったり、

ほっぺたにナルト巻きの模様が出てきたり、


それはもう大変でしょう。

彼の平穏な生活を願ってやみません。

2006年08月19日 | 雑記 | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://aplysia.blog67.fc2.com/tb.php/96-28723a52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。